美容整形
livedoor Blog
(ブログ) ビジネス・経済(総合) - ビジネス・経済  ]        
livedoorlivedoor ホーム

貯蓄と投資で誰でも出来るFP小判ザメのインターネット資産形成マニュアル


トップページ > なぜお金が必要になるのか > 日本人の貯金がヤバイ!

2012年04月02日

日本人の貯金がヤバイ!

あなたのひと押しが今日の活力です→ 人気blogランキング!

RSSリーダー・各ブックマークへの登録はこちら



前回の「最低目標は65歳まで6000万円の資産」では

平均的な日本人でも65歳までに最低6000万円以上準備が必要なこと

そして、その根拠についてお話しました。


今現在あまり不自由なく暮らしている私達でも
20年以上あるかと思われるリタイア後の生活のためには
毎月の生活費を30万円としても6000万円以上の備えが必要になってくるのです。

もし足りなかったら?


おめでとうございます

あなたも老後に路上生活ライフを体験できるかもしれません(爆)


などと、あまりゾっとしない冗談を言ってしまいましたが
これは他人事ではなく日本人の対部分に言える未来予想図なのです。

「未来予想図」
いい曲だったな〜大好きだったんですよ♪


でも、こんな未来予想図は私は嫌です!(キッパリ)


嫌な未来はほっとけない性分なので
自分で書き換える方法をこれからお話します。

興味があったら参加してくださいね(・∀・)b



ここでいきなり質問なのですが
あなたにはまとまった貯金はありますか?

おっと
コメントに書き込まなくても結構ですよ(笑)

心の中だけでこっそり答えてください。



参考までに、またまたデータをお見せしますが
平成15年度の1世帯当たりの平均貯蓄現在高統計では下のような数字が出ています。


平成15年 1世帯当たりの平均貯蓄現在高

200万円未満 13.3%
200万円以上〜400万円未満 10.0%
400万円以上〜600万円未満 9.9%
600万円以上〜800万円未満 9.4%
800万円以上〜1000万円未満 7.4%
1000万円以上〜1200万円未満 6.1%(世帯数50%で1027万円)
1200万円以上〜1400万円未満 5.3%
1400万円以上〜1600万円未満 4.7%
1600万円以上〜1800万円未満 3.6%(平均1690万円))
1800万円以上〜2000万円未満 3.1%
2000万円以上〜2500万円未満 6.5%
2500万円以上〜3000万円未満 4.9%
3000万円以上〜4000万円未満 5.9%
4000万円以上 9.9%

引用元:総務省統計局家計調査


いかがでしょう?

あなたのご家庭の現在の貯金残高はどの辺りに入るでしょうか?


人によって感じ方は違うと思いますが
平成15年平均における全世帯の1世帯当たり貯蓄現在高は1690万円になるそうです。

しかし、貯蓄在高ごとの世帯分布をみると、貯蓄現在高が200万円未満の世帯が13.3%と最も多く
合わせて23.3%と4分の1近い家庭が400万円未満の貯蓄しかありません。

さらに約3分の2(67.8%)の世帯が平均値1690万円を下回り
貯蓄の低い方に偏った分布となっていることがわかります。



ところがですね。

ぱっと見では皆結構貯金してるな〜っと感心するかもしれませんが
実は貯金好きと言われる日本人の中でも貯蓄がゼロである世帯が急増しているのです。


同じく総務省による平成22年のデータですが
ちょっとショックな数字が並びますよ(汗)


気持ちを落ち着けてご覧ください。


平成22年 1世帯当たりの平均貯蓄現在高

200万円未満 16.9%
200万円以上〜400万円未満 11.2%
400万円以上〜600万円未満 9.6%
600万円以上〜800万円未満 7.5%
800万円以上〜1000万円未満 6.6%
1000万円以上〜1200万円未満 5.9%(世帯数50%で995万円)
1200万円以上〜1400万円未満 4.5%
1400万円以上〜1600万円未満 4.1%
1600万円以上〜1800万円未満 3.5%(平均1657万円))
1800万円以上〜2000万円未満 3.0%
2000万円以上〜2500万円未満 6.4%
2500万円以上〜3000万円未満 4.7%
3000万円以上〜4000万円未満 6.0%
4000万円以上 10.2%

引用元:総務省統計局家計調査
貯蓄の状況(PDF:288KB)


不吉な表現で大変申し訳ないのですが…

何かが壊れてきている音が聞こえませんか?
(マジ怖いッス 滝汗;)



私たちの爺ちゃん婆ちゃん、そして親が稼いでくれた
国際社会に対するアドバンテージはもはや失われつつあります。


データを比較すると400万円未満の貯蓄の世帯はなんと23.3%→28.1%
7年間で4分の1どころか3割に迫ろうとしています。

当然上の貯蓄も軒並み下がっていますね。

世帯数のちょうど真ん中50%が1027万円→995万円と1千万円を割りました。

平均も平均1690万円→1657万円と33万円ダウンしてます。



その一方で3000万円以上の貯蓄の世帯が15.8%→16.2%と
わずかながらも増えている事にも注目してください。

これは貯蓄額の少ない世帯が将来により無防備になっているのに対して
元々貯蓄の多い世帯の方が将来への備えを固めている事を意味します。

このまま行くと童話のアリとキリギリスのごとく
備えをしている家としていない家の明暗が想像以上に大きくでそうです。




貯金が減った(ゼロになった)理由としては

2位 32.5% こどもの教育費のため

3位 26.7% 車・家具・家電の購入

4位 11.1% 土地・住宅の購入(ローン含む)

5位 8.9% 旅行・レジャー費用

と色々ありますが、実はこれらの項目は4年前から横ばいか減っており
ダントツに1位となったのはやはりこの理由です。

『収入が減って貯金が出来なくなった(切り崩した)』(なんと!59.6%)

実は貯蓄ゼロ世帯は平成に入ってから年々増加傾向にあり
とうとう4世帯に1件が「貯金がない!」状態なのです。

裕福と思われていた日本ですが
このような数字を見ると物が売れなくなるのも当然でしょう。



またまた悲観的なお話をしてしまいましたが
まずは私たちの国の現状を目をそらさず知って欲しかったのです。



今日の記事は感情的になり過ぎて、見苦しくなってしまったかもしれません。

しかし、1人でも多くの人に「このままじゃいかん!」と気づいて欲しくて
ついつい激情にまかせてキーを叩いてしまいました。


見たくないものに蓋をしたい気持ちはわかります。

しかし、目をそらしていても「その時」は必ずやってきます。


私たちが歳をとるのと同じように
仕事を辞めて無収入生活に突入する時代は避けられないのです。


ここは10年後、20年後に押し寄せる
津波を前もって予知したつもりになって前向きに考えましょう。

人間は目的を持って生きれば10年間で驚くほどの事を成し遂げられます。

私たちの爺ちゃん婆ちゃん、そして親たちは
今より厳しい時代を頑張ってこの国を豊かにしてくれたのです。


私たちだって、子供たちに豊かな国ニッポンを残そうじゃないですか!



  




さらに詳しい情報をお探しの方は→ 人気blogランキング!


■この記事が参考になった方は便利なブックマークを
 新着記事情報を確認したい方はRSSをお使いください。


最新のアフィリエイト情報を受け取りたい方へ
Naoの手書きメルマガを読んでみませんか? 
派遣労働の合間をぬって携帯でぽちぽち更新してます(笑)

※パソコンで普通のメルマガと同様に購読出来ます。

完全無料でアフィリエイトの最新情報をワンツーパスいたします。
もちろん解除はいつでも1分で出来ますのでお気軽にご登録ください。


メルマガ登録・解除 ID: 0000280423
DTP派遣社員のインターネット広告ビジネス
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ






インターネット広告・アフィリエイトを利用した副業に興味がある方へ
ご質問・ご相談受け付けています。
その他ご意見・ご感想などありましたらお気軽にメールしてください→ 【メールはこちらから】




ウチの子ブログになりませんか?^^
あなたのブログに貼るだけで
被リンクがどんどん増殖するブログパーツです。




これを誰かがあなたのブログから設置すると
4代目までの登録者と被リンクを貼ることができます。  
Posted by blogfanclub at 2012年04月02日│00:30
コメント(2)トラックバック(0)
なぜお金が必要になるのかEdit


日本人の貯金がヤバイ!へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blogfanclub/51386941



日本人の貯金がヤバイ!へのコメントを投稿
日本人の貯金がヤバイ!へのコメント
データが年齢別貯蓄額ではなく平均年収になっていますが・・・。
Posted by 通りすがり at 2012年04月02日 02:25
うっご進言ありがとうございます( ̄ω ̄);
修正いたします!
Posted by ミスターN@管理人 at 2012年04月02日 06:05