2008年01月20日

届けたい

最近、感じていること。

昨日の大阪でのカラーセミナーで、
お客様が一言、ぽつんと。

「カラーはとっても興味があって
 習いたいんだけど、
 カラースクールは高くって」

確かに、
カラースクールは
決してお安い授業料ではありません。

カラーカードなどの材料費、準備の手間。
テキストは上質の紙で、当然カラー印刷です。

高くなる要素はそろっています。
#Beltaもそれは実費でいただきます。

ただ、多くのカラースクールは、
「色のプロを目指す人向け」なのです。

検定を受検して、色のプロになる人のための講座だから、
試験対策+かなり深いところまで。
だから、高くなってくる。

でも、
色を学びたい人は、
「色のプロ」になりたい人ばかりじゃないはず。

ご自分に似合う色を知りたい、センスアップをしたい、
仕事で作る文書をきれいにしたい、
そんな人の方が多いんじゃないかしら?

検定受検などではなく、
もっと実用的に色を学びたい人達のために
色を教えてくれるところが、少ないのです。

求めている人達のところへ届いていない、という状況。

これ、パソコンも同じなんです。

もっと仕事に直結したことを知りたいのに、
教えてくれるところに出会えない。

もっと時間を短縮できるソフトがあるのに、
それを探せない。

そういう状況を目にするたび、もやもやを感じます。
なんとかならんかな?

もし、欲しい人に欲しいものがちゃんと届けられたら?

何かしら世の中変わるんじゃない?
新しい絵が生まれたり、新しい技術が生まれたり?

大げさかな?とも思うけど、
あながち違っているとも思わない。


届けたい。

必要としている人たちへ、必要としているモノを。



カラーセミナーの様子はこちらをご覧くださいね。
すぐに使える!初めてのカラーコーディネイト講座 in 大阪



<人気ブログランキング>に参加しています。

1日1回、クリックを。
誰かが読んでくれている、その実感がとってもうれしいので。
「今日も読んだよ」と言ってくださるような気がして。

今日もここをクリックお願いします。ものすごーく、楽しみにしています。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/1076103