日本は礼を重んじます。


日本古来の武道は礼に
始まり礼に終わります。

驫€譚上・荳九・縺阪i繧雲convert_20111129163257[1]


礼はひとりのけじめになっています。


「礼はつなぎ目の後始末」なのだそうです。


「つなぎ目は特に神経を使う必要があります。


つなぎ目に気を配り、集中して後につなぐことで
失敗を防ぐことが出来ます。



つなぎ目に気を配り、形を整えて
うまくつなぐために礼をします。



礼のおかげでスムーズなつながりが持てますし、
礼が無いとつながりが持てずに離れてしまいます」



危険なつなぎ目に気を配ることに習慣としたことが
日本文化のすごい所だと思います。


上司、部下の間、担当者間、部門間、
会社間など一つの仕事を行う場合には
多くのつなぎ目があります。


つなぎ目では価値観の違い、目的意識の違い、
把握している情報の違い、常識の違い、


想定する今後のイメージの違い、
相手に対する期待の違いなど
違うことだらけです。



違いは不信につながり対立のもとになります。


対立が生ずればうまくいくことも
うまくいかなくなるのです。


うまくいくにはお互いを知り、
信頼関係を形成しなければなりません。


そのためにはお互いを認め、
礼をつくすことが大切です。


礼は形です。


しかし実質はまず形からです。


形を意識し形を整えることで
実質である意識がついてくるのです。


武道では型が重視されますが、
型を重視することは
実質を変えるための伝統なのだと思います。


「すぐに私たちのビジネスについてもっと知りたい!」
という方は下記より無料セミナーをどうぞ。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前  
メールアドレス  半角英数字








ビジネス・業界 ブログランキングへ