『 B L T 設 計 』

建築もBLTサンドのように相乗効果でおいしくなると信じています!

2017年も残すところあとわずか。
一年がたつのもあっという間ですね。

今年もたくさんの方々に支えて頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
新しい試みもいろいろ試行覚悟しながら進めてきました。
来年はそれを軌道に乗せられれば良いかな~なんて思っています。
そんなBLT設計を来年もどうぞ宜しくお願い致します。


建築に関すること何でもお気軽にご相談ください。
株式会社 BLT設計 前田 勉

画像は今年のやらせていただいた物件の抜粋です。
2017BLT写真2

おかげさまで忙しくしておりまして、久しぶりの更新です。
一年以上なかなかブログに手が回らない日々が続いております。
決して忘れていた訳ではありません・・・(^_^;)
そうはいっても、“BLT設計は最近何やっているんだ?”と久しぶりにお話しする方々に聞かれることもしばしば。
そこでブログを久しぶりに書いてみようと思ったわけです。
(本当に忘れていた訳ではありません(^_^;;;))
最近の物から過去の物から建築から遊びからチョイチョイUP!していこうと思います。

さっそくですが現在工事中の“nicoHAIR&NAIL”様移転新築工事について!
施主であるH様とは僕が事務所を独立したての頃、同じ時期にH様も独立されるというタイミングで現店舗のデザインをさせていただいた時からのお付き合いになります。
リピートしていただいてとても嬉しいですね・・・・・

画像は杭地業の様子です。
表層数メートルの地盤の地耐力が低く杭等の地盤の補強が必要でした。

画像を見てあれ?!っと思う方もいるかもしれません。
そうなんです!今回は木杭を採用しました。
DSCN7857










DSCN7859




















固い層までがすごい深いわけではないので、環境パイル工法、柱状改良杭工法、天然砕石パイル工法を提案し、H様と話し合いの結果環境パイル工法(木杭)に決めました。

ところで、“木杭って大丈夫なの?”と思う方もいらっしゃるかと思いますが、木杭は古来からある伝統工法で昔から住宅やビルなどに使われています。
環境パイル工法は、その古来からの工法に防腐防蟻処理をし耐力の数値化をした現代の技術を合わせた工法と言えます。
それに、間伐材を利用する事で環境にもやさしくECOな工法とも言えますね!

去年から求人活動をはじめて 先月正式にスタッフ採用となりました。

お問い合わせいただいた皆様、求人活動にご協力いただいた皆様
面接に来ていただいた皆様  ありがとうございました。

求人は一旦締めきりますが この業界に興味のある方就職を考えている方
又は
BLT設計が非常に気になる方のご相談は随時受け付けていこうと思います。

それから、法人化しまして名称が少し変わります。
BLT設計 →  株式会社 BLT設計

名称とスタッフが増えたこと以外何も変わりませんが
今後とも”株式会社 BLT設計”を宜しくお願いいたします。

 

↑このページのトップヘ