にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ blogranking fc2

2008年07月28日

原油、下落。

米議会が機関投資家の国際商品投資を制限する法案審議を急いでるせいで原油価格が下落しているようです。

商品全体の投資を制限するってことは、穀物とかも下がるのでしょうか・・・?

実は最近、コモディティの投信を試しに買ってみました。
でも、買って早々に売るべきか・・・?



blog_fx at 12:06コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月27日

穀物メジャー『カーギル』による穀物市場の支配

R25の
世界の穀物市場を支配する穀物メジャー『カーギル』の謎
という記事を読みました。

世界の穀物シェアの4割を握る穀物商社だそうです。

創業1865年。
従業員数15万人以上(66カ国)。
年間売上高は9兆円。
穀物生産地の情報収集をするために自前で人工衛星を打ち上げる。

ホントかどうか知らないけど、最近の穀物価格高騰はカーギルの思惑も絡んでいるのではないかといった噂もあるらしい・・・。

まぁ現実には価格操作は不可能でしょうけど。

blog_fx at 01:20コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月25日

GDPに代わるGDIって?

R25の
経済指標の主役が交代!?「GDI」が注目されるワケ
を読みました。

今までのGDPはGross Domestic Productの略で
「国内総生産」と訳してました。

GDIはGross Domestic Incomeの略で
「国民総所得」と訳します。

計算方法としては、GDI=GDP+「交易利得(損失)」
となります。

「交易利得(損失)」は、輸出入額の変化によって生じる国内と海外の所得の流出入のことだそうです。

原油や穀物の高騰でこれが減り、「交易損失」を大きくしているようです。

GDIを使うと、原油や穀物の高騰の影響を含めた経済情勢が把握できるので便利、ということです。



blog_fx at 12:44コメント(0)トラックバック(0) 

米住宅公社救済⇒日経平均上昇!?

米国の米住宅公社の救済策が下支えとなって日本の株が上がったらしい

風が吹けば桶屋が儲かるというか、バタフライ効果というか。
これがグローバル経済というものでしょうか?

もともとサブプライム問題のせいで株価が下がってたならば、元に戻っただけかもしれませんが。

今のうちになんか買っとくかな。。。



blog_fx at 00:52コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月23日

米住宅公社への支援策 まとまる。峠はどこだ?

米上下両院がファニーメイとフレディマックの支援策で合意したそうです。

プレジデント8月4日号の情報スクランブルに
「金融危機の「峠」はこれから本番だ」
という記事がありました。
「つながりすぎていてつぶせない」要因があると書いてありました。

ただ、それがいつ「つながりすぎていて救えない」に転じてもおかしくはないとのこと。

シメの言葉がやな感じです。

「峠を超えたどころではない。峠はこれからが本番だ。」



blog_fx at 23:49コメント(0)トラックバック(0)