泉田純
泉田純太朗、というよりプロレスファンには、泉田純という本名のほうが通りがいいだろう。プロレスリング・ノアのレスラーだった泉田純が、“ノアの支援者”成田真美容疑者に、ノア所属のレスラー時代から通算して約8800万円をだまし取られたとして刑事告訴。その成田真美容疑者が逮捕されたという。
ノアの選手が食い物にしたつもりが、実は食い物にされたというのが、この成田真美事件である。
とくに大口の被害者は、泉田純太朗と、亡くなった三沢光晴の夫人である。

泉田純太朗の視点で述べた事件の全容は、『内側から見たノアの崩壊』(泉田純/宝島社)、もしくは、『全日本プロレス「崩壊」の真相ー馬場イズムと「王道」の終焉』(別冊宝島編集部編、宝島社)に詳しい。

『内側から見たノアの崩壊』では、成田眞美をプロレス団体NOAH(ノア)の永源遥から紹介された泉田純が、成田眞美容疑者の詐欺に引っかかり、莫大な借金(9000万円)を背負ってしまった過程。

とともに、成田眞美容疑者がノア本体にも大スポンサーとして関わり、亡くなった三沢光晴社長夫人からも金(5000万円)を騙し取った話が全体の3分の2を使って書かれている。

しかも、三沢光晴社長夫人の場合、三沢光晴が亡くなったことによる保険金を騙し取られたというのだから悲惨である。

なぜそんなことができたのか。

詐欺師は、まずエサを撒いてから大きく騙す。相手を信用させるだけでなく、相手の人格も見るのだ。

要するに、ノア勢はそれにひっかかったわけである。

では、その中で、なぜ泉田純太朗がターゲットにされて騙されたのか。

一番タカリだったのか。その正反対である。

泉田純太朗だけは、まいた餌を「ごっつぁんです」ともらったきりにしないで、きちんと返していた。

たとえば、義理堅く成田眞美容疑者の実子の世話などをしたり、いくらいい思いをしても他のレスラーに関係を安易に口外したりしなかった。

成田眞美容疑者は、そこで泉田純太朗の人の良さや誠実さ、口の堅さなどを見透かし、騙す相手にふさわしいと考えたのだろう。

常識人なところが、「信用できる」と見られたというのも救われない話である。

「死人に口なし」としたら本当の死人になった

『内側から見たノアの崩壊』から具体的に見ていこう。

永源遥から、成田眞美容疑者一家を紹介された泉田純太朗。

一家の滞在する、ヒルトン東京ベイホテルに行けば、泉田純太朗はいつも5万、10万の小遣いをもらえ、食事をすれば生ビール1杯2000円の高級料理、誕生日には50万円のロレックスをプレゼントされたという。

泉田純太朗が見たところ、成田眞美容疑者一家の洋服や趣味にかけているお金も庶民とは桁違いで、そんな贅沢な暮らしを10年も続けていたという。

他のレスラーも、何かというと成田眞美容疑者一家のところに行き、呑んだり食ったり、そして小遣いをもらったりしていた。

だが、それらはもとはといえば、成田眞美容疑者が、社会的弱者の高齢者などから詐欺を働いて得たお金であった。

ある程度「信頼関係」ができると、成田眞美容疑者は、泉田純太朗に持ちかけた。

「相続税を払わないと財産が差し押さえられるから一時的に用立てて」

もちろんでっち上げである。

そこで泉田純太朗は金を渡してしまう。

三沢光晴とそりが合わずにリストラされた泉田純は、自分の将来の不安もあり、成田眞美容疑者からお店を任せるなど言葉巧みに騙され、9000万円騙し取られた。

だが、1度に9000万円騙し取られたわけではない。

1回で9000万騙し取られたのではなく、最初に4000万騙され、返却の催促をしているそのさなかに、追加として5000万騙されている。

そんなバカな、と詐欺に騙されたことのない第三者は思うだろう。

詐欺師というのは、返還を求められてもなんだかんだと理屈にならない言い逃れをして返さないばかりか、追加の騙しまで行う。

試合で不慮の死を遂げた三沢光晴の夫人はどうか。

夫にかわってノアの筆頭株主になった不安から、“ノアの支援者”のように見えた成田眞美容疑者を頼り、やはり泉田純太朗と同じように成田眞美容疑者の口車に乗って、三沢光晴の死亡保険金5300万円を騙し取られたのだ。

そして、これがただの詐欺事件としてではなく、成田眞美容疑者の夫が、稲川会系二次団体の組長代行ということでも注目された。

しかし、詐欺行為自体は、夫は加担しておらず、成田眞美容疑者単独のものとされた。

一方、ノアには、成田眞美容疑者から金をひっぱり、愛人に店を開くなど公私混同が甚だしかった者もいたと『内側から見たノアの崩壊』には書かれている。

同署によると、それは仲田龍という、三沢光晴を全日本プロレスから独立させた張本人と言われる人物だそうだ。

仲田龍は、三沢光晴が亡くなると、成田眞美容疑者から渡ったとされる使途不明金を、亡くなった三沢光晴の「女性問題」のせいにして、自分は永源遥とともに、役員から平社員降格という社会処分だけでお茶を濁したというのだ。

死人に口なしとはよくいったものが、そのうち仲田龍自身が51歳で急死。

口なしの死人になってしまった。

社長の田上明も、この事件では何の責任も取っていない。

この団体はもともと、全日本プロレスから「脱馬場」ということで選手とスタッフがいっせいに独立したものである。

成田眞美容疑者へのタカリを見ていると、スポンサーを持つことを嫌ったジャイアント馬場のもとで「我慢」した反動のようにも見えるが、それはとりもなおさず、「やはりジャイアント馬場が正しかった」ということを、ノアが証明したことになる。

【関連記事】
泉田純さんの詐欺被害やレスラー生活などについて振り返ろう;
 
内側から見たノアの崩壊

内側から見たノアの崩壊

  • 作者: 泉田 純
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2012/09/18
  • メディア: 単行本