Success Innovation System STAFF BLOG

サクセスイノベーションシステムの社員によるブログです。 日々の活動をお伝えします。

レジ袋有料化スタート

2020年7月1日
全国でレジ袋の有料化がスタートしましたね

皆さんはどちら派ですか?
有料でもレジ袋を購入する派?それともマイバック派?

私は「以前もらったレジ袋を再利用してる派」です(笑)

有料化で怒っている方もおられるそうですが・・・
有料化となったきっかけはレジ袋などが自然環境に与えた悪影響でした

レジ袋は軽くて便利なのですが自然状態では分解しないという大きな問題があります

山や海などの行楽地では風で飛ばされたレジ袋が散乱ゴミとして環境に悪影響を与えたり
野生動物が誤飲して死んでしまうなどの問題が起こっています

これはレジ袋に限らずお菓子の包装紙やペットボトルも同様でタバコのポイ捨ても環境汚染の原因の一つとなっています

そこで少しでも不要なゴミを削減するために有料化がスタートしました

コロナ禍で感染リスクの問題も指摘されてますが環境汚染や環境破壊は時間とともに取り返しのつかない問題として自分たちに返って来るので無視できない大事な問題です


We do not inherit the Earth from our ancestors;
we borrow it from our children
- American Indian proverb -

地球は先祖から譲り受けたものではなく
未来の子供たちから借りているもの
- ネイティブ アメリカン(アメリカ先住民)のことわざ -


先祖から譲り受けたものと考えてしまうと
汚したり壊したりしても関係ないと考えてしまうかもしれません
しかし未来の子ども達から預かっているものと考えると
大切にしたり今よりもっと素晴らしいものにして返していこうと考えるのではないでしょうか


レジ袋の有料化をきっかけに今後の環境問題を少しでも考えていけるようになりたいですね



ひさしぶりのグルメリポート

梅雨明けはしばらく先になりそうですが
日中の暑さは夏が近づいてることを実感するくらい暑くなってきましたね

そんな暑い日こそ食べたいものの一つに「辛いもの」がありますよね
過去にも「カレー激戦区!!※」でもご紹介したように本社周辺はカレー屋さんが多いんです
※タグクラウドから「グルメまたはカレー」で検索してみてくださいね

そんな激戦区の中にあって個人的にお気に入りのお店が

G Curry (ジーカリー)
facebook:https://www.facebook.com/gypsycurry
Twitter:https://twitter.com/hirosawakouji

その中で一番のお気に入りが「牛すじGカレー 650円」
最近流行りのスパイス系とは違って飽きない美味しさがお気に入りです
しかもリーズナブル!

向かいのカレー屋さんよりこっちの方が好みですね



もう一軒が中華系の辛さが病みつきになる
極楽辣膳 (GOKURAKU LAZEN)
facebook:https://www.facebook.com/gokurakulazen

こちらは好きな具材を選べるのですがランチは「薬膳マーラータンセット」がおすすめです
ちなみに最近はランチセットを辛さ0・ご飯無し&春雨無しでオーダーしています
それでもお腹いっぱいです

四川山椒やスパイスを増量して止まらない汗と格闘しながら食べてます


ぜひ皆さんのお気に入りを教えて下さいね!




キャッシュレス決済に気をつけて

新型コロナの影響で自宅にいる時間が多くなった事と、マスク不足が重なって飛ぶように売れているミシン。

スーパーやコンビニで見かけるようになったビニールカーテン。

不謹慎ですが災いは不幸ばかりでなく、経済面で特需・好景気も生み出していますね。

スタッフの感染を防ぐためにキャッシュトレーを介したお金の受渡を徹底しているお店も見かけます。

政府が進めている電子マネーやコード決済(QR決済)などのキャッシュレス決済なら感染リスクも抑えられるので、コロナ禍をきっかけに一気にキャッシュレス化が進みそうですが・・・

実は多くの経営者の気持ちは、こんな時だからこそ「現金主義」と言うのが本音ではないでしょうか?

消費者や従業員の立場からは「感染リスクの少ないキャッシュレス」が望ましいように思いますが、非常事態宣言が発令され正常な業務が行えない状況で、家賃や給与などの資金繰りの観点では「現金」がとても大切になります。

これは経営者視点を持った方か、過去の大規模停電や地震や台風といった災害を経験された方でないと理解できないかもしれませんね。

入金が数ヶ月後だからといって給与の支払いを待ってもらうことは相当難しいと思います。

よほどの内部留保や貯蓄をしっかりして、現金をたくさん持っている企業や個人は別ですが、多くの方は難しいと思います。


2018年9月の最大震度7「北海道胆振東部地震」では大規模停電によりクレジット端末やPOS端末だけでなくATMなども停電で一切利用できなくなりました。

食料品などを手に入れるには現金しか使えない状況になってしまったのです。


アメリカでは2012年10月に米国東海岸を襲ったハリケーン「サンディ」通過後には当面の生活費と移動手段の確保のためにATMとガソリンスタンドに長蛇の列が出来たそうです。

このことをきっかけに「災害時の決済では現金が重要」とあらためて認識されるようになったと言われています。


Apple Watchなどでスマートに決済する方を多く見かけるようになりましたが、現金を持ち歩いていない彼らは災害時に餓死してしまうのではないかと心配になります。

災害時ではUber Eatsも利用できないと思いますので(笑)

キャッシュレス決済が浸透してしまったことで、万が一「南海トラフ地震」や「首都直下地震」などの大規模災害が起こった際に、死亡理由が「現金を持っていなかった為の餓死」とならない事を祈ります。



スマートで格好いいキャッシュレス決済ですが非常時には一番危険な存在になってしまいます。
日頃から手元に少しでも現金を置いておくなどの対策をしておく必要はありそうですね。






お知らせ

災害時にパソコンやサーバー、通信環境を守るだけでなく、冷蔵庫や扇風機などの生活環境対策にもUPS(無停電電源装置)や蓄電池の導入をご検討下さい。

ご相談お待ちしております!







Gallery
  • #テレワーク2
  • #テレワーク2
  • 青いポスト
  • 青いポスト
  • エアーフェスタ in YAO
  • エアーフェスタ in YAO
  • エアーフェスタ in YAO
  • エアーフェスタ in YAO
最新コメント
月別アーカイブ
大阪天気
記事検索


engage

  • ライブドアブログ