オファーにつきまして、もう少しお話します。

「オンラインビジネスがうまく行かない!」とお嘆きの方は、
次の点を点検してみましょう。


々告レスポンスがあるのに(資料請求があるのに)、
なかなか成約(ビジネス参加)がないのか。

広告レスポンス自体がないのか。

街灯



,両豺腓蓮∋駑舛鮟室造気擦襪海箸重要です。
もちろん、理屈ばかりの資料ではなく、

より「感情に訴えかける」のが大切なのはもうお分かりですね。
あなたの資料は理屈ばかりになっていませんか?


そして…。まさか―。


資料だけ送って、その後何もせずただジッと待っていて、
「リクルートできない」と嘆いているような方は
ご受講の人の中にはいらっしゃらないと思いますが、

もし、資料送付後に直メールも電話もしていないとしたら、
リクルートは困難です。

(資料だけ送って登録が得られるなら、それはほとんど奇跡です!!)


後日お話しする「オンライン・システム」を持っていない
グループやビジネスに所属している方は、


「フォローの直メール」と「(肉声の)電話」は必ずしてください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これを無くしてリクルートはあり得ないと心得ましょう。
特に電話は強力です。


オンラインビジネスの最終兵器は極めてアナログな
「人と人とのふれあい」なのです。


それでも、もしダメならば、あなたのしているビジネス自体が
もう社会ニーズからずれていることもあります。

ドッグイヤーと言われるほど商材やビジネス
ライフサイクルの流れが速くなっているからです。


あるいはあまりにも、時代に先駆けすぎている場合もあります。

ビジネスには「時」が肝要です。


△両豺腓蓮広告手法でいくらでも改善できます。

じつは△離院璽垢稜困澆諒がどちらかといえば多いものです。


極端な例の「いま、資料請求をすると、現金一万円をもれなく
プレゼント中!」のお話ではありませんが、

集客はオファーの手法しだいで容易に可能です。
もちろん、この例のような「ただ、お金の欲しい人」を
集めてもなんにもなりません。

オファーは集客するとともに「ふるい分け」を伴うようにして、
「見込み客(プロスペクト)」を集めるようにしなくてはなりません。


よく見かける建築業界の
「『リフォームのための101の秘訣の小冊子』を無料でさし上げます。」は

「リフォームに興味のある見込み客を集める」というふるい分け(シフト)もしく
はセグメントをしているわけです。


また、言うまでもないくらい当然なことですが、オファーには期待できる売り
上げとの相関による「費用対効果」を前提とします。



使い古されているようでも「無料オファー」という手法は、
今尚、集客に絶大な効果を発揮します。


オファーのない広告は、「釣りに餌を持たないで出かけるようなもの」と言わ
れます。これでは魚が釣れるわけがありませんね。


広告レスポンスがないとお嘆きのあなた。
あなたのホームページやあなたのメルマガ宣伝が無料オファーもなにもなく、
ただ、「こんなにいい商材です! なんとか登録お願いしま〜す」
式になっていませんか?


これでは集客できなくてあたりまえなのです。





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前  
メールアドレス  半角英数字