ブリーラム空港に到着しました。滑走路は1本、滑走路端でくるっと1回転して滑走路を逆走、ターミナルに到着します。ボーディングブリッジはありません。飛行機を降りると歩いてターミナルへ向かいます。飛行機が間近に見られます。飛行機好きにはたまりませんが、雨だともう少しターミナル寄りに停めて欲しいですね。
16
まだ「地球の歩き方」にも紹介されていないバンコクから400㎞離れた「ブリーラム」。今、注目の街です。
12
その注目のひとつが「ブリーラム・ユナテッドFC」、タイを代表するサッカークラブチームです。元々アユタヤに本拠地を置くチームを2009年、ブリーラムの名士ネーウィン氏が買収、本拠地をブリーラムに移し、24000人収容の国内NO1クラスのスタジアムを造ってしまいました。ブリーラムU・FCは2013、2014、2015年とタイ・プレミアリーグで優勝するなど、大注目のチームです。
11
また、サッカースタジアムに隣接して「チャーン・インターナショナル・サーキット」が2014年にオープンしました。サッカースタジアム同様ネーウィン氏がオーナーを務めるこのサーキットは、FIAのグレード1Tを取得するメンテナンスの高いサーキットで多くのレースが開催されています。
DSCF4083
サッカースタジアム、サーキット場に隣接する場所に「アマリ・ブリーラム・ユナテッド」というホテルもあります。サッカーをテーマとしたホテルで、ブリーラム・ユナテッド・FCの選手の写真が壁紙にプリントされている部屋や、サッカースタジアムのロッカールームのようにデコレートされた部屋もありました。
DSCF4084
13
ただ全体的な印象は「これから」です。インフラがどんどん整備され、大都市バンコクと密接となる事で、これから更に進化が期待される街です。可能性が高いのは、此処ブリーラムには飛行場、鉄道駅がある事です。滑走路端で飛行機がくるっと回る空港に今、1日3便、小型機が運行されているのみですが、増便が期待されます。ブリラム市内からスタジアムへの道路は新しく快適でした。