June 05, 2005

果てしなく青い、この空の下で・・・ 奈良県撮影レポート

山頂 曇り戒田家村道







過去の写真と登山経験が偶然重なりあって急ピッチで実現した今回の企画

「果てしなく青い空の下で・・・」の舞台、奈良県宇陀郡御杖村、三峰山登山!

遅まきながらレポートです。

(*)原作CGデータなどは下宿においてあるのでまた来週月曜か火曜日に追加して投稿します

神末集落内







実家から父の車で1時間ちょい、奈良県御杖村神末集落にやってきました。

山ルート







午前10時、集落の奥にある御杖青少年村の入山口からスタート。
頂上までの道のり約1.5キロに挑みます。
えっほえっほと山道をのぼります。
麓の方は植林杉の景色ばかりであんまり面白くありませんが、これはしょうがない。
休日だからか他の登山客の方もたくさんいらっしゃいました。
挨拶をし合って先へ進みます。

どのモデルスポットの撮影でもーというか撮影に限らずーそうですが、地元の方との挨拶は大事ですね。
こちらの気分も大分違ってきます。

山小屋







30分ほど歩くとこんな感じの山小屋に到達します。
ここで水分を補給し、山頂まであと1キロの道のりに備えます。

山小屋出てすぐ







山小屋を出てすぐ位の景色。

cg1枚目







ここから少し上ったところに適当に開けた場所がいくつかあるのですが、そこから御杖村集落を撮影するとこんな感じになります。
この日はちょっと曇ってたのでガスで見えにくいですがアングルとか高さ的にはこの辺の風景が原作に一番近い風景かな?

残り450







さらに30分ほど登ると山頂まであと450メートルという看板に。
頑張って目指します。

山頂の白ツツジ







下から約2時間、山頂へ到着。
赤や白の山ツツジが沢山咲いています。
風が気持ちいいですね。

山頂から下界 見えない







山頂から下界を撮影しました。
これがゲーム中で主人公達が見た風景だと思いますが、ガスがかかって下が良く見えませんね。
ただ原作のCGよりもかなり高い位置にあることだけはお分かりいただけると思います。

標高1235







ちなみにここ、標高1235メートルらしいです。
冬にここを訪れると、雪が「下から」降ってきます。

山頂の看板 快晴だとこんな感じ







看板があったので撮影
快晴ならこんな感じになるみたいです。
次は快晴の時に訪れたいですね。

昼食







山頂で昼食。
カップラーメンとおにぎり、ハムと玉子焼きというメニューですが、目茶目茶美味いです!
何故外でカップめんやおにぎりを食べるとこんなに美味しいんでしょうか?

不動の滝







帰りは行きとは微妙に違うルートで下山しました。
「不動の滝コース」というルート。
文字通りコースの途中にこんな滝があります。

入山から下山まで合計で5時間ほどでした。


これで今回の撮影は終了かーと思い、車に乗って青少年村をあとにし、神末集落を走っていると、左手にどうも引っかかる民家が・・・気のせいかなと思ってたらさらに右手にもどうも引っかかる木と川と電柱が・・・。

とっさに

「車止めて!」

と言って止めてもらいました。

父にその場で待機してもらい、僕はカメラと原作CGを持ってさきほど引っかかった場所へ・・・。
道を一段下り、村道を歩いて行き確認すると・・・。

村道CG村道







すげぇ・・・。
どんぴしゃです。
まさか本当にあったとは・・・。

もうこうなるとさっき見た民家に確信めいたものを感じ、引き返して確認。
すると・・・

戒田家







・・・。
もう言うことナシですね。
まさか本当に「戒田家(主人公家)」が拝めるとは思いませんでした。

てっきりその日は山頂の景色を確認するだけだと思ってただけに、非常に驚きました。

しかしまぁ何と言いますか・・・。
「そこに舞台があると分かってて探す」のと「舞台があるとは思ってないのに見つけてしまう」
のとでは全く意味が違ってきます。

山頂の景色以外は正直全く期待してなかったのですが、一応原作CGを印刷して持ってきておいてよかったです。

んーとりあえず今回の撮影レポートはここまでです。

三峰山にはまた何度か足を運ぶ予定ですので、そのうち山頂の写真も綺麗なのが撮れると思います。
それと御杖村内、今回は村道と戒田家だけの撮影になりましたが、松倉商店や芳野家、猫屋敷なども
もしかしたら存在するかもしれません。
次回以降はもう少し集落の中を探索するようにしようと思います。

ではでは・・・

ーーーー
感想などありましたら下記コメント欄またはトップ右側にある掲示板までどうぞ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blogid2/24227931
この記事へのコメント
はじめまして、奈良県在住の旧道者と申します。

私も舞台探訪やってまして、AIRの舞台に似た町である兵庫県香住町へバイクで行ったのがのがきっかけで、田舎限定ですが、いろんな場所に行っております。

青空に関しては、前からこんな物件http://www.vill.mitsue.nara.jp/home/sanki/indexc.html
の存在を知っていて、オープニングムービー見てびっくりしたクチなので、御杖付近だろうと目をつけていたんですが、本当に御杖だったんですね。

JR名松線が名張までつながっていないのと、隣接する美杉村にあるリゾート施設の存在等、立地条件までも似ているような気がします。

御杖はわりと家から近いので、また行きたくなりました。

それでは、失礼します。
Posted by 旧道者 at July 03, 2005 22:27
旧道者さん
丸々1月遅れのレス申し訳ないです。
はじめまして。

御杖村を一目見て分かったあたり、かなりの素質あると見ました(ムムム!。
リンク先って学校ですよね。
あー今回撮影した場所からそう遠くないじゃないですか。
三峰山にはまだ何度も行く予定があるので、次行ったときにでも撮影してみようと思います。

Posted by コロスケ at August 03, 2005 17:56
>JR名松線が名張までつながっていないのと、隣接する美杉村にあるリゾート施設の存在等、立地条件までも似ているような気がします。

ほぅ。
それは知りませんでした。
そう考えると御杖村って、青空の舞台って本当ゲーム中の設定とそっくりですね。
もしかして実話を基にして作られたのでしょうか?
とモデルスポット撮影者の妄想が始まるのですが、もし事実だとすれば、あまり無闇に青空の舞台の紹介をするものではないのかもしれません。

・・・芳野雨音さんはあの村にはいないのかなー?(←仕事徹夜明けでちょっと病気の症状が出てますが気になさらずに・・・)

青空についてのコメントを二人の方からいただきましたが、とても嬉しかったです。

1月も遅れてレスしておいてなんですが、再度の訪問お待ちしています。
Posted by コロスケ at August 03, 2005 17:58
はじめましてMEIと申します。

私も青空の舞台探訪を少しやってましたが、
健足会の舞台の背景が三峰山だったとは知りませんでした。
もしかしてOPに出てくる川もこの辺なんですかね?

あと、もうお気づきかもしれませんが、
御杖村でしたら松倉商店(のモデル)もありますよ。

また猫屋敷(内部ですが)は長崎の西海市崎戸町にあります。
Posted by MEI at May 23, 2009 04:36