2006年01月21日

記憶その8 伝える立場から

気が付いたら記憶についてもう1週間。

今日は、伝える(教える)立場で考えてみます。

「楽しい」「わくわく」「うれしい」、こういった感情は、
人は何度でも味わいたいと思います。
だから、記憶したい物事に「楽しい」を絡めると、
何度も想起され記憶は強化されます。

だから、伝える側としては、
「楽しい」「うれしい」という感情をセットにして物事を伝えると、記憶されやすい。
はずなんだけど、Beltaとしては微妙に違うかな、という気がしています。

え、ではこの1週間は何だったの?と言われそうですが、
伝える側の立場としては、
単純に「楽しい」「うれしい」だけを考えていればOK、
ではないと思うのです。

だって、何を「楽しい」って感じるかは、人それぞれ。
Beltaが楽しいって思うことが、他の人にも楽しいことだとは限りません。

では、どうするか?

えへ、今日はここまで。続きは明日。


人気ブログランキングに参加することにしました。
気に入ったらクリックしてくださいね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/381349