1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 20:51:21.42 ID:GZwL26UQP
憩(ここは荒川ナイトクリニック)

憩(雀士のために開設してる、夜間限定の相談所兼診療所ですよーぅ)

憩(麻雀から友人関係、恋や性に関することからまで、様々な分野の患者さんを受け入れとります)

憩(今夜も悩みを抱えた患者さんの心を、癒してあげましょ)

最初の訪問者
>>3

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 20:53:08.57 ID:JNVH52kv0

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 20:57:41.23 ID:GZwL26UQP
コンコン

憩「はーい、どうぞー」

照「失礼します」ガチャ

憩「あら? 宮永さんやない?」

照「荒川さん……?」

照「そうか、荒川クリニックって」

憩「そうゆうことやね」

照「……あの」

憩「心配せんでも、ここにいる私はあくまで医療従事者のひとり」

憩「ほかの人に漏らしたりせぇへんし、ちゃんと治療もしますよーぅ」

憩「さ、お茶入れたるから、とりあえず座って?」

照「はい……」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:01:24.35 ID:GZwL26UQP
憩「紅茶でよかった?」

照「あ、はい」

憩「砂糖とミルクは?」

照「お願いします」キリッ

憩(一瞬気迫が……)

憩「それで、今日はどないしたんですか?」カチャ

照「えっと……それが……」カチャカチャ


照の相談事
>>11

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:03:48.99 ID:B0MamZU/0
動かなくなった妹の処理

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:10:44.94 ID:GZwL26UQP
照「動かなくなってしまって……」

憩「え? 何が動かなくなったん?」

照「妹が」

憩「」

憩(ど、どういう意味なんやろ……)

憩「あの……手がしびれて動かなくなったとか……」

照「ううん、妹が動かなくなったので、どうすればいいのかと」

憩「……ごめんなぁ、ちょっと理解が追いつかへんから待って」

憩「………………うん、まずどういう状況で妹さんは動かなくなったん?」

照「え……それは……」モジモジ

憩「それがわからんと、こっちも何を言ってええのかわからないんよ」

照「…………たら」ボソ

憩「ん?」

照「その……24時間耐久ペッティングしてたら///」

憩「」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:17:09.59 ID:GZwL26UQP
憩「い、いつ動かなくなったん?」

照「えっと、さっきいくら呼んでも反応がないことに気づいて……」

憩「ど、どこに妹さんは!?」

照「すぐそこの龍門渕ホテルに……」

憩(宮永さんが来たんが3、4分前……龍門渕ホテルはこっから10分かからへん……)

憩「宮永さん! 急いで案内して!」

照「え……あ、はい!」

憩(まだ間に合うかもしれん……急がんと!)ダダダダ


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


憩「な、なんとか……」フゥ

照「あの、ありがとうございます」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:22:41.64 ID:GZwL26UQP
憩「あんな、宮永さん……二人でそういうことをすることは、別に問題ないんよ?」

憩「でもな、する時はちゃんと相手のことを考えてやらんと……」

憩「宮永さんも、こないなことで大切な人を失うなんて嫌でしょぅ?」

照「すみませんでした……」

憩「今度からはちゃんと節度ある夜の生活をしてちょーだい」

照「はい……」

憩「ほな、妹さんが待っとるやろうし、ここでお別れやね」

照「本当にありがとうございました!」ペッコリン

憩「ほなな~」


次の訪問者
>>22

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:24:29.80 ID:/9V07FyjP
モモ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:29:52.26 ID:GZwL26UQP
コンコン

憩「はーい、どうぞー」

ガチャ

憩「……あれ?」

憩(ドアがひとりでに?)

憩(うーん……幽霊さんがなに相談に来たんやろ?)

憩(生前恨みを持ってた人に復讐するなんていうのやったら嫌やなぁ)

「ここっす! ここっすよ!!」ダンダン

憩「ひゃ!?」ビク

モモ「やった気づいてもらえたっす……はぁ」

憩「ゆ、幽霊さん?」

モモ「私はれっきとした女子高生っす!」

憩「そ、そうやったん……ごめんなぁ」

モモ「いえ、慣れてるっすから……」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:32:15.13 ID:GZwL26UQP
憩「とりあえずそこに座って、今お茶入れたるから」

モモ「いえ、お構いなく」

憩「それで、今日はどないしたんですか?」コポコポ

モモ「実は、>>30

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:34:23.09 ID:FgISQIZ/0
露出が癖になってやめられない

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:43:11.59 ID:GZwL26UQP
モモ「露出が癖になってやめられないんす……」

憩「えっと……露出って、その……」

モモ「人がいるところで、スカート脱いだり……胸を出してみたり……」

モモ「たまに全裸になったりするっす……」

憩「人がいるところで!?」

モモ「私は存在感が薄いらしくて、脱いで街中を歩いてても、さっきの荒川さんみたいに私に気づく人がいないんす」

憩「あぁ、そやったんか……」

モモ「それで……その、最初は気づいてもらえるかと思って、ちょっとスカートめくってみたりするだけだったんすけど……」

モモ「それでも気づいてもらえないってことがわかって、それで過激にしていったら、気づくと露出そのものが癖になってしまって……」

モモ「私……私、どうしたらいいんすか?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:50:04.04 ID:GZwL26UQP
憩「ちょっと聞きたいんやけど、なんでその趣味を治したいと思ったん?」

憩「バレないんやったら、正直言って問題はないと思うんやけど……」

モモ「……好きな人が、出来たんす」

憩「あら」

モモ「それで、もしその人にこんな趣味がバレてしまったら……」

モモ「その人に嫌われちゃったら、私はもう、生きていけないっす……」ポロポロ

憩「なるほどなぁ……」

憩「なぁ、その、露出してる時はどういう感じなん?」

モモ「え?」

憩「気持ちいいとか、エッチな気分になるとか」

モモ「えっと……///」

憩「ちょっと聞きづらいんやけど……露出してるとき、シたりするん?」

モモ「…………///」コクン

憩「ふんふむ……わかったで」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:59:07.88 ID:GZwL26UQP
モモ「え?」

憩「なぁ、もしかしてその好きな人とは、まだ恋人の関係にないんとちゃうん?」

モモ「!……そのとおりっす」

憩「せやったらな、まずはその人に告白してみたらどうやろ」

モモ「え!?」

憩「モモちゃんの露出願望は、普通の人の露出願望とはちょっと違う気がするんよ」

憩「バレたらどうしよう……っていう背徳感もあるんやろうけど、誰かに見て欲しいっていう気持ちも少なからずあるんとちゃう?」

モモ「それは……」

憩「その好きな人と結ばれて、その人がモモちゃんのことを見てくれるようになったら、露出願望もちょっとは治まるかもしれへんよ?」

モモ「そうっすかね……」

憩「それにな、恋人同士になれば……エッチなこともしてもらえるんやない?」

モモ「え、えっち……先輩と……///」

39: >>38 安価しだいでは部屋にあるベッドも活躍しますがね 2013/04/12(金) 22:02:17.65 ID:GZwL26UQP
憩「気持ちいいことしてもらって満たされれば、趣味の方ももっとよくなると思うんやけど」

モモ「そ、そうっすかね///」

憩「女は度胸! なんでもやってみんと!」

モモ「はい! や、やってみるっす!」

憩「がんばってな!」

モモ「はい、ありがとうございました!」

バタン

憩(なかなかハードな案件やったね……)

憩(さて、次はどんな人やろ)

>>43

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:04:44.53 ID:2CtBf3Vk0

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:08:03.94 ID:GZwL26UQP
菫「失礼します」

憩「あら、白糸台の……」

菫「あなたは……荒川さん」

憩「今日は先客万来やねー、ささ、そこの椅子に腰掛けたってください」

菫「あ、はい」

憩「で、今日はどないしたんですか?」

菫「その……実はですね……」

>>47

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:08:40.86 ID:OSF04LyPP
彼女の体感温度に合わせられない

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:18:16.27 ID:GZwL26UQP
菫「その、今付き合ってる彼女がいるんですが、その人がとても寒がりで……」

菫「なんとか彼女が寒くないように、色々と手を打ってはいるんですが、同じ部屋にいるとどうしても暖房をつける必要が出てきてしまうんです」

菫「そうすると彼女は快適そうなんですが、こっちが暑くて暑くて……」

菫「ずっと我慢してるんですが、どうにも辛くて」

菫「どうしたらいいんでしょうか?」

憩「うーん、難しいなぁ」

憩「話からすると、彼女さんはできる限りの防寒対策はしてるってことだと思うんやけど」

菫「はい、いつも真冬並みに着込んでます」

憩「そうなってくると……残念やけど、二人の相性が良くなかったってことに……」

菫「そんな! 私と宥はお互いに!」

憩「それはわかってるんですよ? せやけど、心のつながりだけやとどうにもならん事っていうのは、確かにあるんですよぅ」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:23:01.83 ID:GZwL26UQP
菫「それじゃあ……解決策はないってことですか?」

憩「……ないわけやないですね」

菫「! ど、どうすれば!」ガタッ

憩「でも、その方法を実行すると、もう後戻りできなくなりますよ?」

憩「彼女と同じように、寒さに震えながら生活してことに」

菫「私は一向に構いません!」

憩「せやけど、もしもその彼女さんと……その、分かれるようなことになったら」

菫「ありえません、大丈夫です」

憩「……本当に、ええんですね?」

菫「はい、彼女と共に歩むため……腹は決まってます」

憩「分かりました……ちょっとまっとってください」

ピッピッピ
プルルルル プルルルル

憩「あ、もしもし? 荒川です。 お久しぶりです赤阪さん」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:28:56.20 ID:GZwL26UQP
憩(大変なことをしてしまった気が……まぁ本人も望んでたことやし)

コンコン

憩「どうぞー」

>>57

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:31:51.51 ID:geYssScW0
ひつじ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:36:24.50 ID:GZwL26UQP
仁美「こんばんは」

憩「はい、こんばんは」

仁美「なんでも相談聞いてくれるっていうのは、ここでよかと?」

憩「はい、安心と信頼の荒川クリニックはここのことですよーぅ」

憩「それで、今日はどないしたんですか?」

>>64

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:45:14.48 ID:xuRchLY50
政治が悪い

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:56:10.96 ID:GZwL26UQP
仁美「日本の政治の気がかりで、麻雀にしきらん……」

憩「はい?」

仁美「麻雀ば打っとると、最近の政局の混乱ばかり頭をよぎって……」

憩「あの……」

仁美「だいたい今ん野党はなんば考えとると!」バン

憩「ひっ」ビク

仁美「そもそも与党の頃から……」クドクド

憩(こ、ここは弁舌をうつところじゃないですよーぅ……)


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


仁美「ふぅ、すっきりしたばい」

憩「それは……よかったです」

仁美「ほいじゃ帰るけん、ありがとう」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:58:58.45 ID:GZwL26UQP
憩「お気を付けてくださいね」

バタン

憩(結局話を聞いてるだけやったのに、なんやろ、この疲労感……)

コンコン

憩「どうぞー……」

>>73

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:01:29.16 ID:Dzfxj3ke0
高校時代の制服を着たアラフォー

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:05:02.92 ID:GZwL26UQP
健夜「失礼します」ガチャ

憩「……えっと、あれ?」

健夜「……///」モジモジ

憩「あの……なんか小鍛冶プロにそっくりですね」

健夜「あ、の……本人です」

憩「あぁ……せやったんですか……」

健夜「……」

憩「……」

憩「あの……」

健夜「はい」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:07:05.33 ID:GZwL26UQP
憩「なんで……制服……」

健夜「……」

憩「……」

健夜「……今日伺ったのはほかでもありません」

憩(スルーされた……)

健夜「実は……>>81

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:08:12.47 ID:xuRchLY50
こーこちゃんが寝取られそう

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:16:44.97 ID:GZwL26UQP
健夜「こーこちゃんがNTRそうなんです……」

憩「こーこちゃん……あぁ、福与アナのことですか?」

健夜「はい……」

健夜「最近帰りが遅いなぁと思ってたら、どうも他のプロと取材と称して飲んだくれているみたいで……」

健夜「一昨日なんかは、はy……そのプロの家に泊まって朝帰りしてきたんです」

憩「それは……お気の毒に……」

健夜「そのプロを、二度と麻雀ができないように打ちのめしてやろうと思ったんですが、それでこーこちゃんに嫌われては、元も子もないし」

憩「」ゾクッ

健夜「それで、私には何が足りないのか考えて……若さなのかなぁ、と」

健夜「だからこうやって制服を着て、こーこちゃんを出迎えたんですが……」

健夜「帰ってくるなり『うわぁ……すこやん、ちょっとキツいよ……』って言われてしまって」

憩(確かに)

健夜「もう……どうすればいいのか……」ポロポロ

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:26:10.38 ID:GZwL26UQP
憩「えっと……福与アナは、小鍛冶プロに何か不満なこととかを漏らしたことは?」

健夜「不満なこと……特言われたことはない、かな」

健夜「……あ、そういえば」

憩「なんですか?」

健夜「いや……その……///」

憩(この格好で恥じらわれると……)

健夜「その……『すこやんって、マグロだよね』って言われたことが……」

憩「はぁ……つまり福与アナは夜の生活に不満があるってことで?」

健夜「いえ、わかりませんけど……」

憩「……なら、ちょっとした考えがあります」

健夜「な、なんですか!?」

憩「ここに、まぁ媚薬みたいなものがあるんですけど」コト

憩「明日の夜にでも、これを福与アナに飲ませたってください」

憩「で、発情した福与アナを、小鍛冶プロが可愛がってあげるんです」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:32:14.75 ID:GZwL26UQP
健夜「か、可愛がる……私が、こーこちゃんを……///」

健夜「あ、でも……私どうやったらいいかなんてさっぱり……」

憩「大丈夫です……ほら、そこにベッドがあるんで」

憩「私が朝まで、やり方を教えたりますから……」

健夜「え!?」

憩「手とり足取り……ね?」ニコ

健夜「そ、そんな……私は……」

憩「って言うんは冗談で、ここにやり方の本がありますから、これ見て勉強すれば大丈夫ですよーぅ」

健夜「え!? あ、はい……ありがとう、ございます……」

憩(この人の濡れ場とか誰得やろうしね)

健夜「じゃあ、失礼します。ありがとうございました」ペコ

憩「彼女さんしっかり悦ばせたってくださいねー」

憩(まさかあの小鍛冶プロがこんな相談に来るとは……何が起こるかわからないもんやね)

>>95

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:34:06.28 ID:yGcoIvPY0
まこ

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:39:24.86 ID:GZwL26UQP
まこ「荒川クリニックちゅうんは、ここでええんかいのう?」

憩「はい、ここで間違いありませんよーぅ」

憩「きょうはどうなさったんですか?」

まこ「実はのぅ……>>103

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:39:35.23 ID:Bm9rugmZ0
スタンド能力に目覚めた

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:45:40.27 ID:GZwL26UQP
まこ「この間、妙な……矢尻みたいなもんで怪我してしもうたんじゃが……そのあとで妙な力が使えるようになっての」

憩「妙な力?」

まこ「こんなふうに、の」









憩「あれ? さっきの人は……?」

憩(な、なんだったんやろ……)

>>110

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:46:18.87 ID:xwvPuXB40

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:51:30.59 ID:GZwL26UQP
淡「こんばんはー!」

憩「えらい元気のいいお客さんやね、こんばんは」

淡「あれ? 個人戦でテルの次に強かった人ですよね?」

憩「まぁ、そうやね」

淡「そっかぁ、でもま、私のほうが強いんですけどね!」

憩「なんか悩みがなさそうに見えるのは気のせいなんやろか?」

淡「あ! そーだ、聞きてくださいよ!実は>>120

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:56:13.32 ID:nKOXpNLV0
前世の彼女が同級生の巫女とイチャイチャしてる

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:06:18.68 ID:u8cbqqEyP
淡「私、インハイで前世の彼女と偶然再会したんですよ!」

憩「え? はぁ……」

淡「それでまた一緒に愛を育もうとしたら、その娘の幼馴染だとかいう女が現れて、私の恋人とイチャイチャし始めたんです!」

憩「そうなんや……大変やね」

淡「どうしたらいいんですかコレ! もう私我慢できませんよ!」バンバン

憩「そ、そっか……そうやな……」

憩「その、相手の娘は前世?のこと、覚えとるん?」

淡「それが全然、すっかり忘れちゃったみたいで」

憩(あかん……ついにホンモノが……)

憩(どうしたらええんやろ……うーん……)

憩「じゃあ、まずはその前世の恋人さんに、記憶を取り戻してもらうことが先決やね」

憩「向こうもまだ準備が出来てない状態なんやろうし、じっくり時間をかけて関係を育まんと」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:12:36.84 ID:u8cbqqEyP
淡「……そうですね、穏乃だってまだ思い出してないだけで、記憶が戻れば私のことだって」

淡「ありがとうございます! とりあえず穏乃と普通に仲良くなるところから始めます!」

憩「がんばりやー」

バタン

憩「……行った、な」

憩(穏乃ってゆうとったな……高鴨ちゃんのことやったんか)

憩(ごめんなぁ……もっと平和的な解決方法があったかもしれへんのに)ホロリ

次の人>>136

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:14:18.54 ID:mMp/OjA70
小蒔

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:27:27.95 ID:u8cbqqEyP
小蒔「こ、こんばんは」ガチャ

憩「こんばんはー……えらい可愛いのが来たなぁ」

小蒔「あ、あの……悩み事を聞いてくれるって伺ったんですけど」

憩「あってますよーぅ、あ、そこに腰掛けてくださいね」

憩「で、今日はどうなさったんですか?」

小蒔「えっと……>>145

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:30:12.17 ID:oLjttI6i0
あなたに恋してしまいました///

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:40:54.04 ID:u8cbqqEyP
小蒔「個人戦で見た時から……その……」モジモジ

憩「ん?」

小蒔「あ、荒川さんの事が好きです! つつ、付き合ってください!」

憩「」

小蒔「……」ドキドキ

憩(どういうことや……これは……)

憩(去年同卓したことはあるけど、まともに会話したことはないはずや……)

憩(なのになんでいきなりこんなことに……)

憩「えっと……気持ちは嬉しいんやけど……」

小蒔「」ビクッ

憩「私たち、まだお互いのことを知らんよね? せやから……」

小蒔「ぅっ……」ポロ

憩「うっ」タジ

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:44:10.77 ID:u8cbqqEyP
憩(こ、これは……どないしたら……)

>>160
?@ 小蒔ちゃんに神様が降りてきて、憩ちゃんの貞操が散る(この場合、小蒔ちゃんで最後)
?A 優しく慰めて送り出す(次の訪問者へ)

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:46:52.34 ID:oLjttI6i0
1→2

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:59:27.10 ID:u8cbqqEyP
憩「あの……ゴメンな……せやけど」

小蒔「…………」

憩「友達からっていうことなら……」


その時、下を向いていた彼女の顔が上がり、私の方を見た。
瞬間、体が凍りつく。

違う
コレは、さっきまで会話していた娘じゃない――

考えるより先に体が反応する。
この場から離れなければ。
なぜ離れなければいけないのか、自分でもわからない。
ただ、震えながらも足はドアを目指して動く。

そして、手がドアノブに届く。


ガギン


憩「あ、あかへん!?」


何度も何度もドアノブをひねる。
しかし、一向に回る素振りを見せない。

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:14:06.62 ID:u8cbqqEyP
必死にドアを開けようとしていたために気づかなかった。
すぐ後ろ、息がかかるほどの背後に、ソレが迫っていることに。

背中に柔らかい感触が当たる。
それが何なのか、すぐには分からなかった。
しかし、腰に回された手によって、すぐにその正体を知ることとなる。
人によっては、この感触が天国のように思えるかもしれない。
しかし、今の私にとっては、これは恐怖そのものだった。


憩「ひっ」


首筋に生暖かく、湿ったモノが当たる。
ソレはそのまま上へ登ってゆき、私の耳朶にたどり着いた。

ねっとりとしゃぶりつくように、耳を口に含まれる。
これから何をされるのか、それを私に理解させようとするかのような動き。

私は動けなかった。
恐怖で体が凍りついていた? 凄まじい力で押さえ込まれていた?

違う。
これは、まるで私の脳からの電気信号が、首のところでプッツリと切れてしまっているかのような……
そう、金縛りと呼ぶのが一番近い気がする。

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:27:42.56 ID:u8cbqqEyP
そんなことを考えているうちに、さっきまで腰に当てられていた手が下に降りてくる。
手はスカートの中に侵入し、太ももの内側を優しく撫でる。
ゾクっとした感覚が、腰を痺れさせる。
こんな感覚は初めてだった。
いったい私は、どうなってしまったのだろう。

反対の手は上へ上がり、ボタンを外して胸部へ滑り込む。
ブラの下から侵入した指は、頂点には触れずに、その周りを人差し指でなぞり始めた。
先端が充血してゆくのがわかる。

おかしい。
耳も、胸も、下半身も……とにかく体の全てが敏感になってしまっている。
興奮しているから、という感じではない。
まるで、何かの薬品を投与されているかのような。

そんなことを考えている間にも、ソレの行為は進んでいく。
舌は耳をしゃぶるだけでは飽き足らず、穴の中にまで侵入しようとしてくる。
太ももを愛撫していた手は徐々に秘部へと近づいてくる。
その手を阻もうと足を閉じようとするが、体が言うことを聞かない。
秘部に触れられてしまう……そう思って身構えたときだった。

胸の先端から、衝撃が走った。

その衝撃は子宮へと到達し、性器全体を収縮させる。
体が真っ白に塗りつぶされていくようで、何も考えられなくなる。
思考を続けられず、自分が今立っているのか座っているのかわからなくなり、そして――

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:33:45.29 ID:u8cbqqEyP
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まこ「キングクリムゾンッッ!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:41:24.50 ID:u8cbqqEyP
小蒔「うーん……ここは……」

小蒔「いひゃ!?」ビク

小蒔「あ、荒川さん! ななななんで裸なんですかっ!?」

憩「う……ん……」

憩「よかった……戻ったんやね……」

小蒔「戻った……?」

憩「とりあえず……また今度連絡するから……今日はもう」

小蒔「はい……分かりました、けど……大丈夫ですか?」

憩「ちょっと、疲れただけやし……大丈夫」

小蒔「えっと……あ! もうこんな時間!」

小蒔「す、すみません! また今度!」

憩「はーい……」

バタン

憩(し、死ぬかとおも……た……)

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:43:14.12 ID:u8cbqqEyP
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


憩(もうクタクタ……今日はこれで店じまいですよーぅ……っと)

ガチャ

>>180「あの……」

憩(……しゃあない、最後のお客さんやね)

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:46:36.71 ID:3YYao2z8O
ハギヨシ

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:51:16.69 ID:u8cbqqEyP
憩「あれ……珍しいお客さんですね」

憩(えらいイケメンさんやね、身なりもキチッとしとるし)

ハギヨシ「そうなのですか?」

憩「ええ、基本的に女性しかきたことがないので……あ、男性がダメっていうわけやないですよ?」

ハギヨシ「そうですか、それを聞いて安心しました」

憩「まぁ、腰掛けてください」

ハギヨシ「ありがとうございます」

憩「それで、どないしたんですか?」

ハギヨシ「それが、大変申し上げにくいことなのですが……>>186

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:52:25.62 ID:8pl0oEdk0
和と付き合っていることを京太郎くんにナイショにしている

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 02:06:45.06 ID:u8cbqqEyP
ハギヨシ「少し年の離れた友人がひとり居るのですが、実は彼が恋心を抱いている女性と、彼には秘密でお付き合いをさせていただいていまして……」

憩(うわー、昼ドラ級確定のドロドロがぁ……)

ハギヨシ「私はこのまま彼に秘密にしておくべきなのか、それとも彼に真実を話すべきなのか……」

憩「うーん……隠し通すとして、そのことは一生……とは行かなくても、その友人がスッパリ貴女の彼女さんを諦めるまで、隠し通せるんですか?」

ハギヨシ「……それは」

憩「もしもいつかバレてしまう、隠し通せなくなる時が来るというなら、今のうちに言っておいたほうがええと思いますけど」

ハギヨシ「……」

憩「友情を大切にしたい気持ちはわかりますけど、友人が隠れて思い日とと付き合っていたってこと、知るのが遅ければ遅いほど、残酷な傷跡を残すことになると思いますよ?」

ハギヨシ「そう……ですね……」

ハギヨシ「心は決まりました、ありがとうございます」

憩「いーえ、あんまりお力になれませんで」

ハギヨシ「いえ、貴女のアドバイスで、為さなければならないことが分かりました」

ハギヨシ「本当に、ありがとうございました」

バタン

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 02:08:33.14 ID:u8cbqqEyP
憩(疲れた……今日はかつてないほどハードやった……)

憩(もう帰るのもしんどいし……朝までここで寝ていこ……)

憩(おやす……み……)




195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 02:12:04.31 ID:u8cbqqEyP
小蒔ちゃん書いてて思ったけど、レズレイプものもいいなぁと思いました
でもカプ?が思いつかないからやっぱ無理だった

おやすみ

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 02:08:58.40 ID:mMp/OjA70

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 02:09:52.90 ID:T3/JjSnS0
そもそもホモじゃなかったか

乙です

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 02:28:13.65 ID:PwtjJ13f0
おつおつ