2007年02月22日

2007,02,22,職業馬券師

履歴書を書くとしたら職業欄には馬券師と書く。

最後に履歴書を書いたのは仕事の面接時だろう。

と言っても、馬券で暮らしている訳じゃない。

 

職業馬券師、実質ニート』は俺の願望である。

 



競馬とは厄介な物でテラ銭と言う者を2割3割も取られる。

近々改定される話は出ているものの、2割も持っていかれてしまっては儲けを出そうなんて無茶な話だ。

 

競馬は不確定要素が多過ぎる。

買い続ければ儲けが出る事で有名な『逃げ馬

ですら、どの馬が逃げるのかが解らなければ、買い続ける事すら出来ない。

人気馬と穴馬、多くの人が注目している馬はどちらだろう。

答えは解ると思う。

多くの人が注目している馬の方が

オッズが適正に近づいている可能性が高い。

適正オッズに近づくと言う事、要は負けてしまうわけだ。

単勝オッズ2.0倍』の馬を買い続けて儲けるには勝率が50%以上無くてはならない。

勝率50%と言ってもしっくりこない人が多いと思う。

これでは自信を持って買いを入れる事ができない。

 

絶対儲かると言う『確信』を持って買いを入れられる時がある。それはどう言うパターンか。

100%勝つと思った馬の単勝オッズが1.1倍以上の時

である。

「俺が単勝を買う馬は100%勝つと思った馬」だと主張する人も居るだろうが、

そう言う人は過去に買った馬の成績を見て欲しい。

「え?オッズが5倍付くの?2回に1回は来るだろうからこりゃ買いだな。」

こんなもんでしょ。

そうじゃないんだ。どう考えてもこの馬は次走来る。このレースで走る。

と思ったときに買いを入れる。

無論絶対に勝てるわけじゃないし、相変わらず負け組の方が多いだろうから

過去の成績を見れば酷いかもしれない。

但し、どうせ金を出すなら絶対に勝つと思った馬から勝負したい。

オッズを見て『見』を決めるのは1.0だった時のみ。

変に『妙味有り』で買うのとでは負けた時の気持ちが違う。

気持ち良い負けが良い事とは思わないけど、どうせ負けるのであれば

少しでも次に繋がるように熟考した上での鉄板馬を狙いたい   

                              (・∀・)



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ☆これなら勝てるわな  [ 勝馬予想!!競馬で人生大逆転! ]   2007年02月22日 11:27
私は学生の頃、成績を上げようと学校の授業とは別に、通信講座をやっていました。皆さんもご存知かと思いますが進○ゼミです。しかし、通信講座は誰の監視も受けず、一人でテキストに向かうので、当初のモチベーションは持続せず、結局サボってほとんどやってませんでした(^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives