また始まった文大統領の・・・


文在寅が、メディアを集めて質問大会が行われたそうです。元募集工の問題について問われると、文喜相が提案した案に修正点があれば、日本に「知恵を出して」ほしいそうです。ダメですね、それは。何のために日本が汗をかかないといけないのか意味不明。それは韓国の国内問題でしょう。自分たちで解決しないとダメですね。

問題のすり替えが秀逸


1965年の日韓請求権協定、これが大前提ですから、これを揺るがす話であれば、ダメです。却下。国内問題を外交問題にすげ替えようとする、「いつものやつ」ですね。もう騙されません、日本は。

さらに「裁判所が決定したことは従うべき」ときたものですから、もうお笑いですね。請求権協定を否定する言葉。お互いに知恵を出すのではなく、自分の頭で考え、立法化しそして国内で処理すべきではないでしょうか。

✅ 北の若大将は焦っている、か
[ 北朝鮮のクリスマスプレゼントはミサイルか人工衛星? ]

✅ 韓国・北朝鮮応援隊の養成所
[ 北朝鮮コメンテーターに韓国留学(延世大)が多いのは ]

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
記事まとめ
 

 

韓国人の考えの基本とは


BSプライムニュースに出演した小野寺さん(元防衛大臣)が韓国の専門家に聞いた話によると、「韓国では真実と違っていても、それに理屈がつけば真実になる。どうやって理屈を構築するするか、ということをまず考えるんだ」こういう理論だそうです。

こういう考えの国とは、仲良くなれないですよね。日本は真実をまず前提にお話しをしようとしているのですから。

The truth is out there .
(真実はそこにある:ドラマ「Xファイル」より)

スポンサーリンク