2007年03月18日

久しぶりの仕入れ

今週末、土日は久しぶりにがっつり仕入れをやりました。

仕入帳を見ると、前回大量仕入れを行ったのは2月18日(日)ですから、実に1月ぶりということになります。

土曜日は最初からそのつもりでBO伊勢佐木モール店へ、今日は午前中は鎌倉までぶらぶらしに行こうと思っていたものの、明け方まで起きていたことがたたって昼過ぎに目が覚めたために予定変更で自由が丘店へ。

土日とも仕入れの後は学生時代の友人たちと呑みに行っていたので、相変わらず仕入れのついでに呑んでいるのか、呑みのついでに仕入れをしに行っているのかよくわからない状態になりました。

さて戦果ですが・・・

土曜日 BO伊勢佐木モール店 61冊 BO蒲田店 10冊 合計71冊

日曜日 BO自由が丘店 85冊

合計 156冊

うち154冊が単Cおよび文庫・新書の105円コーナーからの仕入れのため、交通費や乾電池の補充分などの諸経費、店舗から自宅までの発送料(着払い)を含めても、22000円ほどでしょうか。

単Cからの仕入れは1000円以上のものは皆無に等しくなっており、500円以上のが拾えればラッキーととらえ、最低ラインを250円にしてひたすら薄利本を拾っていきました。

ランキング5桁、もしくは6桁でも30万以上のものがほとんどとはいえ、平均単価は恐らく500円ほどでしょう。

500×150×0.85=63750、2割が売れ残ると仮定すると、実質入金は5万円と少し、送料差益1万円ほどを加えると6万円、今日の諸経費2万円ちょいを引くと、残りは4万円。

仕入れに費やした時間が土日合計で8時間ほど。120冊(150冊の8割)の出品および梱包にかかる時間が1分ずつで2分×120冊=240分=4時間。

4万円の利鞘を確保するのに予想実働時間は12時間ー実際はもう少しかかるかもしれませんがーですから、時給換算では40000÷12=3333円。

これを高いと見るか安いと見るかは判断の分かれるところですが、この土日のようなことを月4回(つまり毎週です)繰り返して、やっと手元に16万円残る計算になります。

1年半ほど前なら、このレベルで動いていれば利益ベースで30万円は軽く稼げていたはずですから、単純に競争激化が2倍になったということでしょうか。

この状態で月利30万円を超える方はかなりな腕前だと自負してもよろしいのではないかと思います。

専業せどりならいっぱし、副業ならかなりのレベルに相当するでしょう。

現状、僕はその半分以下ですから、専業とするなら半人前、副業なら「やらないよりはまし」というレベルといったところでしょうか。


むぅ。
気がついたらつらつらと長文になってしまいました。
まとまりがなくなってしまいましたが、散文的に文章を書くといつもこんな感じになってしまいます。

中途半端に興が乗ってしまったものの、明日からは仕事。
この辺でそろそろ寝ることにします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blogid4sedori/50362103