Success Innovation System STAFF BLOG

サクセスイノベーションシステムの社員によるブログです。 日々の活動をお伝えします。

古都に学ぶ

publicdomainq-0008766fuw



月への宇宙旅行で話題になった
ZOZO TOWN(現社名:株式会社ZOZO)の前澤友作氏
今度は京都の「幻の別荘」購入で話題になりましたね

土地の広さだけでなく歴史的・文化的にも価値のある別荘だそうです

前澤友作氏のお金の使い方は半端ないことで有名です

そんな由緒ある別荘の行く末を旦那衆から不安の声が出ているとの記事

ここで言う「旦那衆」とは大阪で言うところの「タニマチさん」らしく地場で活躍する経済人の人たちを指すようです

しかし京都には旦那衆も恐れる「白足袋族」と呼ばれる影の実力者の存在があるそうです

白足袋族とは常に白い足袋を履いている人たち
お坊さん・茶道家・呉服関係者や花街関係者のことを指すそうです

京都では「白足袋族には逆らうな」と言われるほどの存在だとか


白足袋族のことがわかるエピソードを紹介します

1985年に当時の市長が神社などを守る目的として拝観料に税を上乗せする「古都税」を導入しました

それに異論を唱えた一部の寺社は拝観を中止し門前に店を構える人たちまでもが協力
ついには京都仏教会をも巻き込んで訴訟問題にまで発展

最終的に京都市は古都税を廃止することになりました

改めて白足袋族の存在力を見せつけられた出来事だったそうです

また京都というと
「本音と建前を使い分ける人たち」
「よそものに対しては本音を見せない」
などといった「本音と建前文化の街」と呼ぶ人もいるほどです

白足袋族の存在もあってかネガティブなイメージで語られることも多い京都

しかし京都の歴史を紐解くと理由もなんとなくわかります

京都は昔から都として栄えていましたので地方からたくさんの人たちが集まってきました
武士や商人など仕事を求めてやってくる沢山の人たちです

都が栄えたことで権力争いによる戦争や悪い人たちも集まり始める始末
強盗・強姦・殺人など治安もどんどん悪くなっていきます

その結果として京都の人たちは「自分の身は自分で守るしかない」と他人に警戒的になり排他的な習性が身についてしまったのだとか

近年では「東京の人は冷たい」と言われることもありますが圧倒的に地方出身者が多く隣人を容易に信用しないからです

どこから来たどんな人かわからず
他人から声を掛けられると不審者情報として通報することもあります

これは今も昔も大都市で生活する人の一般的な感覚だという人もいます
最近では海外でも似たような話を聞くことも増えましたね

もしかすると海外からの移住者も増えてきている何年後かには繁栄と引き換えに治安悪化が進み隣人に対し疑心暗鬼になっていった結果
「東京人(日本人)は排他的」
「東京人(日本人)は信用できない人たちばかり」
と呼ばれる時代が来るかもしれません

でもこれは繰り返す歴史が証明する
「繁栄と治安悪化」
近いうちに現実になるかもしれませんね


少しズレてしまいましたが
白足袋族が恐れられる本当の理由はどうやら別のところにあるようです

白足袋族と呼ばれる「お坊さん・茶道家・呉服関係者や花街関係者」というのは
並の人たちでは耐えられないような修行をし乗り越えてきた人たちであったり
国を治めるような人物や時代を左右するような人たちをもてなす側の人たちであったことで

「物事の善し悪しを見極める自分の中の確かなモノサシ」や「人の器を見抜く力」

といった能力を身につけてきたことが大きようです

いわば白足袋族は「確かなモノサシ」を持った「人の器」を見抜く「目利きの達人」

白足袋族から評価されないということは周囲からも「大したことのない人物」として見られ
結果的に誰からも相手にされなくなり何一つ成功しないというのが本当の理由のようです

白足袋族のような厳しくも確かな目を持った「目利きの達人」に支えられてきたことで1000年以上もの長きに渡り京都という街は生き続けてきたのかもしれません


様々な情報が簡単に手に入りフェイクニュースも錯綜する時代
ビジネスで成功するためにも時流や本質を見極める「目利きの達人」になる必要があると思います

今こそ1000年以上栄えた古都に学んでみてもいいかもしれませんね


shinnyodo9
















ラッピング電車

最近は紅葉のシーズンもあるのか
1週間1回のペースで遭遇し乗車しています。
ラッピング電車は、座席も広く感じるので
乗っていても気持ちが浮かれます。

先日、ラッピング電車に遭遇したときことです。

「あれデザイン変わった
たしか、前は「あさがおだった」のに
今日は向日葵になったのでは
と思いながら乗車し、目的地へ

降りる時のラッピングはいつもと同じデザイン
(乗る時は反対のドアでした)

DSC_0034DSC_0033


































一瞬こと、あさがお→ひまわり
ラッピングが変わったと思ったの間違いで
たまたま、ひまわりの車両に乗ったのだと思っていました。

夜、スマホで電車会社のアプリ(沿線ナビ)を開いたら
ラッピング列車 デザインリニューアルの文字が目にとまりました。

勘違いではなく、ラッピングは変わっていたのだ

私の洞察力はまだまだ劣っていない

うれしくなりました。
乗る車両を替えて、ひまわり以外も見てみたいと思います。

寒くなってきましたね

日が暮れるのも早くなり
朝晩がずいぶんと冷え込む季節になってきましたね

子どもの頃から冬は大嫌いでした
でも本格的な冬はまだしばらく先ですね

大阪の中心部の御堂筋という大通りにイルミネーションが点灯しました
街のいたるところがクリスマスムードになってきています

今年こそ素敵な人とクリスマスを過ごすために今からがんばります!




Gallery
  • 古都に学ぶ
  • 古都に学ぶ
  • ラッピング電車
  • ラッピング電車
  • 大阪城
  • 大阪城
  • 大阪城
  • 実家に帰ってきました。
最新コメント
月別アーカイブ
大阪天気
記事検索


engage

  • ライブドアブログ