「此間(ここ)に媛女(をとめ)有り。是、神の御子と謂ふ。其の、神の御子と謂ふ所以(ゆゑ)は、三島の湟咋(みぞくひ)が女(むすめ)、名は勢夜陀多良比売(せやだたらひめ)、其の容姿(かたち)麗美(うるは)しきが故に、美輪の大物主神(おほものぬしのかみ)、見感(みめ)でて、其の美人(をとめ)の大便(くそま)らむと為(せ)し時に、丹塗矢(にぬりや)と化(な)りて、其の大便(くそま)らむと為(せ)し溝より流れ下りて、其の美人のほとを突きき。爾(しか)くして、其の美人、驚きて、立ち走りいすすきき。乃ち、其の矢を将(も)ち来て、床の辺(へ)に置くに、忽ち麗しき壮夫と成りき。乃ち其の美人を娶りて、生みし子の名は、富登多々良伊須々岐比売命(ほとたたらいすすきひめのみこと)と謂ふ。亦の名は、比売多々良伊須気余理比売と謂ふ。〈是は、其のほとと云ふ事を悪(にく)みて、後に改めし名ぞ。〉故、是(ここ)を以(もち)て神の御子と謂ふぞ。」とまをしき。(全集『古事記』)

〈全集訳・校注〉
 「この辺りに一人の乙女がいます、この方は、神の御子といわれています。その、神の御子といううわけは、三島の湟咋(みぞくひ)の娘、名は勢夜陀多良比売(せやだたらひめ)が、その容貌が美しかったために、三輪の大物主神は一目見て心を奪われ、その娘が大便をしようとした時に、赤く塗った矢に姿を変えて、その大便をしようとした溝を流れ下って、乙女の陰部を突きました。すると、その乙女は驚いて、走り回ってうろたえました。そして、その矢を持ってきて、床のそばに置いたところ、矢はたちまち立派な男の姿になりました。そのままその乙女を娶って、生んだ子の名は、富登多々良伊須々岐比売命(ほとたたらいすすきひめのみこと)といい、またの名は、比売多々良伊須気余理比売といいます。〈これは、そのホトということを嫌って、後に改めた名である。〉こういうわけで神の御子というのです。」
(勢夜陀多良比売)
 物語から作られた名。セ(夫)+ヤ(矢)+タタ(立た)+ラ(接尾辞)、の構成で、夫の矢が立っているの意。
(大物主神)
 三輪山の祭神。偉大な、モノ(精霊)の支配者の意。この神は、崇神天皇の条で祟り神として現れる。なお、大国主神の国作りに協力した神も、大物主神のはずであるが、その条では神名は記されていない。
(富登多々良伊須々岐比売命)
 女陰に矢が立って慌てたことから生れた女の意。
(比売多々良伊須気余理比売)
 「比売」は「富登」の言い換え。「伊須気余理」はイ(接頭辞)+スケ(助)+ヨリ(依)で、神霊が加護し寄り付く女の意。
〈大系校注〉
(勢夜陀多良比売)
 セヤは未詳。或いは地名か。ダタラは踏鞴(たたら)でフイゴに因んだ名。踏鞴は鍛冶に使う道具で、鍛冶は雷神=蛇神と信仰上密接な関係があった(伊須気余理比売の踏鞴も御母の名に因んだもの)。


 「大物主神は、大和の国土の精霊を支配する神であり、その娘と結婚することにより、神武天皇は、大和を平安に導く力を手にいれることができる」(全集『古事記』)。また、「大物主神」は大己貴神(おほあなむちのかみ=大国主命)の「幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)」<=和魂(にぎみたま)>であると、『日本書紀』では語らせている。

Oomiwa.jpg