課長と部長の業務内容の違いは
多くの人が理解されていません。


課長は「自らやり方が分かっている業務で
自らが動いて結果を出す人」です。

邨オ逕サ_convert_20110920194700[1]



部長はいくつかの業務分野を受け持ち、
課長に結果を出してもらう様に
課長を指導、管理しながら結果を出せる人」です。



直接的なマネジメントと
間接的なマネジメントの違いです。


課長は自らが一人前で自らが業務のつぼを
押さえていることが前提です。


自らが出来るので、指導・育成、評価、管理、
問題解決、翻訳の5つが仕事となります。


部下は未熟なのでまず指導・育成を行い、
部下の能力、考え方、希望を把握しながら
仕事のさせ方を工夫します。



評価は部下は自分を見ていて欲しいと思っているので、
部下を良く観察し、誤りは正し、上手くいったら
誉めてやります。



出来れば厳しくその人の
潜在能力を引き出すように指導します。



管理はPDCAサイクルを回します。



問題解決は上手くいかない時の解決ですが、
レベルが高いが故に可能となります。


翻訳は上司の抽象的な方針・指示を
1人1人の具体的な業務に引き直して説明して、


現場で起こっている事を事実
と自分の考え方を添えて上司に報告します。



部長は自分が経験していない業務についてまで
結果を出さなければなりません。


まず、ある業務でプロになり、「どうすれば上手くいくか」
の本質をつかんでいる事が部長が務まる前提となります。


そして部下から聞きながら仕事のつぼを理解し、
課長が結果を出せる為の業務を行います。


従って、動機づけ、マネージャー育成指導、
仕組み作り、調整(部門間、会社と仕入れ先・売り先との、
役員・社長との)、そして事業計画作成・具現化が
主な仕事となります。



課長も部長も報・連・相は当然重要であり、
自らの業務を行うにはコミュニケーションを
密に行う事が必須です。


よく、管理職が情報を「曲げる、変える、止める」
のが問題だといわれますが、それではいけません。



愛情を持ち、経営理念を常に頭に描きつつ
業務を行う必要があります。



「すぐに私たちのビジネスについてもっと知りたい!」
という方は下記より無料セミナーをどうぞ。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前  
メールアドレス  半角英数字








ビジネス・業界 ブログランキングへ