神渟名川耳天皇(かむぬなかはみみのすめらみこと)は神日本磐余彦天皇(かむやまといはれびこのすめらみこと)の第三子なり。母は媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)と曰(まを)し、事代主命の大女(えむすめ)なり。天皇、風姿岐嶷(ふうしぎぎょく)、少(わか)くして雄抜之気有(ををしきいきさしま)します。壮(をとこざかり)に及(いた)りて容貌魁偉(ようぼうくわいゐ)、武芸人に過ぎて、志尚沈毅(ししょうしんき)にまします。四十八歳に至り、神日本磐余彦天皇崩(かむあが)ります。時に神渟名川耳尊、孝性純(もはら)に深く、悲慕已むこと無し。特(こと)に心(みこころ)を喪葬(みはぶり)の事(わざ)に留めたまへり。其の庶兄(ままえ)手研耳命(たぎしみみのみこと)、行年(とし)已に長(た)け、久しく朝機を歴(へ)たり。故(かれ)、亦事を委ねて親(みづか)らせしむ。然(しか)るを其の王(きみ)、立操厝懐(りっそうそかい)、本より仁義に乖(そむ)き、遂に以ちて諒闇(りやうあん)の際に、威福自由(いふくほしいまま)なり。禍心(くわしん)に苞蔵(つつ)みて、二弟(ふたりのおと)を害(そこな)はむことを図る。時に太歳己卯(たいさいきばう)にあり。

(…庶兄の手研耳命は年長であって、長らく朝政の経験があった。そこでまた政事を委任して親政を行わせた。しかしこの命〈みこと〉は、性質や心構えがもともと仁義の道に背いており、ついに天子の福喪の間にも権力と幸福をほしいままにした。邪心を内に包み隠して、二人の弟を殺害しようと企んだ。時に、太歳は己卯であった。)

 冬十一月に、神渟名川耳尊と兄(え)神八井耳命は陰(ひそか)に其の志を知らしめして、善く防きたまふ。山陵(みささぎ)の事(わざ)畢(をは)るに至り、乃ち弓部稚彦(ゆげのわかひこ)をして弓を造らしめ、倭鍛部天津真浦(やまとのかぬちあまのまうら)をして真麛鏃(まかごのやさき)を造らしめ、矢部(やはき)をして箭(や)を作(は)かしめたまふ。弓矢既に成るに及(いた)りて、神渟名川耳尊、以ちて手研耳命を射殺さむとと欲(おもほ)す。会(たまたま)、手研耳命片丘の大窨(おほむろ)の中に有り、独り大牀(おほとこ)に臥せり。時に、渟名川耳尊、以ちて神八井耳命に謂(かた)りて曰(のたま)はく、「今し、適(たまたま)其の時なり。夫れ、言(こと)は密(ひそか)なることを貴(たふと)び、事(わざ)は慎むべし。故(かれ)、我が陰謀(ひそかなるはかりごと)に、本より預れる者(ひと)無し。今日の事、唯に吾と爾(いまし)と自ら行はまくのみ。吾先づ窨(むろ)の戸を開かむ。爾其れ射よ」とのたまふ。因りて相随(あひしたが)ひて進入(すす)み、神渟名川耳尊其の戸を突開きたまふ。神八井耳命則ち手脚戦慄(をのの)き、矢を放つこと能はず。時に神渟名川耳尊、其の兄の持てる弓矢を掣取(ひきと)りて、手研耳命を射たまふ。一発(ひとさ)に胸に中(あ)て、再発(ふたさ)に背(そびら)に中(あ)て、遂に殺したまふ。是(ここ)に神八井耳命、懣然(もだ)えて自服(したが)ひぬ。神渟名川耳尊に譲りて曰(まを)さく、「吾は是(これ)乃(いまし)の兄(え)なれども、懦弱(をぢな)くして果(なり)を致すこと能はず。今し汝(いましみこと)特挺(すぐ)れて神武(たけ)くして、自ら元悪(あた)を誅(つみな)ふ。宜(うべ)なるかも、汝天位(たかみくら)に光臨(のぞ)みて皇祖(みおや)の業(つぎて)を承(う)けむこと。吾は汝(いましみこと)の輔(たすけ)と為りて、神祇(あまつかみくにつかみ)を奉典(つかさどりまつ)らむとまをす。是即ち多臣(おほのおみ)が始祖(はじめのおや)なり。

(…「私はあなたの兄ですが、臆病であって成果をあげることができないでしょう。今あなたはとくに衆にぬきんでて武勇にすぐれていて、自ら大悪人を誅伐された。これからは、あなたが天皇の位に即〈つ〉いて皇祖の業を受け継ぐのが至当です。私はあなたを助けて、天神地祇を奉斎いたしましょう」と申し上げました。これはつまり多臣の始祖である。

『古事記』に比べると、
①史書として当然ではあるが、神渟名川耳尊を讃える視点で書かれている。
②漢文調で中国史書の影響も多いと思われるが、手研耳命の悪行や武具の詳細等、より踏み込んだ描写がなされている。
③時は11月、場所は「片丘の大
窨(穴ぐら)」となっている。
④神八井耳命については、「忌人(いはひびと)」という言葉はないが
、「汝の輔(たすけ)と為りて、神祇(あまつかみくにつかみ)を奉典(つかさどりまつ)らむ」と述べている
⑤『古事記』の「意富臣(おほのおみ)」は、ここでは「多臣」と表記され、また他の氏族は示されていない。