2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:27:02.79 ID:/FX8Fzci0
咲「なんかいいよね、リザベーションって」

一「リザベーションって新道寺のダブルエースのあれ?」

咲「うん。あの鎖につながれる感じが何とも……」

一「く、鎖!? 何それ!?」

咲「えっ……はじめちゃん見えないの? リザベーション発動させる時、白水さん鎖に繋がれるじゃんか」

一「いやつながれないよ! 麻雀中に鎖なんて意味分からないし……」

咲「でもそういうはじめちゃんだって対局中腕に鎖つけてるよね」

一「それとこれとは話が別だって!」

咲「えー」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:28:20.54 ID:/FX8Fzci0
咲「じゃあどうしてはじめちゃんは鎖を付けて麻雀打つの?」

一「そ、それは……」

咲「リザベーション身に付けようとしてるんじゃないの? 団体戦だとはじめちゃんの次りゅーもんさんだし」

一「違うよ! これはイカサマ防止で……」

咲「ああ、『手品』ってやつ?」

一「う、うん。といっても、実際にやったのは小学生の時の話なんだけど……」

咲「でもそんなの付けててもイカサマくらいできるよね」

一「まあそうなんだけどそれ透華には言わないでおいてね……」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:30:17.31 ID:/FX8Fzci0
咲「……って、話をはぐらかしちゃ駄目だよはじめちゃん。今はリザベーションの話だから」

一「い、いや、ボクの腕の鎖の話は咲ちゃんが振った話題でしょ?」

咲「そんなわけでリザベーションやってみない?」

一「『やってみない?』って言われても……どうするの?」

咲「まずはじめちゃんが対局してリザベーション発動する。その後私が……」

一「ちょ、ちょっと待ってよ! さらっと『発動する』って言われても無茶振り過ぎるってば!」

咲「えー? じゃあ私がリザベーションを発動させる側?」

一「で……出来るの?」

咲「そりゃ出来るでしょ、あんな児戯くらい」

一「児戯って……」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:31:56.89 ID:/FX8Fzci0
一「まぁ……出来るというのなら付き合ってあげてもいいけど、でも……」

咲「ほんと!? はじめちゃん大好きー ぎゅーっ」ギューッ

一「わわっ! 急に抱きつかないでよ!」

咲「ごめん……嫌だった?」

一「い、嫌じゃないけどさ……」

咲「わーい えへへー」

一「そんなことより! 相手はどうするのさ」

咲「誰が相手でも私とはじめちゃんが組めば負けないよ?」

一「いや勝ち負けの問題じゃなくて……」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:33:27.26 ID:/FX8Fzci0
一「リザベーション使うならボクたち以外に最低三人必要だよね」

咲「なんで?」

一「何でって……一戦目は咲ちゃんが打ってリザベーションして、二戦目ボクが打ってその恩恵を受けるんでしょ?」

咲「嫌だよ。私ははじめちゃんと一緒に打ちたい!」

一「そ、それでも大丈夫なのかな。それでちゃんと効果があるなら一緒でもいいけどさ」

咲「うんうん。ところでちょっとこの動画見てよ」

一「ん、何これ……新道寺の控え室? これは鶴田さんか」

咲「ここで対局室では白水さんがリザベーション発動するんだけど……」

一「えっ、何!? 鶴田さんがビビクンってなってるよ!?」

咲「うん」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:35:04.08 ID:/FX8Fzci0
咲「さっきさ、リザベーション発動した時に白水さんが鎖に繋がれてるって話をしたよね」

一「うん、まぁ……」

咲「どうやらその時の感覚が鶴姫さんにも伝わるみたいなんだよね」

一「えっ……」

咲「だから私がリザベーション使ったらはじめちゃんもこうなるんだよ」

一「ちょ、ちょっと待って! それじゃボク、対局中にビクンビクンしちゃの!?」

咲「そうだよ。楽しみだなぁ……」

一「楽しみじゃないよ! 絶対嫌だからね!」

咲「えー……」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:37:32.63 ID:/FX8Fzci0
咲「それじゃリザベーション計画は断念か……しゅん……」

一「だ、駄目なものは駄目だからね」

咲「はじめちゃんなら快く引き受けてくれると思ったのになぁ……駄目か……」チラッ

一「…………」

咲「つまんないなぁ……やりたかったのになぁ……」チラッチラッ

一「こっちをちらちら見ないの!」

咲「むすー」ムスーッ

一「あーもう……」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:39:11.50 ID:/FX8Fzci0
一「……はぁ。分かったよ」

咲「えっ?」

一「リザベーション自体はいいよ。でも一緒に打つのは嫌だからね」

咲「それってつまり……どういうこと?」

一「まずは咲ちゃんが半荘打つ。その間ボクは人目に付かないところに隠れてるから、終わったら呼んで」

咲「えー? それだとはじめちゃんのビビクン姿が……」

一「そんなの絶対見せないからね!!」

咲「ぶーぶー そんなのつまんないー」

一「これ以上の譲歩は無いから!」

咲「ちぇっ、分かったよう……」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:40:28.44 ID:/FX8Fzci0
一「それで、面子の問題がまだ解決してないけど……」

咲「それなら清澄と龍門渕で交流戦やればいいんじゃない?」

一「交流戦かぁ」

咲「それじゃ次の日曜日、みんなで龍門渕に遊びに行くから。ちゃんとりゅーもんさんに話しておいてね!」

一「えっ、ちょ、ちょっと咲ちゃん!」

咲「私そろそろ帰るから。ばいばいはじめちゃん!」

一「う、うん。ばいばい……」


一(そんな急な話……大丈夫かな?)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:42:04.56 ID:/FX8Fzci0
透華「いいですわよ」

一「そっか、良かった」

透華「その日は衣とファミレスに行く予定でしたが、そっちは中止にしますわ」

一「えっ、ちょ、ちょっと透華! それは……」

透華「問題ありませんわ! 私は久々にのどっちと打ちたい気分ですのよ!」

一「だから衣が……」

透華「衣の事なら心配要りませんわ。ファミレスなんていつでも行けますし……」

衣「……トーカ、衣との約束を破るのか?」

透華「こ、衣っ!? 居りましたの!?」

一(まったくもう。透華ってば原村さんが絡むと周りが見えなくなるんだから……)

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:44:06.22 ID:/FX8Fzci0
衣「楽しみにしてたのに……トーカは衣に嘘を吐いたのだな……」

透華「ほ、ほら! 原村和も宮永さんもいらっしゃいますわよ!?」

衣「ハミレス……」グズ

一「あーあ。どうするのさ透華」

透華「こ、これはその……」

純「それなら清澄の連中も一緒にファミレスに誘えばいいんじゃねーのか?」

透華「!! それですわ!」

衣「……ののかや咲たちと一緒にハミレス? いいのか!?」

透華「当然ですわ。私は最初からそのつもりで……」

智紀「いや、さっき透華はファミレス中止って言ってた……」

透華「うるさいですわ!」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:46:24.39 ID:/FX8Fzci0
一「というわけなんだけど」

咲『ファミレスかぁ……うん。たぶん大丈夫だよ』

一「良かった。それじゃそろそろ電話切るよ」

咲『うん。今度の日曜楽しみだね』

一「うん、またねー」ピッ


透華「……随分と仲が良さそうですわね」

一「わぁっ、透華!?」

透華「私知ってますわよ。あなた最近、宮永さんと共にどこかへ出かけておりますわね?」

一「うっ……ば、ばれてたんだ……」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:48:09.01 ID:/FX8Fzci0
透華「私は不安ですわ。あなたが宮永さんのところへ行ってしまうのではないかと……」

一「それは無いよ。ボクは透華のメイドだから……」

透華「あら。別に無理をして私のメイドを続ける必要はありませんのよ?」

一「それは……確かにそうかもしれないけど……」

透華「いいですわよ。私は一が幸せならそれで……」

一「透華……」

透華「ですが、一が清澄に転校してしまったら龍門渕は団体戦に出れませんわ!」

一「えっ?」

透華「ですから来年の大会までは離れないでくださいまし! 確かに清澄も来年は部長さんが居なくなりますけれど……」

一「た、単なる団体戦のメンバーとしてボクが必要ってだけなの!?」

透華「当然ですわ! 来年は龍門渕が再びインハイに出場するんですのよ!」

一「そうなんだ……ボクのことそういう風に見てたんだ……」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:49:53.08 ID:/FX8Fzci0
透華「ふふっ……なんて、冗談ですわ」

一「冗談なの!?」

透華「ふふっ。たとえどこへ行ったとしても、私たちといい友達で居てくださいましね」

一「うっ……その台詞、何かずるいよ……」

透華「ずるくて結構ですわよ。私は一を手放したくありませんから……それではおやすみなさいまし」

一「う、うん。おやすみ」


一(ごめんね透華。それでもボクは咲ちゃんを選……)

一「……ん? メールだ」


『はじめちゃんと姫はじめしたい……なーんちゃって! From咲』


一(……ぼうかどうしよっか迷うなー)

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:52:06.50 ID:/FX8Fzci0
日曜日――


純「はぁー、食った食った」

衣「ハミレス楽しかったな!」

咲(久しぶりの衣ちゃんはかわいいなぁ……持って帰りたい……)

透華「満足そうで何よりですわ。やはり衣の幸せが一番ですわね」

一「よく言うよ……」

優希「うむ。楽しいという表現が正しいのかどうか分からないが、満足なのは確かだじぇ!」

久「わざわざファミレスなんて……と思ってたけど、たまにはいいものね」

まこ「ほうじゃのう。支払いもあちらさん持ちじゃしな」

和「そうですね。たまにはこういうのも悪くないです……」

咲「うんうん。よし、それじゃ解散だね!」

一「えっ!?」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:53:57.24 ID:/FX8Fzci0
一「ちょちょ、ちょっと待ってよ咲ちゃん!」

咲「ん?」

一「えっと、麻雀は……?」

咲「麻雀……あっ、忘れてた」

一「なんでさ! 咲ちゃんにとってはそっちがメインのはずでしょ!?」

和(……『咲ちゃん』?)

咲「えへへ、ごめんね。みんな、ちょっといいかな……」

優希「なんだ、麻雀勝負か?」

久「龍門渕からただのお食事の誘いなんておかしいと思ってたのよねぇ」

まこ「そうじゃな。こうなると思っちょったわ」

和「私は少々用事が……」

透華「ありませんわよね、のどっち!」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:55:14.63 ID:/FX8Fzci0
和「ふぅ……まあいいでしょう。咲さんにも困ったものですね」

咲「えへへ」

和「ところで咲さん。どうして国広さんがあなたを『咲ちゃん』と親しげに呼ぶのですか?」

咲「え、えっ?」ドキッ

優希「なんだのどちゃん、知らなかったのか? 最近たまに咲ちゃんが部に顔を出さなかったのは……」

久「しっ。駄目よ優希……」

優希「えっ……」

和「はぁ、なるほど。そうですか。私にだけ内緒で国広さんに会いに行ってたんですね」

咲「べ、別にいつもはじめちゃんに会いに行ってたわけじゃないよ? むしろ頻度的には少ないくらいで……」

和「どうして私にだけは秘密だったんですか? 何かやましいことでも?」

咲「それはえーっと……」

咲(うう、めんどくさいことになったなぁ……)

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 21:58:05.51 ID:/FX8Fzci0
透華「そ、そんな事より麻雀ですわ!」

一「そ、そうだね。急がないと暗くなっちゃうよ」

和「まだ正午になってませんが……まあいいでしょう。咲さんには後でじっくり話を聞きます」

咲「う、うん……」

一(原村さん怖いなぁ……これはボクにとっての透華以上に厄介そうだ……)


衣「トーカたち、どうしたのだ? 先刻から歩くペースが遅いぞー」

智紀「日が暮れてしまう」

咲「ごめんごめん、ちょっと作戦会議を……」

純「へー。透華や国広くんも交えての作戦会議か?」

透華「いろいろ事情があるんですのよ!」

一「事情というか、情事というかね……」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:00:38.96 ID:/FX8Fzci0
龍門渕高校・麻雀部部室――

咲「うーん、何だか久しぶりだなぁ」

透華「そんなに前ではありませんわよ……」

和「……久しぶりってどういうことですか咲さん。龍門渕の部室は初めてじゃないんですか?」

咲「あっ……し、しまった……」

和「なるほど。ここで国広さんと仲良く麻雀を打っていたと」

咲「い、いや……仲良くなったのはここで麻雀を打った後だったけど……」

衣「ののか、機嫌悪そうだがどうかしたのか?」

和「何でもありません!!」

衣「え……」グズ

和「あ、ああいえ……どうもしませんよ」

優希「今日ののどちゃんはおっかないじぇ……」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:04:06.91 ID:/FX8Fzci0
純「よし。清澄の大将、この前は酷い目に遭ったが今度は負けないぜ?」

一「ボクは咲ちゃんに勝てる気しないから一緒は遠慮しておくよ……」

咲「えーっやだ! はじめちゃんと一緒に打ちたい!」

一「いやそれは駄目だって言ったでしょ!」

咲「あっ、そうだった……」

透華「ど、どうしてそこまで頑なに否定しますの?」

和「今の二人のやり取り……どこかで談合していた可能性が高いですね……」

咲「な、何も理由なんてないよー。談合もしてないよー」

一(ついつい大声出しちゃった……まったく咲ちゃんってば……)

一(まぁともかくこれでやっと本筋、リザベーションに入れるよ)

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:06:26.98 ID:/FX8Fzci0
咲「あのさ、今回は10万点持ちスタートにしない?」

透華「どうしてですの?」

咲「だって25000点じゃすぐ飛んでつまらないし」

透華「なっ……!」

衣「それもそうだなー」

咲「だよねー なでなで」ナデナデ

衣「な、何故そこで衣を撫でる!? やめろー!」

久「さすが魔物たちは言うことが違うわね……」

智紀「確かに衣なら25000点くらいわけない」

純「にしても10万点ってのはなぁ……」

一(なるほど。咲ちゃんなら高いリザベーションが期待できるし、25000点じゃ物足りないか……)

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:08:27.43 ID:/FX8Fzci0
咲「よーし、それじゃ始めようか」

純「まずはオレがやるぜ」

優希「むっ。ならば私も参加せねばなるまい!」

智紀「私も打つ……」

衣「あれ、衣は……」

透華「ふふ。今回は特別に雀卓をもう一つ用意しましたわ。これで残ったメンバーも打てますわよ!」

まこ「ほう、気が利くのう」

衣「わーい! 一緒に遊ぼうののかー!」

和「はい。いいですよ」

一(っと、対局が始まっちゃう。早いとこどこかに隠れないと……)トテトテ

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:11:02.07 ID:/FX8Fzci0
東:宮永咲 南:沢村智紀 西:井上純 北:片岡優希

東一局 親:宮永咲
咲:100000 智紀:100000 純:100000 優希:100000


純「あれ? タコス女が北家なんて珍しいな」

優希「……咲ちゃん」

咲「ん?」

優希「私の起家を取らないで欲しいじぇ!」

咲「あーごめん、ちょっと気持ちがはやっちゃってつい……」

優希「つい、じゃないじょ……」

咲「まあまあ、親は平等に回ってくるよ。10万点あるしたぶん」

智紀「たぶん……?」

咲(そんなことよりリザベーションだよ。一度牌を伏せるんだっけ?)パタン

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:12:16.32 ID:/FX8Fzci0
咲(まずは……リザベーション1!)ガシャン

咲(おー、これはまさしく鎖……1だから一箇所だね)


別室――

一「っ!」ビクッ

一(この感じ……鎖? ってことは咲ちゃん、本当にリザベーションしたの!?)


咲「んー、こんな感じなのかなぁ」

咲(思った以上にあっさり出来ちゃうもんだなー)

咲(あーしまった。ここは2飜で和了るし、どうせならリザベーション2にしておけば良かった)

咲(まあいっか)

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:13:55.55 ID:/FX8Fzci0
純「おい。何がどんな感じなのか知らんが、早く牌を切れよな」

咲「やだよ。カン」

智紀「!!」

純「げっ、まさか……」

咲「ツモ。嶺上開花……2300オール」

優希「ちょ!」

純「はぁ……ったく、嫌んなっちまうぜ」

咲(おっ、鎖が外れた。リザベーションクリアだね!)


一「あれ、解放された……? これは何だろう。鍵?」

一(東一局の2飜キー……もしかしてこれがリザベーション達成の証なのかな)

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:16:51.64 ID:/FX8Fzci0
東一局一本場 親:宮永咲
咲:106900 智紀:97700 純:97700 優希:97700


咲(よーし、次はリザベーション5……ん?)

咲(リザベーション5だと10飜キーで倍満……4でも8飜だから倍満?)

咲(なんだ。5って地雷じゃん……)

咲(というわけで、リザベーション6!!)ガシャンガシャンガシャン


一「あうっ!?」ビビクン

一(こ、この感じ……6箇所? リザベーション6ってこと?)

一(ってことはつまり、成功したら三倍満か……恐ろしい……)

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:19:21.10 ID:/FX8Fzci0
透華(うう、のどっちと打つ予定でしたのにあぶれてしまいましたわ……)

透華(しかし宮永さん……あのような牌を伏せる動作なんて前からしておりましたかしら?)

透華(ふーむ。一なら何か知ってるかもしれませんわね)

透華「はじめ、宮永さんは…………あら?」キョロキョロ

透華(一が居ない……どこに行ったんですの?)


優希(むむむ、このドラは要らないけど咲ちゃんがリーチかけちゃったじぇ……)

優希(いや……咲ちゃんならドラ待ちなんてしなくてもいい手で和了れるはずだし……)トンッ

咲「あれ、そこ切っちゃうの? ロン。一発ドラと三色が付いて24300だね」ジャラッ

優希「ぎゃー! ド高目だったじょ!」

純「25000点スタートだったら本当に飛んでたな……」

咲(こんなことならリザベーション8にしておけば……いや、7でも数え役満か)


一(今度は東一局一本場のキー……うわあ、本当に12飜キーだよ。こわっ)

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:22:25.06 ID:/FX8Fzci0
透華「一、どこですの?」

透華(ん……こちらから人の気配がしますわね。ここは空き部屋のはずですけれど……)


透華「はじめ?」ガチャッ

一「えっ!? と、透華……?」

透華「良かった、探しましたわ。どうしてこんなところに居るんですの?」

一「そ、それは……ぐあっ!?」ビビクンッ

透華「はじめっ!?」

一(何だこれ……何をしたの咲ちゃん?)


咲「あはは、16200オール」ジャラッ

智紀「て……天和……」

優希「あ、ありえないじぇ!」

純「ちっ……人間と打ってる気がしないぜ……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:25:20.18 ID:/FX8Fzci0
東一局三本場 親:宮永咲
咲:179800 智紀:81500 純:81500 優希:57200


咲(鎖が解けたということはリザベーションクリア……)

咲(役満は13飜として認められるか実験してみたけど、成功みたいだね)

咲(よーしそれじゃ次は……あれ、待てよ?)

咲(東一局一本場のキーと二本場のキーってもしかして……東一局にはじめちゃんが2飜で和了るのは確定だから……)


一(ボクが起家にならなかったら一本場以降は意味なくなるけど、咲ちゃんってばそこまでちゃんと考えてるのかな……)

一(それ以前に26飜キーって何さ。さっきの感覚はリザベーション13だったのか……)

一(13飜ってひょっとして役満かな? そうなると26飜キーならダブル役満確定?)

透華「一? 大丈夫ですの?」

一「あ、うん。ちょっと立ちくらみがしただけだから……」

透華「そう……ですの。あまり無理はしないでくださいまし」

一「うん、心配かけてごめんね」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:27:59.57 ID:/FX8Fzci0
咲(つまりこれ以上は無意味の可能性が高いってことかぁ)

咲(うん、今回は優希ちゃんに花を持たせてあげよう。でもどうせ和了らないのならちょっと遊んでみようかな……)

咲(リザベーション100!)ガシャガシャガシャガシャガシャ…


一「ぐえぇぇっ!?」

透華「はじめっ!? はじめー!!」


咲(さ、さすがに無茶し過ぎたかな……ちょっとつらい……)ハァハァ

優希「あっ、それロンだじぇ。8900」ジャラッ

智紀(宮永さんが振り込んだ……)

純(珍しいこともあるもんだな。まあ一応東場だから……か?)

優希(何とか親を流せたじぇ。しかし咲ちゃん、何故か息を切らしてるけど大丈夫か?)

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:31:26.07 ID:/FX8Fzci0
一(な……何をしたんだ咲ちゃんは……)

透華「一、やっぱりあなた……」

一「だ、大丈夫だってば!」

透華「駄目ですわ。病院とは言わないまでも、せめて保健室で休んでなさいまし!」

一「うっ……分かったよ」

一「……っ!?」ビクンッ

透華「一?」

一「な、何でもないよ」

一(今の感じはリザベーション2かな?)

一(そういえばキーが来なかったって事はさっきのすごいのは和了れずに終わったのか……)

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:33:32.49 ID:/FX8Fzci0
東二局 親:沢村智紀
咲:170900 智紀:81500 純:81500 優希:66100


智紀(この点差……親を大事にしないと)トンッ

咲「ロン。2600」ジャラッ

智紀「……」

純(人和かよ……)

優希(もはや何でもありだじぇ……)


東三局――

咲「ツモ。1000・2000」

智紀(また宮永さんが和了った……)

純(くそ、こいつを止めることは出来ないのか?)

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:38:00.34 ID:/FX8Fzci0
東四局 親:片岡優希
咲:177500 智紀:77900 純:79500 優希:65100


咲(これではじめちゃんは2飜、4飜、6飜で確実に和了れる……)

咲(どこかで回ってくる親番の一本場は和了れないかもしれないけど、それでも調子付いてると思われる頃合いのはず)

咲(よーし、それじゃこの辺で一発やっちゃおうか……リザベーション26!)ガシャガシャガシャ…


一「ぎゅえっ!?」

透華「一!?」

一(あっ、駄目だ……横になって安心してたから耐えられないや……)

一「きゅぅ……」グッタリ

透華「はじめ!! はじめー!!」

一(透華ってばそればっかり…… 心配かけて……ごめん、ね……)

一「ZZZ……」

透華「寝てるだけ……ですの? ほっ。良かったですわ……」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:40:41.33 ID:/FX8Fzci0
咲「ロン」ジャラッ

純「げっ!」

智紀「大三元字一色……」

咲(よし、リザベーション達成!)

優希「ぷぷぷっ。ダブル役満に振り込むとかダサいじぇノッポー」

純「うっせー、二巡目でこんなの分かるか! それに点数的にはただの役満と同じ……で、いいんだよな?」

咲「うん、いいよそれで。32000だね」

咲(そうじゃないとすぐに飛んじゃってつまんないし)

咲(……ところで大四喜とか四暗刻単騎とかダブル役満扱いでいいのかな?)


一(ん……鍵……? ああ、軽く寝ちゃってたのか……)

一(52飜キー……あはは、咲ちゃんは相変わらず頭悪いなぁ……)

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:42:46.49 ID:/FX8Fzci0
南一局 親:宮永咲
咲:209500 智紀:77900 純:47500 優希:65100


純(くそっ。東場だけで50000点以上の失点かよ)

優希(こんな散々な状況で東場終了とかおかしいじぇ……)

智紀(せめて原点まで戻……せる気がしない……)

咲(はじめちゃんのクアドラプル役満楽しみだなー)

咲(じゃあ次は無難に……リザベーション4!)


一「……っ!」ビビクン

透華「はじめ……苦しそうですわ……」

一(苦しい……? 不思議とそうでもないかな。むしろ気持ちい……はっ!?)

一(いやいやいや……慣れないリザベで疲れてるんだな、ボク……)

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:46:25.46 ID:/FX8Fzci0
咲「ツモ。4000オール」

純(こいつ、マジで止められねえ!)

智紀(この力……満月の衣以上……?)

優希(東場でもいいようにやられてたのに、南場なんてもっと絶望的だじょ……)

咲(さーて、そろそろ飽きてきたし飛ばして終わろう。リザベももういいや)

咲(井上さんに役満直撃で終了……って、ちょっと待てよ?)

咲(もしかしたら次のはじめちゃんの対局に衣ちゃんが入る可能性もある……)

咲(ほとんど和了れない衣ちゃんが怒って本気を出したら、いくら点差があっても危険かもしれないぞ)

咲(拗ねて本気モードになったかわいい衣ちゃんのかわいい姿が見られるのは嬉しいけど、はじめちゃんが負けちゃうのは嫌だし)

咲(ここは飛ばさず、半荘終了までリザベーションしないと駄目か……)

咲(そうすればはじめちゃんは負けないし、本気モードになってなお和了れず凹むかわいい衣ちゃんの姿まで見られて一石二鳥だ!)

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:48:30.63 ID:/FX8Fzci0
南一局一本場――

純「ロン! 12300!」

智紀「!」

純(ふぅ、何とか和了れたぜ……)

智紀(これで私だけ焼き鳥……でもまだ親は残っている……)

純(ここからが勝負どころだな)

優希(わ、私だって負けないじょ!)

咲(後はリザベで適当に流すだけか。ちょろいもんだね)

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:50:38.36 ID:/FX8Fzci0
咲「ツモ。3000・6000」


咲「ツモ。4000・8000」


咲「ツモ。6000・12000!」


純(ば……馬鹿なのかこいつ……)

智紀(単独焼き鳥とかもはやどうでもよく感じるレベル……)

優希(咲ちゃん強すぎるじぇ……)


終局
咲:273500 智紀:45600 優希:42100 純:38800

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:53:57.76 ID:/FX8Fzci0
一「はぁ……はぁ……」

一(14飜、18飜、22飜キーって……どれだけリザベーションすれば気が済むのさ、咲ちゃん……)

透華「はじめ……辛そうですわね……」

一(いやまあ体は段々慣れてきて、その……逆に心地いいくらいだったんだけどさ……)

一(これが心地いいって何だか嫌だなぁ、あはは……)


一「透華……」

透華「……何ですの?」

一「ボク、戻らないと……」

透華「戻る……?」

一「うん。ボクは麻雀を打たなくちゃ」

透華「駄目ですわ! そんな体で……」

一「行かなくちゃいけないんだ……約束したから……」

透華「いけませんわ、ここは通しませんわよ!!」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:56:03.24 ID:/FX8Fzci0
一「うーん……仕方ないなぁ、じゃあ正直に話すね」

透華「えっ?」

一「さっきまでボクの様子がおかしかったのは咲ちゃんの能力の影響だったんだよ」

透華「なっ……!?」

一「ついさっき半荘終わったみたいだから、もう大丈夫」

透華「み・や・な・が・さん~……許しませんわ! 自分の麻雀のために私の一を犠牲にするなんて!」

一「い、いや、そういうことじゃなくってね……それに合意の上だし……」

透華「まぁ!! 一をそそのかしたんですのね! はじめもはじめですわ、あんなのに騙されるなんて……」

一(だ、駄目だこりゃ。取り付く島もないや……でも……)

一「隙だらけだよ透華!」スタスタ

透華「あっ、待ちなさいはじめっ!!」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:58:43.06 ID:/FX8Fzci0
一「……ふぅ」

咲「あっ、はじめちゃん……それと」

透華「はぁ……はぁ……」ギロリ

咲「りゅ、りゅーもんさん? そんなに血相を変えてどうしたの?」

透華「許しませんわ、宮永さん! 私の一をかどわかすなんて!」

咲「え、えー。突然どうしたの? そもそもはじめちゃんは私のものだけど……」

透華「よくもまあ抜け抜けとそのようなことが言えたものですわね!」

一「咲ちゃん……こんな場面でまで火に油注がないでよ……」

透華「よろしいですわ! ならばここは麻雀で勝負いたしましょう!」

咲「えっ、やめてよ……本気で麻雀したら、りゅーもんさんが私に敵うはずないじゃんか……」

透華「シャラップですわ!」

一「二人とも喧嘩はやめてってば……」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:01:53.11 ID:/FX8Fzci0
久「そうよ。うるさくって麻雀に集中できないわ」

咲「あっ、部長……そっちも終わったんですか?」

衣「終わったぞー♪」

まこ「はは、飛ばされてもーたわ……」

咲(10万点でも飛ばしちゃうのか。うーん、やはり衣ちゃんは侮れないな……)

咲「分かった。分かったよりゅーもんさん」

透華「私の相手をする気になりましたの?」

咲「私の代わりにはじめちゃんがりゅーもんさんの相手になるよ」

一「えっ!?」

透華「なっ……どういうことですの!?」

咲「りゅーもんさんが勝ったらはじめちゃんは諦めるよ。でもはじめちゃんが勝ったらはじめちゃんは私の物」

透華「お・か・し・いですわ! どうして一が勝ったらあなたの物になるんですの!?」

咲「いちいちうるさいなぁ」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:04:53.06 ID:/FX8Fzci0
咲「んーっと……だって、はじめちゃんも私の物になることを願ってるし」

一「そ、それは……」

咲「そうだよね? どうなのはじめちゃん?」

一「まぁ……うーん……」

透華「そのような強引なやり方は認めませんわ! 一に考える時間をきちんと与えてやってくださいまし!」

咲「仕方ないなぁ……じゃあ、はじめちゃんが勝ったらはじめちゃんの好きなようにする。これでどう?」

透華「よろしいですわ。どのみち私が勝つので関係ありませんけれどもね!」

咲「あっそう。ところで面子だけど、はじめちゃんとりゅーもんさん、あと二人は誰にしようか?」

透華「ふむ……原村和!」

和「は、はい?」

透華「卓に入りなさい」

和「はぁ……まあいいですが」

和(咲さんとここまで仲が良くなった国広さんとも打ってみたいですし)

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:06:55.42 ID:/FX8Fzci0
咲「じゃあもう一人は衣ちゃんね」

一「えっ!?」

透華「こ、衣ですの? ま……まあまったく問題はありませんけれども!」

衣「おー。衣も混ざっていいのか?」

一(衣が同卓だなんて……大丈夫かな……)

咲「心配しないではじめちゃん。衣ちゃんみたいな存在が居てこそリザベーションが輝くってものだよ」

一「そ、そうかな……」

咲(かわいい衣ちゃんがかわいい本気モードになって、なお和了れないかわいい姿もちゃんと見ておかないとね)

和「面子も決まった事ですし、早く始めましょう……」

透華「そうですわね」

久「じゃあ残りのメンバーでもう一卓囲みましょうか」

優希「賛成だじぇ!」

咲「私は観戦に回ろっと」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:10:30.97 ID:/FX8Fzci0
東:天江衣 南:国広一 西:原村和 北:龍門渕透華

東一局 親:天江衣
衣:100000 一:100000 和:100000 透華:100000


衣「わーい、衣の親だー」トンッ

一(これが2飜キーか……ごめんね衣)

一「ろ、ロン。2600」ジャラッ

衣「えっ」

透華「なっ!? 人和ですの!?」

衣(冷静に考えると薄ら気味の悪い気配を幽かに感じたような)

衣(出親で浮かれていたぞ。不覚……)

透華(私だったら地和期待でスルーでしたわね。もったいないですわ)

和(手変わりの望めないその手で和了り牌が出たのならば安くても和了を取るべきですね……)

一(ここで和了らないとキーの効果が無くなっちゃう気がしたし……相手が衣だもんなぁ)

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:12:22.29 ID:/FX8Fzci0
東二局 親:国広一
衣:97400 一:102600 和:100000 透華:100000


一(東二局……4飜キー、この局は親満か)スッ

一「ツモ! 4000オール」ジャラッ

衣・透華「!!」

透華(連荘ですの……? 調子のよろしいことですわね……)

衣(一は確かに惰弱な打ち手ではないが……とはいえ、斯様に易々和了られるとは如何に……)

衣(衣の力が不足だったか? 然らば少々本気を出さねば……)ゴォォ

一「!?」ゾクッ

一(あっ、これ絶対次和了れないや……)

咲(おお、衣ちゃんが本気になった! かわいい!)

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:15:36.63 ID:/FX8Fzci0
東二局一本場 親:国広一 ドラ:九
衣:93400 一:114600 和:96000 透華:96000


一(キー無しだし、衣の支配きついしどうしよう……)トンッ

和「……」トンッ


透華:一二三九九?@?A?B?H?T?U?V?\ ?F 


透華(来ましたわ! これをツモって逆転ですわよ!)

透華「リーチですわ!」トンッ ?\

衣(何っ!? テンパイを許すとは……)

和「ロン。8300」

透華「なっ……」

衣(テンパイだけでなく、和了られたか。一ばかりに感けて他が疎かになってしまったな)

衣(この場に居るのは皆俊秀な打ち手……伏寇在側ということか……)

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:21:33.06 ID:/FX8Fzci0
東三局 親:原村和
衣:93400 一:114600 和:104300 透華:87700


和(一向聴から手が進みませんね……)トンッ

透華(衣の支配力が凄まじいですわ……)トンッ

衣(此度は衣も本気……流石に和了れまい!)トンッ

一(すごい。すごいよリザベーションって……信じられない……)スッ

一(これだけのプレッシャーなのに……衣の支配下なのに……)

一(これ……和了ってる……)

一「ツモ。3000・6000」ジャラッ

衣・透華「!?」

衣(跳満!? 衣の支配を躱すだけでも至難のはずなのに……)

透華(一体はじめに何が起こってますの!?)

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:26:21.88 ID:/FX8Fzci0
東四局 親:龍門渕透華
衣:90400 一:126600 和:98300 透華:84700


一(あーこの局……)

咲(わくわく)ワクワク

一(咲ちゃんワクワクしてるし……配牌でもう展開が読めるって……)


一(配牌):東東東南南南西西西北北白白


衣(な、何だ!? 一の手牌から迸る奔流……狂瀾怒涛!)

透華(……? 衣が恐れていますの……?)

透華(まさか、気のせいですわよね。衣に限ってそんなこと……)トンッ

衣(駄目だ、止められないぞ。これでは呑まれてしまう……)トンッ

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:29:21.80 ID:/FX8Fzci0
一:東東東南南南西西西北北白白 ツモ白


一(本当に来たし……リザベーションってすごい、改めてそう思うよ……)

一「つ、ツモ。32000……」

和「!!」

衣「くっ……!」

透華「地和ですの!?」

純「いや、それどころじゃないな。字一色、小四喜、四暗刻……」

透華「って、純! 居ましたの?」

純「うっせーな、余ったんだから仕方ないだろ」

和(四倍役満……なかなかの偶然ですね……)

咲「きゃーはじめちゃんかっこいいー! 最高ー!」

和「嬉しそうですね咲さん……」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:31:41.87 ID:/FX8Fzci0
南一局 親:天江衣 ドラ二
衣:82400 一:158600 和:90300 透華:68700


透華(親かぶりでダントツの最下位ですわ……)

透華(断然トップの最下位というのもおかしな表現ですけれど……うっ!?)

一「うぐっ……!」

和「……?」

衣「……」ゴォォォ

衣(もう好い様にはさせない……縦えこれが一にとって唯一無二の順境だとしても、所詮は盛者必衰、生者必滅……)

衣(衣は如何なる神気や勢威をも壅塞してみせる!)

純「くぅっ……これは、なかなかやばそうだな……」

咲(わぁっ。衣ちゃんが本気中の本気だ! ぎゅってしたい!!)

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:35:04.55 ID:/FX8Fzci0
一(8飜キーがあるはずなのに一向聴地獄から全然抜け出せない……衣の支配がリザベーションを上回ってるの?)

一(でもそれも仕方ないか……今すぐここから逃げ出したいくらいの寒気がするよ……)トンッ

和(有効牌が入ってこないどころかほとんど鳴くことすらできませんね……)トンッ

透華(くっ、こんな時に私があの『冷たい』という状態になれれば……)

透華(い、いえ! あんなもの私ではありませんわ!!)トンッ

一(もうすぐ流局になるってのにまだテンパイすら……)スッ


一:七九?C?C?E?F?F?X?Y?Z南南南 ツモ南


一(おっ、これはもしかして……)

一「カン!」

透華「!! いけませんわ、はじめ!」

一「えっ?」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:38:36.11 ID:/FX8Fzci0
衣(ふふ……かかったな!)ニヤリ

一「あっ……」

一(しまった、カンしちゃったら海底が東家……衣に行っちゃうじゃないか!!)


一:七九?C?C?E?F?F?X?Y?Z ツモ六 □南南□  新ドラ:?D


一(待ちは広くなったけど依然として一向聴だし……次がラスヅモ、海底は衣……)

一(はぁ……衣の本気はリザベーションをも上回るのか……)トンッ 九

和(このまま流局でしょうか……)トンッ

透華(まずい、まずいですわ!)トンッ

衣「漸く衣にも廻って来たようだな……リーチ!」トンッ

純(ここで衣の連荘か……この衣相手じゃ7万点差もひっくり返されそうだな)

咲(衣ちゃんこんなにかわいいんだし、胸の辺りとかなでなでしても……いや頬ずりがいいなぁ……)

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:40:53.69 ID:/FX8Fzci0
一:六七?C?C?E?F?F?X?Y?Z ツモ赤五 □南南□


一(おお、赤ドラ引いてテンパイ……だけどもうリーチも出来ないし……)

一(ダブ南、赤1……運が良ければ三色も付くけど、8飜は無理だね。ごめん咲ちゃん……)トンッ ?F

和「……」トンッ

透華(ジ・エンドですわね……)トンッ

衣「クク……」スッ

衣「……!!」


衣:二二二?A?B?C赤?D?D?D?E?F?G?H ツモ赤?D


衣(なっ……一筒じゃない!?)

衣(どういうことだ……何故このような牌が!?)

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:43:22.41 ID:/FX8Fzci0
咲「あれ、どうしたの衣ちゃん? 衣ちゃんの事だから当然リーチ一発海底ツモだよね??」

咲「しかもこれだけの支配力だし、もしかしてイッツーとかドラ7とか付いた数え役満かな!?」

咲「いやぁ、かわい……怖いなー衣ちゃんは。ほら早くツモ宣言しちゃいなよ!!」

衣「くっ……」

一(な、何? 咲ちゃんのこのお得意の白々しいうざい感じ……)

一(それに衣もなんか困ってるみたいだし……あっ、待てよ!?)


一:赤五六七?C?C?E?F?X?Y?Z  □南南□  ドラ:二?D


一(ダブ南、赤1……もしここに赤五筒が来たら、三色ドラ2……河底も付いて8飜!!)

一(り、リザベーション達成じゃないか……ははっ……)

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:45:29.00 ID:/FX8Fzci0
和「どうしました……? 咲さんの言うとおり和了れるのなら和了ってください」

和「和了れないのならツモ切りを……」

衣「ううっ……」トンッ 赤?D

透華「なっ……」

透華(ま、まさか……衣が海底ツモを逃すなんて……!)

一(ここで和了ったら衣が可哀想過ぎるけど……)

一(でも、和了らなかったら衣の連荘……そうなったらこの点差でも勝てる気がしない……)

一(これはあくまでも透華との勝負だけど、今の衣はそんなの気にしないだろうし……)

一(ごめんね、衣)

一「ろ、ロン。16000」ジャラッ

衣「う……」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:48:43.68 ID:/FX8Fzci0
衣「ぐすっ……」

透華「衣!?」

咲(これは……かわいい衣ちゃんの必死な本気モードから一転かわいい泣き顔マニア憤死寸前!!)

一「こ、衣? 大丈夫?」

衣「うわあぁん……複雑怪奇なはじめなんて嫌いだ……」グズ

和「勝負は勝負ですよ、衣さん。他人にそんな風に当たるべきではありません」

衣「ののかも嫌いだもん……ぐすっ……」

和「う……」

咲「大丈夫だよ、衣ちゃん。次があるよ……なでなで」ナデナデ

衣「な、なでうな!」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:51:20.63 ID:/FX8Fzci0
衣「衣は今ほどの一局で全身全霊を使い尽くしてしまったよ……最早衣に勝機は絶無だ……」

咲「大丈夫だって。それでも希望を持って戦えばね……お胸もなでなで」ナデナデ

衣「そうは云っても……って、何処を撫でておる!!」

咲「えへへー」

和「咲さん……」

一(南二局、三局、四局のキーがあるから衣に勝ち目無いって分かってるはずなのに)

一(ほんと酷い人だよ、咲ちゃんは……)

透華(まさか、衣でさえ白旗を揚げると仰いますの?)

透華(ぐぬぬ……これだけの支配すら凌駕する一の力はいったいどこから……)

純「んー……」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:54:44.86 ID:/FX8Fzci0
純「……まさかこれ、リザベーションか?」

咲・一「えっ」

透華「リザベーション……というと確か、新道寺のダブルエースが使うあの……?」

透華「あっ、そういえば牌を伏せる動作が必要とか何とかと聞いたことがありますわ!」

純「ああ。清澄の大将がさっきの半荘で和了った局と飜数から考えても大体一致するし」

純「あれはプロでも破れる者は居ないらしいな」

咲「な、なーに言ってるの純にゃん。そんな馬鹿げた技、私ごときに使えるわけないって」

純「誰が純にゃんだ!」

透華「あっ、そういえばさっき一の様子がおかしかったのは宮永さんのせいだとか……」

一「ぎくっ」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 23:59:05.99 ID:/FX8Fzci0
咲「え、えっと……どうして私のせいではじめちゃんがおかしくなるのかな?」

透華「正直に話しなさい!」

一「う……こうなったら仕方ないよ咲ちゃん。確かに咲ちゃんとボクはリザベーションを使ってる」

透華「そ、そんな……そんなのフェアじゃありませんわ、ずっけーですわよ!」

咲「でもでも、リザベーションは二人の絆が大事で誰でも出来る技というわけじゃないし……」

透華「そんな適当なごまかしが通るとでも……って、それ本当ですの?」

純「まぁ……おそらくな。新道寺のコンビ以外で誰かが使ったという例は聞かないし、困難だということは間違い無いと思うが」

透華「そ、そんな……宮永さんと一はすでにそこまでの関係に……」

和「ふむ。そこまでとは具体的にどこまでですか、咲さん?」

咲「えーっと……恥ずかしくて言いづらいけど、はじめちゃんとは一夜を共にした事もある……」

一「いや!! ないない、ないからね!?」

和・透華「……」ジーッ

一「もう! 咲ちゃんのばか!!」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:02:04.98 ID:sd+Mo+7z0
衣「そのりざべとやらの影響で衣は和了れなかったのか?」

純「そうみたいだな。衣の支配も凄まじいが、二人がかりの能力には敵わないらしい」

衣「成程。番いの能力で衣を圧倒するとは愉快だ……いやはや、畏れ入った」

咲「さっきまで泣いてたのに愉快なの?」

衣「煩い! 絡繰を了知出来なかったから鬼胎を抱いていただけだ!」

咲「期待? よく分からないけどかわいいよ衣ちゃん!」ナデナデ

衣「だ、だから撫でるな!」

一(咲ちゃんこんなに衣好きだったっけ……)

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:03:53.44 ID:sd+Mo+7z0
透華「純! 宮永さんはこの先一体どれだけリザベーションしてるんですの?」

純「ん? 確か……南二局が跳満、三局が倍満、オーラスが三倍満だったか……」

透華「なっ……でたらめ過ぎますわ! そもそも倍満以上のリザベーションに意味がありますの!?」

咲「特に無いよ。でも見てみたかったからさ、はじめちゃんの14飜、18飜、22飜の和了り」

純「全部数え役満じゃねーか……オーバーキルにもほどがあるぞ……」

和「そんなオカルト……」

衣「衣はもう和了れないのか?」

咲「大丈夫だよ。南二局、はじめちゃんの親番の一本場はリザベの影響下に無いから」

衣「たかが一局では役満でも届かないぞ……」

純「がんばってリザベーションを打ち破るしかないな」

咲「そうだね。衣ちゃんが負けたら体中なでなでしてあげるから安心してよ」

衣「不安しか無い!」

一「うーん……」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:06:32.38 ID:sd+Mo+7z0
一「分かった、分かったよ」

透華「あら、どうしましたはじめ?」

一「もうキー頼りの麻雀はやめるよ」

咲「なっ」

衣「『キー』とはリザベーションに依る恩寵のことか?」

透華「つまり和了り放棄ってことですの!?」

一「違うよ。正確にはキーよりも高い飜数で和了ってみせる……」

咲「はじめちゃん……?」

一「咲ちゃんとの絆を否定するわけじゃない。むしろ逆……ボクはリザベーションを進化させる!」

衣「おお、一が耀いて見えるぞ……ならば衣も余力を全て注ぎ力戦奮闘しよう!」

和「オカルト話はそのくらいにしてそろそろ再開しましょう……」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:12:02.15 ID:sd+Mo+7z0
南二局 親:国広一 ドラ二
衣:65400 一:175600 和:90300 透華:68700


衣「リーチ」トンッ

一(衣のリーチか……怖いな)スッ


一:二四五五六六六六東東東白白 ツモ東


一(これは……)

一「カン!」


一:二四五五六六六六白白 ツモ白 □東東□ 新ドラ:?F


一「か……カン!」


一:二四五五白白白 ツモ三 □六六□ □東東□ 新ドラ:東


一(嶺上開花ツモ、ホンイツ三暗刻役牌2ドラ5……駄目だ、14飜ぴったり……)

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:14:58.15 ID:sd+Mo+7z0
一(それならリーチをかけて一発でツモればいい! もしくは裏ドラ1枚以上あれば……)

一「リーチ!」トンッ 二

衣「ロン」ジャラッ

一「うっ……」

衣「わーい、裏ドラが5つ乗って数え役満だー」

和「32000ですか……」

透華「さ、さすがですわね……」

咲「ああもう、はじめちゃんカンしすぎだよー 馬鹿じゃないの?」

一「咲ちゃんに言われたくないよ!」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:17:44.41 ID:sd+Mo+7z0
南三局――

一(よし、今度こそリーヅモで19飜以上を目指すぞ……)

一「リーチ!」トンッ

衣「っふ、通さないぞ。ロン、32000!」ジャラッ

一「す、四暗刻単騎……!?」

透華「その一点待ち……衣らしいですわね……」

咲「はじめちゃん……私じゃないのに19飜以上なんてやっぱり無茶だよ!」

純「けっ。さらっと自分なら出来ると言いたげな辺りが嫌になるぜ……」

衣「わーい♪ 逆転だー」

咲「良かったねー こどもちゃんなでなで」

衣「なでなで回避! それと衣は子どもじゃない!!!」

咲「ひどい……」

一「いや、むしろひどいのは咲ちゃんの方だからね?」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:21:18.59 ID:sd+Mo+7z0
南四局 親:龍門渕透華 ドラ:?A
衣:129400 一:111600 和:90300 透華:68700


和(オーラスですか……)

一(うーん、衣には敵わないなぁ。まあこれなら透華には余裕で勝てるだろうけど)

透華(ま、まずいですわ……このままでは一に勝つどころか最下位……)

衣(もし一がリザベーションの『キー』を用いたら此の状況でも衣は後れを取ってしまうのだろうか……)

一(たとえキーを使えば衣に勝てるとしても、ボクは使わない。まっすぐなボクで勝つ!)

咲(はじめちゃんの決心は揺らがないみたいだね……残念なような嬉しいような……)

咲(衣ちゃんの支配は強力だし、二局連続でキーを捨てたと同時に振り込んでる)

咲(勝ち目はほぼゼロだけどそれも仕方ないか……)

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:28:01.91 ID:sd+Mo+7z0
一「カン!」


一:?D赤?D?E?F ツモ?G □?A?A□ □?C?C□ □?H?H□ ドラ:?A白?F?A


一(ここが最後の大勝負……)

一「リーチ!」トンッ

咲(嶺上開花ツモ、チンイツ三暗刻三槓子ドラ10……せっかくの22飜を捨ててのリーチ……)

咲(そしてまたはじめちゃんは振り込んでしまう。でも今回は衣ちゃんじゃない……)

衣「ロン」

透華「させませんわ! 頭ハネですわよ、11600!」

一「えっ!?」

衣「何……だと……」

咲(この期に及んで、やってくれるじゃんかりゅーもんさん)


衣:129400 一:100000 和:90300 透華:80300

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:31:28.93 ID:sd+Mo+7z0
南四局一本場――

咲(すごい。冷たくなければただの雑魚のはずなのにすごいよ……)

和「……」トンッ

透華「ロンですわ! 一本場で6100!」ジャラッ

和「……はい」

透華(そう……私はまだ負けられませんのよ)

衣(ここに来てトーカの気魄が満ち満ちている?)

一(もうリザベは無い……)

一(リザベには頼らないと決めたのに、何だか心許ないよ……咲ちゃん……)


衣:129400 一:100000 和:84200 透華:86400

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:34:44.68 ID:sd+Mo+7z0
南四局二本場――

透華「宮永さん、あなたに一は渡しませんわよ!」

透華「ツモ! 3400オールですわ!」

咲「いや、正直期待以上だよりゅーもんさん。まあそもそも期待値は0以下だったわけだけどさ」

透華「あなたは……まったく、人をイラつかせる天才ですわね」

透華「そんなことより点数を見てみなさい!」

衣「おお……」


衣:126000 一:96600 和:80800 透華:96600


一「ど、同点!?」

咲「さっすがー。ここで和了り止めしてはじめちゃんに席順での勝利を譲るなんて」

純「ねーよ」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:37:07.86 ID:sd+Mo+7z0
南四局三本場 親:龍門渕透華
衣:126000 一:96600 和:80800 透華:96600


透華(あと一つ、あと一つですわよ!)

一(駄目だ。やっぱりボク、咲ちゃんと繋がっていないと……)

一(リザベーションを超えてみせるなんて大口叩けたのも、咲ちゃんとのリザベーションという絆があったからこそで……)

一(咲ちゃん…………咲ちゃん!!)

咲「……!?」

咲(な、何だろうこの感じ……)

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:41:00.52 ID:sd+Mo+7z0
一(そうだ。ボクは咲ちゃんと一緒に戦うんだ!)

咲(まさか、これって……)

一(……リザベーション2!)ガシャンガシャン

咲「!!」ビビクン

和「……? 咲さん、どうかしましたか?」

咲「い、いや……何でもないよ」

咲(リザベーション2……両手の鎖、か……)

透華(一……今、牌を伏せましたわ。まさか……)

透華(いえ、気のせいですわよね。今リザベーションを使っても何の意味もありませんし……)

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:43:13.84 ID:sd+Mo+7z0
一(ここで終わりにしてみせる……)

一「さあ、勝負だよ!」

透華「ふふ……望むところですわ!」

衣(気炎万丈……燃え盛っているぞ。一もトーカも、そして衣も!)


咲「うおお、行くよー!」

純「お前は戦わないだろ……」



一と咲の絆が衣と透華を打ち破ると信じて……
ご愛読ありがとうございました!!

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 00:57:41.35 ID:sd+Mo+7z0
咲「まさかあんな結果に終わるなんてねー」

一「はは、やっぱり衣には敵わないよ……」

咲「だから素直にキー使っておけば良かったのに」

一「ご、ごめん……」

咲「冗談だよ。おかげではじめちゃんもリザベーション使えるようになったみたいだしさ」

一「どうやらそうみたいだね。一方で透華はすごい怒ってたけど……」

咲「あんなの自業自得でしょ。結局衣ちゃんの一向聴地獄から抜け出せずノーテンで終わったんだもん」

一「ボクもだけどね……」

咲「席順の関係で勝ちだったからはじめちゃんはいいの」

一「透華にそれが通じるならいいんだけどさ……同点の場合の取り決めしてなかったからなぁ」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:00:11.36 ID:sd+Mo+7z0
咲「ところでさ、あのオーラスで何が一番面白かったか分かる?」

一「えっ? 何か面白い事あったっけ……」

咲「和ちゃんだよ」

一「原村さんが……?」

咲「あの点差でもなお一位を取ろうと思ってたみたいでね。でも衣ちゃん直撃でも三倍満が必要だったからさ」

一「あー」

咲「南四局に入ってから、あの和ちゃんが無理にでも大きい手を作ろうと必死で……マジ受けるよね……ぷぷっ」

一(うわぁ、この人やっぱり最低だ……)

一「でもそれってデジタル打ち的にどうなの? さすがにあの状況なら二位狙いでも良かったんじゃ……」

咲「うーん。和ちゃんもみんなに感化されたのかもしれないね」

一「あの原村さんが?」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:01:47.51 ID:sd+Mo+7z0
咲「まあ分かんないけどさ。あの場で二位になるためだけに和了ってたら結構なひんしゅく買ってたでしょ」

一「それはまあ……ボクと透華の勝負もかなりヒートアップしてたしね」

咲「でもそれでも衣ちゃんをまくって一位になるなら話は別だったよね。和ちゃんすごい!ってなる」

咲「いや私なら余裕だったことだし私は別に何とも思わないけどさ」

一「そ、そう」

咲「衣ちゃんも燃えてたんだろうなー。私ですら苦戦しかねないあの状況で全員一向聴に完封するとか……」

一「でも、それなのにテンパイ流局で終わったのは意外だったね」

咲「それだけはじめちゃんとりゅーもんさんの勢いも凄かったんだよ。あともしかしたら和ちゃんも」

一「うーん、そうだったのかな……」

咲「衣ちゃんはあれで満足そうだったし、きっとあれが全力だったんだと思うよ」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:03:03.16 ID:sd+Mo+7z0
咲「しかし衣ちゃんは……」

一「ん?」

咲「かわいいなぁ……」

一「う、うん。そうだね」

咲「ちょっと何日か貸してくれない? 何なら一晩だけでもいいからさ」

一「何をする気なのさ……」

咲「それはほら……一緒に、ね?」

一「何をする気なのさ!?」

咲「別に変なことをするつもりはないって。ただ、衣ちゃんの処女的なものは保障出来かねるけど……」

一「絶対変なことでしょそれ!!! そんなこと言われて貸せるわけないって!」

咲「ひどい……」

一「だからひどいのは咲ちゃんだってば!」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:07:06.66 ID:sd+Mo+7z0
咲「まあ、そんなこんなで準備が出来たね」

一「えっ。何の?」

咲「新道寺に乗り込むさ」

一「ああ……やっぱりリザベーションってそのための……」

咲「えへへ、気付いてた?」

一「まあね。わざわざ相手の得意技を使って相手を倒すなんて咲ちゃんが好きそうだし……」

一「それに咲ちゃんがリザベーションすれば無敵だもんなぁ」

咲「何言ってるの? 私はキーを使う側。リザベを使うのははじめちゃんだよ」

一「え……えええっ!? まさかボクにあの白水さんと戦えっていうの!?」

咲「うんうん。まぁ大丈夫だよ、変態度でいったらはじめちゃんの方が上だから」

一「何それ!? ボクは全然変態じゃ……っていうか白水さんも別に変態じゃないでしょ?」

咲「どうかなー あれは怪しいと思うけどなー」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:10:44.38 ID:sd+Mo+7z0
咲「マジレスすると策があるからはじめちゃんを先に据えるんだよ」

一「そ、そうなの?」

咲「うん。クリアしたリザベーションを潰す策がね」

一「えっ!? 衣やプロですら破れないリザベーションを!?」

咲「うんうん。成功するかどうか分からないものも含めて三通りくらいね」

一「三通りも……どういう策なのさ?」

咲「それは教えられないよ。はじめちゃんの心だけを的確に読む能力者が現れるかもしれないし」

一「ボク限定の能力なの!? ピンポイント過ぎるよ!」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:11:41.25 ID:sd+Mo+7z0
咲「それじゃ、次に会う時は新道寺を潰す時だよ!」

一「潰すって大げさな……ただ対局するだけでしょ?」

咲「……」

一「な、何でそこで黙るのさ……」

咲「あーいや、衣ちゃんのお胸を頬ずり出来なかったなーって思って」

一「一番の変態は咲ちゃんだよ!!」

咲「もうはじめちゃんの胸でいいや……」

一「え……ええっ!? いやいや駄目だって! ボクの胸『でいいや』って何気に酷いし……」

咲「えー」

一「えーって言われても……」

咲「ぐすん……」

一「ああもう……」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:13:52.15 ID:sd+Mo+7z0
一「わ、分かったよ。少しだけなら、ね?」

咲「わーい」スリスリ

一「まったく、咲ちゃんは甘えんぼさんなんだから……ほら、よしよし」ナデナデ

咲「えへへー……実はこれには意味があるんだよ、はじめちゃん」

一「えっ?」

咲「こうやって私のパワーがはじめちゃんにも行くようにさ」スリスリ

一「もう。何さそれ」ナデナデ

咲「ふふ……お礼はいいよ」

一「い、いや……するつもりないっていうか、そっちがするべきだよね……」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:24:29.51 ID:sd+Mo+7z0
一「はい、もうおしまい!」

咲「ぶー けちー」

一「何がケチなもんか……」

咲「まあいいか。これで2~3回くらいはたぶん……」

一「ん?」

咲「何でもないよ。それじゃまた新道寺で!」

一「現地集合なの!?」

咲「あっ、私はじめちゃん無しじゃたぶんたどり着けないや……」

一「まったくもう……それじゃ、新道寺に行く時は連絡してね」

咲「うんうん。全国大会終わって暇だし、出来るだけ早くするつもりだよ」


後日、咲と一が新道寺女子高校麻雀部で大暴れする事になるのだが、
それはまた別のお話である……

―完―

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:30:41.69 ID:4IXFyaLt0

また別のお話も期待して待ってる

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:32:58.31 ID:IcNle6VJ0

次期待

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13(土) 01:34:31.15 ID:GQ7Lb7WF0
おつおつ