社員300人の壁を越えることに
苦しんでおられる会社には共通点があります。

縺阪i繧峨→譫廟convert_20111107134305[1]

経営者がカリスマ的であり、
社員が社長への依存心が強く、
社員は素直でよく言う事を聞きます。


逆にイエスマンを作れなければ
社員300人までにはなれません。



自己主張が強く、優秀で経営者の言う事を
聞かない人がいる会社は300人までの組織には
なれません。



優秀な人がいれば経営者はその人に頼ってしまい、
普通の人が育つ仕組みが作れないからです。



うまくいっている300人までの組織には、
経営者に依存せずに会社の将来を考えている社員が
ほとんどいないのです。



経営者は社員から信頼され、
社員は経営者の要求を聞き、
何とかその要求を実現しようと協力しています。



一方30人、50人、100人の壁を越えられずにいる企業を
見てみると、



経営者と張り合っている優秀な社員が存在します。



小さいうちにあれもこれも多角化をしていて、
それぞれの事業には職人として優秀な人間が
いたる所に存在します。



つまり人に頼ると仕組みが出来ずに
大きくなれないのです。



一方人がいないと「今いる人材でなんとかせねば」
と経営者が社員を活用し、

幸せにするために知恵を絞り、
すばらしいビジネスモデルが出来ます。



事業領域が良ければ仕事は次々とやって来ます。
商品が良ければだれでも売れます。



営業マーケティング構造が良ければ
黙っていても売れます。



業務プロセス・キャリアパスが整備されていれば、
多少能力が低い人でも同じ仕事の繰り返しで
短時間で一人前になれます。



これらを作るのは経営者で、
作る過程で多くの反対を押し切って
経営者のリーダーシップで
美しいモデルが形成されます。



その過程で自己主張が強い人は組織から離れていきます。



結果的に経営者の言うことをよく聞く社員が残るのです。
そして依頼心が強くなります。



しかし300人越えてからは社員一人一人が自立し、
抜本革新しなければならないのです。



事業のあり方を変えなければならないのです。



そこに新事業開拓を推進し、
プロジェクトチーム、社内イベントなどの
自発的な活動を支援するしくみが必要となり、
自己組織性(自己増殖機能)が必要になります。



「すぐに私たちのビジネスについてもっと知りたい!」
という方は下記より無料セミナーを受けて下さい。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前  
メールアドレス  半角英数字








ビジネス・業界 ブログランキングへ