2007年12月09日

Live at 新宿SACT! "Oxalis と 風絃流し"

Oxalisと風絃流し
さ、2007年ももうすぐ終わり。今年の目玉ライブがついにやってまいりました!

前評判が高かったおかげで僕は気が気じゃありませんでしたが(^_^;
終わってみれば大盛況でそんな心配をしていたことも忘れてました。
それくらい楽しかった♪

「風絃流し」とは2回目の対バン。5月以来。その間も何かしらで接点があったりお互いにライブを見に行ったりとユニットぐるみでのお付き合い- w。

19:30の開演時間にはすでにお客さんでいっぱい!ちょうど全員座れてゆっくりライブが楽しめる状態。
さ、始まります。

まず最初は風絃流し。相変わらずケーナの音は抜ける!その一音でやられてしまう。バイオリンがケーナに絡んでいき、パーカッション、ギター、ベースがそれを包み込んでいく。
彼らの演奏はライブハウスと言う空間を忘れさせてくれるようだ。どこか屋外の草原や森の中での音楽会のようだ。
音楽の楽しみ方を知っているユニット。

暖まった会場、次は僕らです。
まずはセットリスト

1.虹の橋
2.St. Annes Reel - Drowsy Maggie - wish
3.Erin Shore - 夜に咲く花
4.Sally Gardens - The Minstrel Boy - あの雲の向こう
5.パレード - 自転車
6.青い惑星
7.Flowing Bowl - Gift
8.クローバー

- Erin Shore( Irish Bouzouki Solo )
- Sally Gardens( Tin Whistle Solo )
- The Minstrel Boy( Low D Whistle Solo )

意外だったでしょ?(笑)。いつもラストにやっている「虹の橋」から始めてみました。
今回は「各メンバーのソロパートを!」と言うコンセプトもあり、ブズーキソロ、ティン・ホイッスルソロそして新楽器ロー・ホイッスルソロといろいろいつもと違った趣向を凝らしてみました〜。いかがだったでしょうか?毎回考えるのが大変なんですよ〜あはは(^_^;、楽しいですけど♪

そしてボーナストラック的な合同ステージ

1.コンドルは飛んでいく
2.Connaughtman's Rambles - Killavil - Kesh Jig

まさかこういうライブハウスで「コンドルは飛んでいく」をちゃんと聞けるとは思ってなかったでしょ?誰もが知っている有名曲。そしてそのままアイリッシュセッションへ。
気づきました?8人全員違う楽器w。こういうふうに楽器がかぶらないのもこの2ユニットならでは。楽しすぎw。

さらに拍手が続き、予定にしてなかったアンコール。
話し合った結果、お互いに一曲ずつ演奏することに。
僕らはFairy Landを演奏。ほんとに予定外だったため、僕としぎくんの配置が逆になりました。

終わってみれば3時間ちょいのライブでした〜。あっという間でしたが。
風絃流しとのライブはシリーズ化していきたいなぁ。

さ、2007年、残すところあとわずか。そしてライブはあと2回。
お待ちしてます♪




bloom_oxalis at 09:19コメント(4) 
ライブレポート 

コメント一覧

1. Posted by toshi   2007年12月09日 10:06
う〜、見たかった!!
ぜひ、シリーズ化してください。
2. Posted by Haco   2007年12月09日 21:46
>toshiさん
初めまして!
ありがとうございます!!シリーズ化はコンドルですか?
風絃さんとのコラボでしょうか?^^
コンドルはとても評判が良かったのでまたやりたいです☆もちろん風絃さんと♪
スペイン語も覚えましたしね!

またやりますのでぜひぜひライブお越し下さいませ^^
3. Posted by toshi   2007年12月10日 08:04
もちろん、両方!(笑)
お願いします♪
4. Posted by Haco   2007年12月13日 16:32
>toshiさん
了解致しました!!
メンバーに相談して実現させたいです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

bloom_oxalis

訪問者数