March 01, 2007

我は旅立ちます

途中に頓挫して1年あまりの計画を、とうとう実行に移す日が来ました。
我はついに旅立ちます。ゴーヘイ ゴーヘイ

ええ、ブログを遷都致しますよ。てめえのドメインにゴーゴーです。
ブログはサブドメインの方ですが、メインの方のコンテンツもおろしました。役目は済んだなー、と思いましたので。

ここは2年間&少しのライフログになっているので、このまま残すつもりです。あ、もちろん、新規の投稿はもうしませんよ。もしも暇で暇でしょうがなかったら、昔の分を遷都先にちまちま移植していくかも知れません。ここ一週間の分は既に移植してあります。

今度はブログ内検索機能もついてますので、わたしのエントリで何を探すのかはともかく、無駄にエントリが探しやすかったりします(笑)テストでは「シグルイ」とかやってみてたのはナイショ。
あ、そうそう、サーバがアメリカ時間になるので、日本の皆さんは前日の日付の分が最新となります。ご注意あれよ。

では、あちらでお待ちしてます。バイビー
  
Posted by bliss_appledore at 14:56Comments(0)TrackBack(0)赤表紙本

February 28, 2007

失う事から全ては始まる

■ああっ、シグルイが大変なことに…。ついに藤木の左腕がふじこ。
スゲー面白いんだって、今回(=RED最新号)。ヤダー、楽しみ〜。<単行本派

しかし、まだやってたのか、仇討ち編…。まあ、シグルイのペースならあり得るな。藤木の魔剣が炸裂ふじこだったらしいし…。ああっ、読むのがスゲー楽しみすぎ。3月に8巻が出るよ。
でもって、「覚悟のススメ」も完全版が出るらしい……うーん、買ってしまいそうだ…。

「チラ見せ」画像での伊良子が大変なことになってましたね。ついに褌すらも描かれてない…まあ、伊良子なので許します。エロいし。
第零景の「失う事から全ては始まる」…を思い出すに、藤木が隻腕になった、これからが本編なんだろうなあ。いやーーー、スゲー話だ。つか、伊良子の破足はいつもたらされるのかしら…。ヤダー、楽しみ〜。

そうだわ、この後は牛股伊良子戦もあるわけよね? ヤダー、お楽しみてんこもりじゃない。しばらくは楽しめるわね。ってーか、30巻行っても冒頭に戻ってなかったりして。その後、御前試合だけで20巻行きそうな勢い。あああ。

■ヘルシングはお休みか〜。超巨大先生めぇ〜(ハァト)
  続きを読む
Posted by bliss_appledore at 14:07Comments(0)TrackBack(0)赤表紙本

February 27, 2007

あのひとは悪魔

■旦那と、今後何を描くか、というような話をしていた時「画伯たん(最近旦那もこう呼ぶ)は自分に陶酔する人が好きだよねえ」と言われてしまいました。……ぇ? 

つか、そんなつもりはないんですが?
…と不審に思ったのですが、旦那が例に挙げた人物は、どれも「どうみても(ry」な人たちでした…。サイモン、悪女、トレント、ケンペくん、ジョナサン…ちなみにカールもそうです。

更には、上記の人物達、全てが自キャラのモデルになっています。ええ、ケンペくんがモデルのキャラもいるんですよ…まだ出してないですけど。身長30センチほどのノームの王様です。つまり精霊さん。うちのノームは王様だけ美形なんです(通説としては、ノームは老人の姿とされています)。
え、トレントは違うだろうって? ちっちっち、かれくらい自分のことを好きな人って珍しいですよ。ゾッコンですもの。

みなさんの職業(芸術関係)のせいかもしれませんが、それにしても出て来る人物が全部当てはまっていて、久々にorz。
  続きを読む
Posted by bliss_appledore at 15:25Comments(0)TrackBack(0)赤表紙本

February 26, 2007

I have a tale to be told, won't you listen tonight

■あれ、今日はオスカーだっけ?

何か今年はどうでもいいんで意識してませんでした。みなさん頑張ってください。……あー、3年前にかじりついてたのが嘘みたいです(笑)

■キャメロットのライヴDVDのクリップを観たんですが…やっぱ、ライヴを観たいとはあんまり思いませんでした。ゴメン。カーン様が高音部を押さえて歌ってたのがカンに触ったんです。ええ。
客があのメタルの人がやる手(何ていうの? グワシみたいなアレ)を振ってヘッドバンしてるだけなのもちょっとつまんない。これだけ音が走ってたら踊れよ。踊れるだろ、これは。

うーん、コーラス隊や女性ヴォーカルを連れてるのは偉いと思うんですが(このコーラス隊に綺麗な男の子がひとりいるのが気になります…)、音源の再現とまでは行ってないような気がします。女性ヴォーカルが入るパートは綺麗でした(ちなみに曲は「Center of the Universe」)。
高音部がガツーンと抜けるところで音源通りの声を出してくれたら、スゲー惚れたんですけどね。残念。
これがライヴDVDってことは、何回か撮影した中でのベストアクトってことですから、それで高音部を押さえてるってことは、普段からそうなんでしょう。返す返すも残念。
  続きを読む
Posted by bliss_appledore at 12:36Comments(0)TrackBack(0)赤表紙本

February 25, 2007

まぜまぜ箱

■気合い一発、マンハッタンに行って来ました。ハァハァ。
睡眠時間がやや足りなかったせいか、起き抜けがちょっとかったるかったので、移動中にメロパワとシンフォニック・メタルで気合いを入れました。速めのを続けて聴くとテンションがむやみに上がるんですよ。本当です。

そのテンションをキープしたまま用事をこなしておりましたら、何だか知りませんけど、また林檎神社に貢いでいました……。今、わたしの手元には、ピンクのまぜまぜ箱があります…。…いや、出掛けるときに便利だなあ、って思って……。安いし……。

<言い訳>
いや、iPod3台持ってますし(うちの1台は3Gの白、これはバッテリがイカれててほぼ崩壊中、もう1台はピンクの初代ミニ)、出掛ける時に必要な場合はいつもセブルスくんを持ち歩いてます。でもね、特にマンハッタンの場合、でかいのを操作してると「iPod持ってるょ」って宣伝してるようなものなんで、いつも盗まれそうでびくびくものなんですね。実際には町中で握りしめながら歩く&使ってる人とかもいますし、マンハッタンでは本当に利用者増えてますから、以前のようにiPod強盗に遭う確率は少ないかなとも思うんですけど…絶対にないとはいえないわけでして。おまけにセブルスくんは今のわたしのメイン機、つまりこれにはわたしが持ってる音楽データの全部が入ってるんで、無くしたらもうホントに泣くに泣けないんです。でもでも、まぜまぜ箱ならふんげく小さいんで、いかなわたしの手であっても手のひらに収まっちゃうっていうか、服の内側につけたり出来るじゃないですか。夏の薄着でもボトムの端っこにちまっとつけたりとかね。とにかく気楽ですよ、これだけ軽くて小さいと。しかもね、この色がまた可愛いいんですよう。ずっと欲しかったんですもの、この濃いピンク。でもって最近、神社にも貢いでなかったし。
</言い訳>

まあ、つまり、欲しかったんですよ。

…それで勘弁してください。また貢いだのかとか言うな。その通りだから。
マカー歴15年あまり、林檎神社一筋で貢いでますから、わたし。

まぜまぜ箱のお名前を決めなくては…。ピンクだからなあ…。何がいいかなぁ…。
  続きを読む
Posted by bliss_appledore at 11:42Comments(0)TrackBack(0)赤表紙本