2008年01月27日

Live at 新宿SACT! "Oxalis と 伊藤麻子 -ライブゾメ-"

2008年、一発目のライブ!
…になるはずだったライブ(笑)。

結果的に2組とも「ライブ初め」ではなかった、という事実!?

いいんです、「ライブハウス初め」です。

今回は僕の友人でフルーティストの伊藤麻子さんをお誘いしてのOxalis恒例(?)2マンライブ。

麻子さんとは何気に6〜7年来の知人。なんとなくアーティストとしては接点がなく今に至ったわけですが、Oxalisの他アーティストとのコラボイベントという流れ、そして彼女のフルートソロのライブを聴きに行き「これだ!」と思いお誘いしたわけです。

青木「リハーサル、準番は後だからちょっと遅れてもいいよ」
伊藤「は〜い、じゃ17時くらいに」
(現地入り)
しぎ「そういえば麻子さんにうちらで一曲入ってもらいますよね?そのリハはいつやります???」

青木「あ?!忘れてた!」
(電話する)
伊藤「あ?!忘れてた!」

伊藤麻子バンドの人は道に迷って来れない、など、なかなかバタバタしたリハーサル。ま、問題はなかったのですけどね(^。^)

ライブは始まってみたら最初からみんな来てくれてほぼ椅子は埋まった感じ。ちょうどいい人数♪

そんなセットリスト。合同ステージもあり。

1.John Ryan's - 自転車
2.夜に咲く花
3.Salley Gardens - Minstrel Boy - あの雲の向こう
4.雨上がりの濡れた路で
5.君の粒
6.Flowing Bowl - Gift
7.Erin Shore - wish(バウロン+伊藤麻子's フルート)
8.虹の橋

合同ステージ
9.Runaway (The Corrs)
10.Jig session

アンコール
11.青い惑星

珍しくトラッドから入ってみました。
3では前回好評(?)だったティンホイッスルとローホイッスルのハモリで。なんの前触れもなしにだしたローホイッスルに初めてのお客さん「?」だったかな(笑)。
久し振りの4。
そして新曲5。ミディアムスローなちょっと懐かしい感じのする曲です。これからのスタンダードになりそうな予感です。

そして本日の見せ場、7曲目。僕がバウロンを担当する代わりにフィドルのフレーズをフルートで。さすが麻子さん、本番にしっかり仕上げてきました♪

合同ステージ、この二組の共通の好きなアーティストであるThe Corrs。初期の名曲Runawayをカバー。楽器構成がこの曲にぴったりで、フルートとフィドルのユニゾンからハモリ。思わずニヤリです。

そしてJigのセット。これをやった後は麻子さんは息切れ。アイリッシュのフルートは、適当に音を抜いて演奏しないと全力疾走でマラソンをやるような感じです。

そこにアンコール!と来たから大変だ(笑)。

お互いに一曲ずつやることにしましたが、とりあえず麻子さんは呼吸を整えるために先にOxalisから。
これもアンコール定番"ライブでしか"聞けない「青い惑星」。
CD化の声が多数上がってますが、絶対にしません(爆)。

ライブは終始盛況w。楽しい時間をみんなと過ごせました!

また3か月後、か半年後か、その先か。
ぜひ共演を♪

お疲れ様でした!

[Hidehito]

bloom_oxalis at 10:16コメント(2) 
ライブレポート 

コメント一覧

1. Posted by Asako   2008年01月29日 21:05
お疲れでした。
楽しかったですね♪素敵なイベントにお誘いいただきありがとうございました。
Oxalisのステージもお客さんとして楽しませていただきました。
また共演いたしましょうー。
2. Posted by あおちん   2008年02月04日 21:48
返事遅れてごめ〜ん!
楽しいイベントでした。やっぱ仲間どうして2マンライブってのが一番いいね。自由も聞くし、なによりライブを通しての統一感もあり、お客さんも最後まで楽しめてる様子。

またぜひ共演しましょう♪
アイリッシュ、練習しておいてくださいな(笑)。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile

bloom_oxalis

訪問者数