新島サーフルアーに魅せられて今年何度目だろうでしょうか

伊豆七島新島のサーフから狙うルアー釣行に行ってきました。

今年に入ってからの釣行は何かと天気には恵まれていてこの日も二日間好天。

風は西風少々、地形を活かしたサーフルアーではとても好条件の風向き。

さて、写真を中心に振り返ります

DSC_1898
 
気張ってお昼くらいからいつものシークレットへ向かいます。
シークレット入り口の丘の上は、いつ眺めても爽快な景色が広がっています。

ここから40分かけて聖地方面へ歩いて向かいます。

DSC_1899

 
道中、別世界に住むサーファーの方とすれ違いざまに声をかけられて・・・

「すいません・・・崖の上から大きな石が時頼落ちてくるので気を付けてください」

とのこと。

海岸線には新島特産コーガ石の露頭有する崖が接しています。

親切な方のおかげで危険に気づくことができました。

DSC_1916
 

歩き始めて30分過ぎた頃、少し遠くのほうで数羽のカラスが地面で舞っていました。

傍らには、黒い肉塊のようなものが横たわっています。

DSC_1917

近づいてみてみると・・・これはおそらくイルカ。

DSC_1914
DSC_1909
DSC_1915

イルカが浜に打ち上げられていました。

資料として数枚写真を撮って後にしました。

どういういきさつで浜に打ち上げられたのか、素朴な謎はいまでも感じています。

歩き始めて40分、ようやく目的地付近に到着。

DSC_1918
 
あたりには釣り人もいなく、ひたすら探っていきます

この日は結局夕方まで投げ続けて収穫は無し

スピンドリフトを含めて3つロスト!

シマノスピンドリフトは遠投が必要なサーフルアーで革命的な製品と思っています
スピンドリフト110-32g

驚異的な飛距離向上とボトムを狙うことに有効なヘビーシンキング性能

故に根掛かり率が高いので、ポイントの地形としっかり把握する必要がありそうです 

夜、カサゴ釣りをして1日目は終了

DSC_1934
DSC_1936
 
2日目の早朝、夜明けからヘリポート下付近を探ります

DSC_1925

 海岸線沿いから望む朝焼けはいつ見ても爽快な気持ちにさせます

DSC_1929
DSC_1921
DSC_1932
DSC_1931

今回の釣行、釣果ゼロ!

その日の朝は10人程度の釣り人が早朝からサーフに散って行きましたが、あるグループが真鯛を釣ったとの事でした。

どうやら最近はヒラメがあまり釣れていないと言うのは本当のようです

このリベンジはしないといけませんね。

以上