経営の神様と言われる

松下幸之助さんや稲盛和夫さんは共にこのように
おっしゃっておられます。



「経営の成長にはまず
単品の商品を見つけることが重要だ」

・・・と言っています。
貂区サ槭・譛亥、彑convert_20111020141109[1]


あれもこれもではなく
単品への絞り込みが重要だというのです。


商売が成立するには、お客様が喜んで
お金を払って下さらなければなりません。


足を棒にして売り歩いても、
やっと受ける注文は多岐にわたることがあります。


商売を始めた当初は
とにかく生きなければならないので
何でも受けざるを得ません。


しかし個々のお客様の要求に応えていたら
それぞれ素人として対応せねばならず
いつまでたっても経験不足から
プロとしての対応が出来ません。


「なんとかならないか」と苦しんでいるうちに
ある日ふと気がつく時が来ます。


「あのお客様も今度のお客様も
実は同じことに困っておられた。


ひょっとしてこれは
多くの人に通ずるかもしれない」


実はこれが個人事業、
商売から事業に変わる変化点なのです。


そこで単品の商品を見出し、
同じニーズ、期待を持っているお客様を見出し、
安定的にそのお客様に販売が出来るように
営業マーケティング構造を創り出します。


ある単品の商品に絞り込むことは
他のニーズを切り捨てることなので、
大きなリスクがあり決断が必要です。


しかし大きな市場を見出したうえで単品に絞り込めば
商売はすこぶるやり易くなるのです。


牛丼、味の素、かっぱえびせんなど
単品で大企業になってしまうような
商品を見出すことをまずは心がける必要があります。


成功のノウハウをもっと知りたい方は
下記フォームより無料メールセミナを受けて下さい。





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前  
メールアドレス  半角英数字