2018年12月10日

愛煙家

前回のブログを書いた方が自分のことを「中途半端な喫煙者」と言うのであれば私は間違いなく「ヘビースモーカー」に属する者と思います。

「禁煙したい!」できることなら「タバコを辞めたい!」という思いは常にあります。なぜかというとおこづかいの大半はタバコ代に消えていること・・・お金の無駄・・・

禁煙するとなるとなかなか踏み切れません。


「タバコが切れたときの恐怖感」

「特に吸いたくなる起き抜けと食後」など

そんなことを考えているとまったくやめれる気がしません。

妻に「いつになったら禁煙するの?」と、いつも口酸っぱく言われてますが、 いつも「タバコは仕事をする上で大事なコミュニケーションツールなんだぞ!」と都合の良い言い訳で逃げています。

本気でやめようと思うなら最終手段は禁煙外来に行くことだと思ってます。ではなぜ行かないのか・・・
行ってやめられなかったらどうしようという不安なのか。単純に行くのがめんどくさいからなのか?本当はやめたくない?

完全にやめるのは無理なので、今では禁煙まではいかなくても、ストレス無く喫煙本数を減らせればと思っております。
しかし、減っていなのが実状です。ああ、意志が弱い・・・

blog_sr at 07:00|Permalink

2018年11月26日

印象操作

数字だけ見ればすごいけど実感がない、こういうことはよくあります。
そして物事の説得力を上げるためによく使われます。

世の中は禁煙志向に確実に向かっております。愛煙家の方々には甚だ過ごしにくい現状であるとお察しいたします。

かく言う私は喫煙者です。それもある意味においてものすごく中途半端な。
私自身は全くの自然体なのですが、愛煙家の方からはなぜ吸うの?と言われ、非喫煙者の方からはそんなことなら辞めちまえよ!と言われます。
と言うのも、たばこの摂取量が1ヶ月におおよそ1箱に届くか届かないかくらい、だからです。
場合によっては1ヶ月全く吸わないということもあるくらい。
まま、色々な意見があるとは思いますが、そもそもたばこは嗜好品。好きな時に好きなように楽しむもの。つまりは人生を少し豊かなものにするためのもの。
お酒だって嗜好品。四六時中飲んでたらそれは大変でしょう。

そんな中途半端な喫煙者が思うこと。
たばこはとにかく体にとって百害あって一利なし。確かにその通り。でも個人的には健康がどうのというより、一番はその臭いが駄目ですね。服とか髪に付くと、クサくてたまりません。自分で吸っていながらそう思うのですから矛盾もいいところですが、クサイものはクサイんだから仕方ありません。

さて、そんなたばこを攻撃するための切り口は数に限りがありません。
とにかく百害あってですからどんな角度からも切り込んでいけます。
その中のひとつによく挙げられるのが、

お金の無駄。

1日1箱を消費するする人ならば、1箱当たりの金額は過去から未来に変化するので大雑把に400円として、

1年で400円×365日で146,000円 おおー、なかなかの旅行に行けちゃいます。
20才から40才まで同じペースなら
20年×146,000円で2,920,000円  これはすごい!車が買えてしまいます!!
そう、たばこを吸うと300万円ものお金無駄にするんです!!

たしかにすごい。すごいけども…。
元1日1箱の私、だからといって年間10万円以上のお金が残っているって実感、全くないんですよねー。

全くたばこを吸わずに例えば40才を迎えた方、300万円の実感はいかがでしょうか。

全くたばこを吸わずに例えば60才を迎えた方、600万円の実感はいかがでしょうか。


人間の睡眠はおおよそ6時間〜8時間。
6時間の人でも1日の4分の1、8時間の人に至っては1日の3分の1日が覚醒していないことに。
80才まで生きてきたとして、
6時間の人なら20年、8時間の人なら約27年が眠りの中ということ。
すごい!長い!そんなに眠っているのか!
…でも全く実感ないですよね。


blog_sr at 06:00|Permalink

2018年11月12日

素直に

2018年のNPBペナントレース全日程が終了。

今年は、福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ2位から日本シリーズに勝ち上がり、さらに1分け1敗後からの4連勝で2年連続9回目の日本一。初の下克上日本一だそうです。

広島ファンからはソフトバンクがパ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち抜き日本一になったことを「例えルールが許してもオレは認めない!」と一部で不満が爆発。おそらく私も広島ファンだったらそう思うでしょう。

世間の声は「確かに1位のチームが進出できないのはなんか理不尽だよな。それで日本一になってしまえばなおさら」「CS争いは、また別の盛り上がりがあっていいけどな」と賛否両論。

冷静に考えてみるともし広島が下克上で日本一になっていたとすれば…怒りの広島ファンの方は素直に喜んでいたでしょう。

何があっても結果は結果。私も今年からCSの否定はやめようと思います。

今年の日本シリーズも盛り上がりました。ソフトバンクのそつのない野球、甲斐キャノンによる広島機動力封じがすばらしかったです。

そして、甲斐捕手は日本シリーズMVPを獲得。

福岡ソフトバンクホークスの皆さん、ファンの皆さん、おめでとうございました。

blog_sr at 07:00|Permalink

2018年10月29日

またか

プラスチックごみによる海洋汚染が世界的に問題となっていて、脱プラの動きが加速しています。

プラスチックストローを取りやめるなど、世界がそういった方向で動いています。

そんななか、先日の新聞報道で知ったのですが、環境省が海洋ゴミ削減の取り組みのために、スーパーのレジ袋の有料化を義務付けるという方針を固めたというもの。

みなさんはどう思いましたか?

僕ははっきり言って唖然としてしまいました。
海洋ゴミ削減とスーパーのレジ袋の有料化ってなんの関係があるのでしょうか?

日本という国は、なぜかこういう環境問題の対策となると、いつもいつもスーパーのレジ袋をやり玉に挙げようとする気がしてなりません。

地球温暖化対策の時もそうですが、エコバッグを推奨してスーパのレジ袋を徹底的に叩きました。

そもそもスーパーのレジ袋が無料で配布できるということは、それだけ単価が安いということ。それもそのはず、石油製品のなかでもレジ袋というのは、最後の残りかすと言っては失礼かもしれませんが、そういうもので製造されているというんですよね。
いままでは使い物にならないので工場でボーボーと燃やして廃棄していたものを、技術の向上で利用可能になったということ。
つまりは、もともと燃やして捨てていたものを余すことなく使い切るわけですから、ものすごいエコな話ですよね。

使えないから燃やして廃棄 → レジ袋にして利用後焼却炉で燃やして廃棄

それをわざわざ新たな石油を消費して、エコバッグを製造するというのですから、どちらがエコなのかさっぱりわかりません。


話は戻りますが、今回は海洋ゴミの話です。
そもそもこの海洋ゴミ、最大の流出元は中国や東南アジア諸国と言われています。正確な実態は不明としても、今の日本の海岸を見て、ニュースになるほどの大量のゴミが浮いているところ、あるでしょうか。
日本が流出大国であれば、太平洋側はともかくとしても、大阪湾のような極めて閉鎖的な海は大量のゴミで埋まっているはず。数十年も前であればいざ知らず、今の大阪湾にそういう海岸はありませんよね。
どう考えても、日本が流出元になっているとは思えないのですが、ゼロではないだろうと言われればイエスとしか言いようがありません。
ゼロではないんだから対策しなければならない、だからレジ袋の有料化!ってなんで!?。
レジ袋が有料化されればイコール日本流出の海洋ゴミは減るのでしょうか?
そしてなぜにレジ袋だけ?
無料で配っているとは言うけれど、スーパー側がレジ袋の製造業者から仕入れるのは当然コストがかかっています。ということは微々たる金額にしても価格に転嫁されている訳ですからそれはつまり消費者がすでに負担していることになります。だから決してタダではないんですよね。
千円以上購入した方には卵一パック80円の延長みたいなものです。
無料で配られることから大量消費のイメージでレジ袋をターゲットにして、対策をしているというイメージを作ろうとするのはやめたほうがいいと思います。

海洋ゴミは海につながる川とかそれこそ直接海にポイ捨てするから出るわけで、対策をするというならまずもってゴミはそこらへんにポイ捨てしないという小学生にでもわかる教育をしていくことが一番ではないでしょうか。ゴミはゴミ箱に、です。


blog_sr at 07:30|Permalink