2007年12月30日

『椿三十郎』

椿三十郎年の瀬もいよいよ押し迫った今日は、日中部屋の大掃除をした後、カレンダーやらダイアリーやら、なかなか買えずにいた「来年用のもの」をまとめ買いしに豊洲のハンズへ。
豊洲のららぽーとにあるハンズは冬でも夜9時までやっててくれるのが嬉しいね。

で、その流れで同じららぽーとにある『ユナイテッド・シネマ』で久しぶりに“ぶらりと映画”。

今回見たのは『椿三十郎』。
黒澤明作品の『椿三十郎』を、森田義光監督が主演・織田裕二、相手役に豊川悦司でリメイクした作品です。

名作のリメイクってことで、「どうかな〜」と思ってたんだけど、なかなか面白かったよ。
というか、よく考えてみたら痛快な娯楽作品としてもの凄く完成度の高いオリジナルの脚本に全く手を加えず使っているのだから、よほど演出で下手をしない限りつまらなくなるはずはないんだよね。

今回のリメイク版の演出のポイントは、完成度の高い脚本をそのままに細かい味付けをどう加えていくかってとこにあったと思うんだけど、その点は健闘したと言っていいんじゃないかな。
もともと椿三十郎のキャラクターは、三船敏郎に合わせて作られたと言われるほどだから、織田裕二にそれを超えることを求めるのは酷だと思う。実際織田裕二のセリフ回しはちょっと力みすぎじゃないかと思うしね。

それでもこの作品は清々しさと笑いをまとったエンターテインメント性溢れる仕上がりになってると思うし、実際楽しめた。

そう言えば、今回の作品の最後の最後にはオリジナルにはないシーンがあったけど、もしかしたら森田監督はこのシーンを撮りたいために、椿三十郎をリメイクをしたのかな?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_and_red12/50983514