私が1年間を通して最も釣行に出かける機会が多い離島

それが利島です。

(過去の釣行記を読んでいただければ言うまでもありませんが)

昨年の利島は年後半まで水温が高く、カンパチの釣果が良かったのが特徴的でした。
特に昨年は、利島周辺のイルカの生態が変化したようで(個体数が減少)、初夏と夏場のイカ釣りの時期は、イルカの減少と反比例しているのか、好釣だったのが振り返り印象的でした。

それでは、2016年10月の利島釣行を写真で振り返ります。

20160918_132231

日中はジグでカンパチを狙う。
今回使用したメタルジグ  

DSC_1519

それがこの時期の最善と言えるでしょう。

DSC_1539
DSC_1545
DSC_1542
DSC_1552

魚の切り身を海底に落とし込んで探ってみると、いろんな魚が釣れます。

ウツボ、イスズミ(ササヨ・テンジクイサキ)、ハリセンボン

アカハタ(アカバ)は伊豆諸島では高級魚として重宝されるハタの魚種。

お味噌汁にするのが一番おいしいと個人的には思っています。

DSC_1526
DSC_1530
DSC_1524

日夜ひたすら釣り続けて、このような釣果に。

イサキ、マアジ、タカベ、ゴマサバ、ムロアジ、カンパチ、シマアジ

DSC_1557

帰宅後、友人を招待してカンパチ刺身を食べました。

利島は伊豆諸島のなかでも大島の次に近い島です。そのほかの島に比べても運賃が安くお手頃です。
そして、さらに安く行く方法が東海汽船の株主優待券を利用することです。

以上