ソフトバンクのロボット会社


ソフトバンクGのソフトバンクロボティクス社のCM、今やってますね。広瀬すずさんが出てきて何を紹介するのかと思いきや・・・「お掃除ロボット」。なんじゃそりゃ。まったくイメージがマッチしないコマーシャルに愕然。

ロボティクスといえば、あの失敗作ペッパーくんを開発したダメ会社。そのペッパーくんは全く人気がなく、レンタル先から送り返されているという状況。見るのはソフトバンクショップだけ・・・

隠れダストも検知!


「日本の床には実は取りきれていない隠れダストが」というセリフで、新製品Whiz(ウィズ)を紹介。オフィスや業務フロア向けのバキュームAI清掃ロボット、だそうです。なんでもAIつけときゃいいってもんじゃないけど。



Amazon PITAKA」iPhone 11 対応 ケース

ノリのいいダンスで踊りまくる広瀬すず。Seishiroという振付師の踊りだそうです。GOOD DESIGN AWARD 2019にも選ばれているようですが、どうみてもダサいデザインだし、ゴツい・・・業務用!ていう印象ですね。1年レンタル契約の場合、月額10万円程度。法人向けのレンタル品のようですが、ペッパーくんみたいに酷評で、契約満期とともに打ち切り・返却とならなければいいんですけどね。

ボストンダイナミクスのポンコツも


そしてよくCMに目を凝らしてみると、アメリカのベンチャーで有名なボストンダイナミクスのロボット(4本足歩行)も出ているではありませんか。そのベンチャーもソフトバンクに買収され、情けないCMの一部として登場することに。もともと技術はすごいが、何に使ったらいいかわからず赤字まみれ?だとか。実用性はまったくないので、気持ち悪いキャラとしてCMでも出しとけ!?って感じでしょうか。



なぜ「今」なのか


ホームページを見る限り、このサービスを開始したのは2019年5月にスタート!と記載があります。1年近くもたってから、なぜ今頃になってテレビCM+広瀬すずという「お金のかかった」ことをするのか・・・謎ですね。なにか経営陣から指示があったのか?たまたまなのか?理解に苦しみます。

[ Amazon 快適ガード のど潤い ぬれマスク ]

CMは選んだほうが・・・


広瀬すずも、もうちょっと仕事を選べよ!とツッコミをいれたくなりますね。天下のソフトバンクですが、ターゲットがお掃除ロボット(デザインは最悪)って・・・広瀬すずの美脚ばかりに目がいき、商品が頭に入ってこないというネット民も。 [982]
 


関連記事


✅ [ ソフトバンクは大丈夫?WeWork問題 ]
 
 
 
 
 

スポンサーリンク