2006年02月24日

やり方を学ぶ

今日はいよいよ試験の日。
クラスのみんな以上にドキドキしているのは、講師達。
大丈夫。きっとうまくいく!

本当に人の能力、可能性って本当に面白い。
PCの電源を入れることさえ、こわいと感じていた人が、
今や検定試験の合格圏内にいる。(やった!)

試験が近づくと、目を見張るほどみんな伸びていく。

初めてBeltaクラスに会ったのは、
対策問題集に本格的に取り組もうとする時期だった。

ところが、


この問題集が問題。特に2級。
見た目、かなり複雑なのだ。
みんなスキルはあるのだけれど、
問題に応用することが難しい様子で、戸惑っていた。

それを整理するのがBeltaの役目。
持っているツールを、どこでどう使うか、どう組み合わせるか、
エッセンスを伝える。

みんなは、そのエッセンスを元に、
問題を解くことで、自分のレシピを作っていく。
そして繰り返す。
すると、今まで手が出なかった問題もサクサクできるようになる。
そう!やり方さえわかれば、事は簡単なのだ。

みんな爆発的に伸びていった。
全て独学で学んできたBeltaの、数ヶ月分のスキルを数日で身につけて、
その上に積み上げるのだから、変化が速い。

やり方を学ぶこと、そして繰り返すこと、
加えて支えるパートナーがいれば、人は化ける。


昨日の模擬試験の後、こんな感想を聞いた。
「1週間前は、こんなことができるなんて考えられなかった。
 この文書を作るのに、2時間くらいかかって、でも、できなかった。
 それが今では時間内になんとかできる。すごい。
 ここに来て良かった。」

Tante grazie !



人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくださいね。とっても励みとしています。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/400484