2007年12月10日

ウォンビン カレンダー 韓流スター名鑑

韓流エンタメ】次世代スター 生き残るのは誰だ
MSN産経ニュース
リュ・シウォンの「真実」、ソン・スンホンとウォンビンの「秋の童話」も放送された。さらに01年にはイ・ビョンホンの「美しき日々」が制作され、02年にはぺ・ ...(続きを読む)


『秋の童話』もビックスクリーンで鑑賞
innolife.net
韓国で最高視聴率42%を記録し、大ヒットした。主演のソン・スンホンをはじめ、ソン・ヘギョ、ウォンビンはこのドラマで人気が急上昇した。(続きを読む)



韓国ブームの頃〜映画やドラマを沢山〜見ていましたが・・・得にお気に入りって言...
韓国ブームの頃〜映画やドラマを沢山〜見ていましたが・・・得にお気に入りって言うのは〜ありますか???私は「屋根部屋のネコ」??だったかな〜大好きでした(≧ω≦)♪♪(続きを読む)



ウォンビン
ウォンビン写真集dream in HEAVEN 大感激!この写真集を探し求めてパソコンを買ったようなものです! 内容もビン君の魅力200%!セクシーな鍛え上げられた肉体にもうめろめろになってしまいますよ!今まで見た中でマジNo1です!ビン君のファンなら絶対買うべき ...(続きを読む)





blog001006 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヨン様、重傷入院…ドラマ撮影終え市内の病院に

[DVDソフト] 太王四神記 プレビューDVD 銀盤【デジタル1206】


 韓国ドラマ「太王四神記」の撮影中に重傷を負いながらも撮影を続けていた韓流スター、ぺ・ヨンジュン(35)が2日、撮影を終え、ソウル市内の病院に入院した。3日に所属事務所が発表した。

 ヨン様は、10月24日に右手人さし指のじん帯を切り、11月初旬に頸椎の椎間板や肩のじん帯を負傷。

さらに今回、11月中旬にもアクションシーンで着地に失敗して、ひざを痛めていたことも明らかにされた。入院期間は精密検査後に分かるという。同作は、日本でも3日からNHKBSハイビジョンでオンエアされた。
(引用 yahooニュース)




◆ヨン様関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



blog001006 at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

クォン・サンウ、トーク番組で母への思い語る

太王四神記コーヒーカップB


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000037-yonh-ent
【ソウル29日聯合】俳優のクォン・サンウがトーク番組に出演し、涙を見せた。この番組の主な視聴者は主婦層で、若者に人気のトップスターが出演するのは異例のこと。クォン・サンウはKBS2TVのドラマ「悪い愛」で2年8か月ぶりのドラマ復帰を控えており、「朝のトーク番組こそドラマをPRできる絶好のチャンスだと思う」と番組出演の理由を説明している。録画は26日にドラマの野外ロケ現場で行われた。
 これまで脅迫事件などのトラブルに巻き込まれているクォン・サンウは、自分を「何事にもポジティブな方で、常に身近な俳優」とし、芸能番組だけでなく夜のニュースにも登場するなど、オフの時でも常にファンに姿を見せる俳優だと冗談も飛ばした。

しかし、女手一つで2人の息子を育てた母親の話になると目を赤くし、つらかった時間も含めいつも力になってくれる母への思いを語った。

 来月3日から始まる「悪い愛」で、クォン・サンウは束縛されない人生を夢見る財閥2世の役で登場する。


クォン・サンウを前所属事務所が刑事告訴
クォン・サンウ側の弁護士 「横領…とんでもない」
訴訟中のクォン・サンウ 再び訴えられる
クォン・サンウ キスシーン撮影に10時間
クォン・サンウ 『悪い愛』で“韓流スター”の底力を見せられるか




◆韓流スター関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



blog001006 at 09:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヨン様が重傷で入院!韓国ドラマ「太王四神記」撮影中に大けが

ペ・ヨンジュン氏ひざ掛けG


 韓国ドラマ「太王四神記」の撮影中に重傷を負いながらも撮影を続けていた韓流スター、ぺ・ヨンジュン(35)が2日、撮影を終え、ソウル市内の病院に入院した。3日に所属事務所が発表した。

 ヨン様は、10月24日に右手人さし指のじん帯を切り、11月初旬に頸椎(けいつい)の椎間板や肩のじん帯を負傷。

さらに今回、11月中旬にもアクションシーンで着地に失敗して、ひざを痛めていたことも明らかにされた。入院期間は精密検査後に分かるという。同作は、日本でも3日からNHKBSハイビジョンでオンエアされた。
(引用 yahooニュース)




◆ヨン様関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



blog001006 at 03:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月09日

【修斗】1・26戸井田カツヤVS日沖発がついに決定「俺の試合にハズレなし」(戸井田)

【送料無料選択可!】weeeek [通常盤] / NEWS


 12月8日(土)東京・新宿FACEにて行われたプロフェッショナル修斗公式戦のリングで、来年最初のプロ修斗興行となる1月26日(土)後楽園ホール大会の追加対戦カードが発表された。

 新たに発表されたのは、というサバイバルマッチだ。この両者には浅からぬ因縁がある。2年前に一度、このカードは行われる予定だったが、この時は戸井田の怪我により流れてしまった。

 そして今年8月に名古屋で開催された『HEAT.4』では、当初出場する予定だった日沖が怪我で欠場。その代打として参戦した戸井田が勝利後、日沖との対戦をアピールしている。HEATでは実現しなかったが、プロ修斗のリングで修斗ファンにはたまらない一戦が実現することとなった。

 この日、リングに上がった戸井田は、「来年初頭から戸井田ワールドを見せます。俺の試合はハズレないので、チケットを買ってください」と力強くコメントした。



 修斗では共に前戦を落としており、今後の環太平洋王座戦線、ひいては世界タイトルに向けて重要な一戦となる。新年も修斗から目が離せない!


サステイン
「プロフェッショナル修斗公式戦 Supported by Crymson」
2008年1月26日(土)東京・後楽園ホール
開場17:00 開始17:30

<追加発表カード>

▼ライト級5分3R
戸井田カツヤ(和術慧舟會東京本部/世界ライト級5位)
VS
日沖 発(ALIVE/世界ライト級9位)

▼ライト級5分2R
碓氷早矢手(和術慧舟會RJW)
VS
石澤大介(パラエストラ札幌)


<決定対戦カード>

▼バンタム級 3分3R
生駒純司(同級世界5位/日本/直心会格闘技道場)
VS
秋本じん(日本/秋本道場ジャングルジャンクション)

▼バンタム級 3分2R
森 卓也(パラエストラ札幌)
VS
塩田“GOZO”歩(パラエストラ八王子)

<出場予定選手>
田澤 聡(GUTSMAN修斗道場)

<チケット料金>
RS席10,000円 SS席8,000円 S席6,000円 A席5,000円
※大会当日は全席種500円増し...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆crymson関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



blog001006 at 12:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヤクルトのヨン様 スンちゃん斬り誓う

ペ・ヨンジュン氏ひざ掛けG


 ヨン様がスン様斬りを誓った!ヤクルトは7日、東京・新橋の球団事務所で韓国プロ野球のサムスン・林昌勇(イム・チャンヨン)投手(31)と2年総額8900万円プラス出来高、3年目は球団側のオプションとして契約を結んだ。入団会見では巨人・李スンヨプとの再戦を心待ちにした。「いい対戦を見せたい。韓国では抑えていたしね。李が“スンちゃん”と呼ばれているなら、僕は“ヨン様”でいい」。99年、サムスン移籍前のヘテ(現起亜)時代は23打数3安打、10奪三振とアジアの大砲を圧倒。

05年に右ひじを手術したが、今季は40試合に登板するなど復活ロードを着々と進んでいる。通算104勝、168セーブの実力はダテではない。 球団には思惑がある。この日はテレビカメラ3台を含む韓国メディア20人が集結。奥村国際担当課長は「サムスンで投打の柱だった2人の対決は韓国で大きな関心になる。放映権のオファーがあればうれしい」とスワローズの“ヨン様”としても売り出していく。「真っすぐで勝負したい。先発なら10勝、抑えなら30セーブしたい」。大きな期待を背負い、157キロのサイド右腕が日本球界に挑戦する。

(引用 livedoorニュース)




◆ヨン様関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



blog001006 at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

シン・ドンウク 「距離を感じない俳優になりたい」

ペ・ヨンジュン氏ひざ掛けG


去る8月、日本公式ファンクラブ発足にともない初来日を果たした“次世代韓流スター”シン・ドンウクが、日本ファースト・ファンミーティングのため再来日。22日、東京・品川ステラボールでのファンミーティングを控え、同会場で記者会見が行われた。

シン・ドンウクのプロフィールと写真

シン・ドンウクは渡辺淳一の小説を原作とした韓国ドラマ『雲の階段』、日本放映が予定されているシットコム『ソウルメイト』で注目を浴びた期待の新鋭。ベテラン俳優パク・シニャンのライバル役を熱演したドラマ『銭の戦争』は、最高視聴率36.3%を記録するヒット作となり、12月からの日本放映も決定している。



この日の記者会見には、ファンクラブから抽選で女性ファン50人を招待。会見前には23日発売のファーストDVD『F・R・E・S・H! 』のショットが上映された。

シン・ドンウク「ハジメマシテ、シン・ドンウクデス。オアイデキテ、コウエイデス。ヨロシクオネガイシマス。」

−日本で初めてのファンミーティングですが、心境は? 
シン・ドンウク「舞台上のこの場所まで歩いて5mか10mだと思うんですが…100mくらいに感じました(笑)すごく緊張しています」

−日本と韓国のファンミーティングに違いはありますか? 
シン・ドンウク「大きく違うところはないと思うんですが、日本語で話さなければいけないというところが緊張しますね」

−ファーストDVDはご覧になりましたか? 
シン・ドンウク「はい、見ました...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆韓流スター関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



blog001006 at 08:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

クォン・サンウさんを前所属事務所が刑事告訴

 韓流スター/スペシャル・トークDVD:アン・ジェウク / アン・ジェウク


【ソウル28日聯合】以前の所属事務所を相手取り訴訟を起こしている俳優のクォン・サンウさんが、この事務所を買収した会社から名誉棄損と横領などの疑いで28日に刑事告訴された。この会社はまた、刑事告訴のほか名誉棄損慰謝料と違法行為による損害賠償で、30億ウォン(約3億5千万円)に及ぶ賠償金を請求する内容の民事訴訟を提起する方針だ。代理人を務める弁護士は、クォンさんによる訴訟が報道されたことで、会社がまるで暴力団のように認識されたと主張し、名誉棄損の慰謝料を含めたと話している。


 クォンさんは9月、自身の肖像権を利用して収益を上げながらも精算されていないとして、前所属事務所に対し18億9000万ウォンの収益精算を求める訴訟を起こしている。


クォン・サンウ側の弁護士 「横領…とんでもない」
訴訟中のクォン・サンウ 再び訴えられる
クォン・サンウ キスシーン撮影に10時間
クォン・サンウ 『悪い愛』で“韓流スター”の底力を見せられるか
ソン・スンホン&クォン・サンウ 見事な“腹筋”を公開

(引用 yahooニュース)




◆韓流スター関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



blog001006 at 07:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

交通事故に遭ったキム・ジホ 大事に至らずドラマ撮影再開

[DVDソフト] 若者のひなた DVD-BOX(1)【デジタル1206】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000014-wow-ent
タレントのキム・ジホが去る25日夜11時半頃、ソウル・東大門(トンデムン)付近の道路で車両が半壊する交通事故に遭遇していた事実が、一足遅く明らかとなった。

キム・ジホ側の関係者は、赤信号で車が停止していている間、20代の男性が運転していた車が信号の前でキム・ジホの車に追突、この事故で車両は損壊したが、キム・ジホ自身に別状はなかったと明らかにした。


また、キム・ジホは保険会社を通して円満に解決することにし、帰宅したという。

キム・ジホは事故のショックにも関わらず、翌日の26日にはMBCドラマ『それでもいい』の撮影を再開している。
Copyrights(C)jknews & etimes Syndicate & wowkorea.jp

“ヨン様の恋人”コ・ウンミ キム・ジホのライバル役にキャスティング
イ・ヨウォン キム・ジホ オ・ヨンス“ミッシー対決”
交通事故が最もたくさん発生した所は? 
Wonder Girls所属事務所 「マネージャー管理怠った」交通事故関連を公式謝罪
交通事故キム・ジョンハクプロデューサー 手術成功




◆ヨン様関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



blog001006 at 05:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ペ・ヨンジュン主演の新作歴史ドラマに疑問の声

ネコバス横ブレスレット


韓流スター、ペ・ヨンジュンが主演するドラマ『太王四神記(テワンサシンギ)』を巡って、韓国の歴史学者たちが憂慮を示している。いくらドラマでも、史実とかけ離れすぎているという意見が多いようだ。
東北アジア歴史財団のキム・ヒョンスク研究員は「ペ・ヨンジュンが演じる広開土大王(クワンゲトデワン)が治めた4世紀の高句麗(コグリヨ)は、中央集権制が完成され、王の権力が非常に強かった時代。

ドラマのように貴族が王よりも多い兵を抱えているというのはありえない」と語る。
ほかにも「ドラマのモチーフとなっている4つの神『青龍』『白虎』『玄武』『朱雀(鳳凰)』の信仰は中国で発祥したもの。これが古朝鮮建国時代からあったという設定は、高句麗文化が中国伝来のものであると主張する中国側の歴史修正によい口実を与える」「高句麗と対峙していた新羅(シルラ)を矮小化しすぎている」という指摘もされている。

朝鮮日報(韓国)より。
(引用 yahooニュース)




◆韓流スター関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



blog001006 at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!