2010年01月06日

「本のわらしべ長者計画」を考えています

「わらしべ長者」のお話はご存じでしょうか?

貧乏な男性が観音様から
「最初に手にしたものを持って旅に出ろ」
というお告げをいただきます。

その通りに男性は、
最初に手を触れた「わらしべ(藁のくず)」を持って、
旅に出ます。

虻を見つけた男は
わらしべに虻を結びつけ旅を続けます。

すると男の子が虻を欲しがり、
母親がミカンと交換してくれます。

そのミカンは、のどが乾いた人の布に交換され、
布は馬に、馬は大きな屋敷へと交換され、
男性は大きなお屋敷で一生裕福に暮らします。



というのが「わらしべ長者」のストーリーです。

現代では「赤いクリップ」で
わらしべ長者になった男性がいらっしゃいますね。



その「わらしべ長者」

Beltaもやってみたいんです!

「本」で。

ご説明しますね。

Beltaが持っている1冊の「人間の土地」

これを「読みたいな」と思われた方、
そしてお手元に「Beltaに読んで欲しい」と
思う本をお持ちの方。

交換しましょ。

Beltaは手元に来た本(例えば「三国志」)を読み、
感想をブログにアップします。

そしたら「三国志」を読みたくて、
Beltaにお勧めをお持ちの方と、また交換です。

こうして1冊の「人間の土地」から、
どんな本に出会い、どんな変化をするのか、
を試してみたいのです。

Beltaから本を受けとった人は、
同じように交換されてもいいですし、
お手元に残しておいてもかまいません。

同じように交換されると、
1冊の本はたくさんの人を巡る旅を
することになりますね。


この「本のわらしべ長者計画」
いかが思われますか?
ご興味のある方、いらっしゃいますか?


ご意見、ご感想をお知らせくださると喜びます。



<Beltaから一言>

Beltaは本選びの基準として、
「誰が読んで、どう思ったか」を
大切にしています。

「あなた」が読んで、
お勧めしてくださる本を読みたいのです。

そして、Beltaも良い本をお勧めしたいのです。


「本のわらしべ長者計画」イメージ図↓
クリックすると拡大します。
warasibe



<人気ブログランキング>に参加しています。

1日1回、クリックを。
誰かが読んでくれている、その実感がとってもうれしいので。
「今日も読んだよ」と言ってくださるような気がして。

今日もここをクリックお願いします。ものすごーく、楽しみにしています。





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/1392171
この記事へのトラックバック
マインドマップについて検索したのをきっかけに、Office Beltaのメールマガジンを購読しています。 今日届いたメールマガジンに「本のわらしべ長者計画」というのが載っていました。 面白そうです。 Beltaさんが最初の一冊に選ばれた『人間の土地』も大好き...
「本のわらしべ長者計画」【ココチノ】at 2010年02月19日 20:46