ippitu


IMG_5292

日本のエアライン、現在、旅客便としてはジャンボ機(ボーイング747型)を使用していません。かつて全世界を網羅したジャンボ機に思い出深い方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

実は燃費が悪いと悪名高く日本のエアラインから消えていったジャンボ機ですが、現在も製造されていますよ。747には-100(ダッシュ100)型から始まり、-200、-300、-400と続き、最新モデル747-8が2012年6月から運行しています。残念ながらこの(-8)旅客タイプはさほど売れ行きが良くなく、ルフトハンザ、大韓航空、写真の中国国際航空など一部のエアラインで見られます。主翼の先端に小さな翼ウィングレッドが特徴の-400と異なり、主翼では見分け難いですが、旅客機中一番長い胴体を持つ正真正銘「ジャンボ」機です。(北京首都国際空港にて)