株式会社クリーデンス・ツーリスト・ビューロー(CTB)
TEL : 075-325-2855/FAX : 075-323-0066
Mail : credence@ctb-tabi.com
京都府知事登録旅行業第3-562号
(一社)全国旅行業協会正会員 (一社)日本旅行業協会協力会員

Since 2007(1976) 
前身のクリーデンス・コーポレションから おかげさまで40周年

チャイナエアラインでは2018年6月15日から、台北・桃園空港での「搭乗手続締切時間」を「出発60分前」に変更します。対象便は、チャイナエアライン、マンダリン航空便(他社運航のコードシェア便を除く)及び、タイガーエアー129便(チャイナエアライン8609便)となります。ご利用の際はご注意ください。

DSCF3708

中国南方航空(CZ)では、下記の増便を行います。

関西~大連便(2018/7/2-10/25 週3→5便に増便)
CZ-642便 関西(12:05)→大連(13:25) ~7/1 火金日運行
CZ-642便 関西(12:05)→大連(13:25) 7/2~10/25 月火木金日運行
CZ-641便 大連(07:55)→関西(11:05) ~7/1 火金日運行
CZ-641便 大連(07:55)→関西(11:05) 7/2~10/25 月火木金日運行

関西~瀋陽便(2018/07/06-10/27 週4→5便に増便)
CZ-612便 関西(13:10)→瀋陽(14:50) ~7/5 月火木土運行
CZ-612便 関西(13:10)→瀋陽(14:50) 7/6~10/27 月火木金土運行
CZ-611便 瀋陽(08:35)→関西(12:10) ~7/5 月火木土運行
CZ-611便 瀋陽(08:35)→関西(12:10) 7/6~10/27 月火木金土運行
cz

オーストリア航空(OS)は、2018年5月16日から、週5便にて成田~ウィーン便を再開させます。

OS-052便 成田(10:55)→ウィーン(15:55) 月運行 5/16~
OS-052便 成田(13:35)→ウィーン(18:35) 火水木土運行 5/16~
OS-051便 ウィーン(13:40)→成田(07:50翌日着)日運行 5/15~
OS-051便 ウィーン(17:45)→成田(11:55翌日着)月火水金運行 5/15~

OS



日本航空は2018年5月19日から、広州(白雲)国際空港の利用ターミナルを、第2ターミナルに変更すると発表しました。(現在第1ターミナル)第2ターミナルは、日本航空、中国南方航空、チャイナエアライン、大韓航空、エールフランス航空、タイ国際航空など12社が利用します。詳細は各エアラインホームページにてご確認ください。

jl_10x50

2018年4月29日から、S7航空が成田(NRT)~イルクーツク(IKT)間に週2便にて新規就航しました。

S7-766便 成田(19:30)→イルクーツク(00:10翌日着) 木日曜日運行
S7-765便 イルクーツク(12:10)→成田(18:30) 木日曜日運行
使用機材:Airbus A-320
所要時間:NRT→IKT 5時間40分、IKT→NRT 5時間20分

中国の海南省観光局は2018年5月1日から日本国籍の方の無査証滞在可能日数を30日間に延長すると発表しました。(これまでは基本的に15日間)

海南省の大部分は、海南島が占めています。島の北に海口市、南に三亜市、中ほどに「ボアオ」と呼ばれる毎年アジア・フォーラムが開かれるリゾート地があります。三亜市はその緯度がハワイとほぼ同じで、リゾート地として有名です。海口と三亜に空港がありますが、現在、日本からの直行便は飛んでいません。
113-1386_IMG
三亜の海岸、整備の整ったゴルフ場(2005年撮影)
113-1377_IMG
114-1442_IMG



シンガポール航空(SQ)は2018年5月3日から、シンガポール~関西空港間にボーイング787の最新型-(ダッシュ)10を運行させますが、成田便にも運行させる事を発表しました。

関西空港便
SQ-619便 関西(10:55)→シンガポール(16:40) 5/3~B787-10
SQ-623便 関西(23:25)→シンガポール(05:05+1) 5/16~B787-10
SQ-618便 シンガポール(01:25)→関西(09:05) 5/3~B787-10
SQ-622便 シンガポール(13:55)→関西(21:35) 5/16~B787-10
→5/16以降は関西空港便の全便がB787-10になります。

成田空港便
SQ-637 成田(11:10)→シンガポール(17:20) 5/19~B787-10
SQ-011 成田(14:45)→シンガポール(21:00) B777-300ER
SQ-638 シンガポール(23:55)→成田(08:00+1) 5/18~B787-10
SQ-012 シンガポール(09:25)→成田(17:30) B777-300ER

時刻欄の+1は翌日着を意味します。

sia_a350
(写真はA350-900,Changi Airport)

3月17日記事にてお伝えしましたガルーダインドネシア航空、関西~ジャカルタ便、関西~デンパサール便の運休情報につきまして、下記に更新されました。3月17日のご案内は撤回となっております。

GA-889便 関西(12:00)→ジャカルタ(17:05) 水土日週3便運行中
⇒2018年7月18日~9月2日までの期間中、運休
GA-888便 ジャカルタ(23:20)→関西(08:15翌日着)火金土週3便運行中
⇒2018年7月17日~9月1日までの期間中、運休

GA-883便 関西(10:50)→デンパサール(17:20) 毎日運行中
⇒2018年7月4日・7日・11日・14日、9月29日、運休
GA-882便 デンパサール(00:40)→関西(08:30) 毎日運行中
⇒⇒2018年7月4日・7日・11日・14日、9月29日、運休
ga_10x50
=2018年3月17日記事=
ガルーダインドネシア航空(GA)は、7月中旬より始まるイスラム教聖地巡礼シーズンに伴う機材繰りの為、下記の関西~ジャカルタ便を運休とします。ご利用予定の方はご注意ください。詳細はエアラインにご確認ください。
撤回)GA-889便・・2018年7/25(水)・7/28(土)・7/29(日)・8/29(水)・9/1(土)・9/2(日)・9/12(水)・9/15(土)・9/16(日)運休
撤回)GA-888便・・2018年7/24(火)・7/27(金)・7/28(土)・8/28(火)・8/31(金)・9/1(土)・9/11(火)・9/14(金)・9/15(土)運休

伊丹空港には国際線に乗り継ぐ方の為の「国際線乗継カウンター」があるのをご存じでしょうか?
IMG_1663
ANA国際線乗り継ぎカウンター
IMG_9626
JAL国際線乗り継ぎカウンター

大阪/伊丹空港から成田、羽田、福岡空港などへ国内線で移動し、それらの空港から国際線に乗り継ぐお客様のチェックインカウンターになります。たとえば伊丹→(JL-3002便)→成田→(JL-10便)→シカゴとの乗り継ぐ場合のお客様がご利用いただくカウンターとなります。通常、JALの国内線では「出発時刻15分前までに保安検査を済ませ下さい」とありますので、チェックインは出発20分前でも間に合いますが、「国際線乗り継ぎカウンター」ご利用の方は出発時刻30分前までに必ず※チェックインを完了する必要がございますのでご注意が必要です。上の写真からもご察し頂けるよう出発時刻前は大変混雑しています。30分前までに到着していても、30分前までに手続きを完了できない可能性がございますので注意が必要です。

空港の免税店でたくさんお土産を買って、チェジュ航空へご搭乗の際はご注意ください。

チェジュ航空では、飛行機の機内に持ち込む荷物について・・・「機内の共用収納棚または座席の下に収納可能な3辺(縦・横・高さ)の和が115cm(但し、各辺の長さは横 55cm、縦 40cm、高さ 20cm以内)以内で、重量が10㎏以内の手荷物1個に限り、お客様が保管して全てのことに責任を取るという条件の下」、無料で持ち込をみを許可しています。しかし、「1つの無料持ち込み手荷物以外に、追加で手荷物を所持なさっている場合は、必ず委託手荷物として預けて頂く必要があり、搭乗口でお預けの際には手数料が必要となります。」となり、2018年4月28日以降該当のお客様は、搭乗口で、「搭乗ゲート委託手荷物処理手数料」を支払う必要がございます。詳細はチェジュ航空HP https://www.jejuair.net/jejuair/jp/serviceinfo/airport/baggage_service.do にてご確認ください。
DSCF3595

伊丹空港の到着動線が変わりました。航空会社問わず、到着の方は荷物を受け取り、このゲートから出てくる事になります。今回のリニューアル工事で「到着口」は2階となりました。
IMG_9630
丁度、ANAとJALが並んで到着。写っているANAが13番、JALが14番スポットです。ANAサイドの8番や9番、JALサイドの17番18番ストップへの到着の場合、今までよりもターンテーブルへの距離が長くなっています。
IMG_9641
荷物を受け取り「到着口」を出ると、モノレールを利用する人は2階をそのまま直線動線で駅まで行けます。リムジンバスを利用する人は1階に下りて各バス乗り場に向かう事になります。

今迄の北(JAL)側バス乗り場は閉鎖、南に移動しています。
IMG_9624
旧ANA「到着口」です。
IMG_9636
添乗時、お客様をお見送りした後。ホッと一息ついて、此処の551で豚まんをお土産に帰っていましたが、お店は無くなっていました。(尚、551蓬莱は、新しい到着口に新設されていましたのでご安心を)
IMG_9635


デルタ航空(DL)は2018年5月6日を最後に、成田~サイパン便、成田~コロール(パラオ)便を運休します。デルタ航空はこれによって、日本~ミクロネシア間の定期便運航から撤退することになります。

DL-298便 成田(10:20)→サイパン(14:55)毎日運行中 5/7から運休
DL-297便 サイパン(16:30)→成田(19:15)毎日運行中 5/7から運休

DL-281便 成田(20:20)→コロール(00:55翌日着)火土運行 5/6から運休
DL-282便 コロール(04:35)→成田(09:10)水日運行 5/7から運休

dl_10x50

2020年に向けて大改装が行われている大阪・伊丹空港で、2018年4月18日、中央エリアが先行オープンします。現在別々の場所にあるJALとANAの到着口が中央エリア1か所に集約されます。また、(到着口は)今までの1階から2階となり・・・「荷物を受け取る」→「到着口(2階)を出る」→「モノレール改札へ続く陸橋」と動線が刷新されます。それでは1階から発着する空港バスへの動線は?という疑問が生まれますね。近く利用する機会にレポートしたいと思います。

2018年4月15日~5月15日(予定)の間、アルゼンチンの「プエルト・イグアス空港(Puerto Iguzu)」が、滑走路メンテナンスのため閉鎖を予定しています。代替空港がブラジル側の「フォス・ド・イグアス空港(Foz do Iguacu)」発着に変更されます。この期間中に、アルゼンチンの「プエルト・イグアス」へ向かうお客様はブラジル領土に着陸することとなりますので、ブラジルのビザが必要な国籍の乗客は、たとえ最終目的地がPuerto Iguzuの場合でも、適切なビザを申請する必要があります。ご渡航予定の方はご注意ください。


↑このページのトップヘ