激動の一週間終了!!今週は患者さんに、いろんな説明すること満載で、連日、5分間のマシンガントーク×60人の毎日でした、、だんだんビジョンもトークも磨かれていくから面白いですね、、そして、明日は、、、

2012北斗旗全日本空道体力別選手権大会
leaflet[1]





いよいよ明日、仙台では2年ぶりの全日本体力別選手権が開催されます。
寺田は、西日本予選で負けたため、出場出来ませんが、我が早大準支部からは昨年度主将谷井翔太を筆頭に現役学生3名と、OB笹沢一有が出場します。(懐かしの寺田院長、「自分の結婚式での酔っ払いバット6本折り☆」世界大会3位の後輩笹沢と全日本チャンピオンのが豪華にバット押さえてます!!)
ユーストリーム生中継配信で
ぜひ観戦・応援して下さい!
 
全日本空道連盟オフィシャルサイト http://www.ku-do.jp/
大道塾オフィシャルサイト http://www.daidojuku.com/ 

3
11震災復興祈念チャリティトーナメント
2012
北斗旗全日本空道体力別選手権大会
2012
全日本空道シニア選抜選手権大会

開催日:2012513日(日)開場930
会場 (宮城県)仙台市青葉体育館
主催 (社)全日本空道連盟  http://www.ku-do.jp/
主管 大道塾東北本部

【空道(くうどう)とは?】
分かりやすくいえば、空手のように突き・蹴りが認められ、一方で柔道のように投げ技・絞め技・関節技が認められる総合武道です。道着を着用し現実での戦いを前提としていますが顔面プロテクター着用など安全にも配慮したルールを採用しており、真の意味で社会に必要とされる体育=社会体育に拘って普及が続けられてきた等の点で、プロ格闘技を目指すいわゆる「総合格闘技」と一線を画しています。

「大道塾」を率いる東孝(元極真空手全日本王者、柔道参段)が創始し、海外において急速な競技発展をみせ、現時点で50カ国以上に普及し、世界選手権大会も2001年より四年に一度日本で開催されています。特にロシアでは大学に空道学科が生まれ、一般人にもKUDO(ロシア語標記KYDO)が認知されている状況です。空道は、もはや日本にとって"逆輸入武道"といってもいい存在となっています。

現在、第2のオリンピックと言われる「ワールドゲームズ」の次期2013カリ大会での公開競技参加が検討されています。
ますますスケールを拡大する21世紀生まれの総合武道「空道」の今後の動向にご注目ください。

           いつもありがとうございます。

    今日は奇跡があっさり起きる!!

     ◆奈良県 桜井市の交通事故治療専門整骨院◆

               ◆   寺田整骨院   寺田 猛    ◆

                   電話番号   0120-45-9085

                    http://terada-seikotsu.com/trafficaccident.html