今年の冬は雪がよく降りました。鹿苑寺では多くのカメラマンが金色に輝く金閣に積もった雪をシャッターに収めていました。
金閣に積もる雪は素晴らしいですが、飛行機に積もった雪は歓迎されません。大変危険です。滑走路が混雑し、必要以上に誘導路を走行して雪が積もり、(飛行機の)除雪の為に待たされるなんて事もあります。飛行機の翼に雪が積もると空に浮かぶ力が失われる他、舵が動かなくなったり、速度計などの装置が正確に値を示さない場合があります。お急ぎの所申し訳ございませんが、安全の為の作業が行われます。冬場のスケジュールの組み立てでは、このあたりも考慮しながら組み立てます。

速度を測るための重要な装置、「ピトー管」です。これが雪などで詰まってしまうと重大な事故につながる可能性があります。
ピトー管