2006年01月30日

好きになる!その1

昨日の予告と違うけど、今日はこれが書きたくて。

友人のデザイナーボンダイヘイズさんが、
"学問の志が芽生えた☆"ことを受けて、苦手な分野を学ぶ時のヒントを一つ。


Beltaは今は、自称Excelエキスパート。
数学的なことは大好き。(おかげで常識力検定が取れた)
Beltaをバリバリの理系だと見ている人も多い様子。

でも、実は中学までは大の数学ギライ。
当時Beltaの数学の先生は、100キロを超えているだろう大きな先生。
木造校舎の階段をギシギシ言わせながら、教室へやってくる。
数学ギライのBeltaには、
その音があたかも自分の悲鳴のように聞こえたものだ。

できれば、透明になって
教室の中のBeltaが見えなくなりますようにと、祈っていた。

そんなBeltaでも、なんとか高校に進学した。
楽しい高校生活を夢見ていたが…
入学初日に知らされた時間割を見て声も出なかった。

数学が1週間に8時間もある。
どう計算しても毎日数学があり、
しかも、日によっては1日2コマも数学があるなんて!

これは、ものすごいショックだった。
とにかく数学のない日が無いのだから。
焦った。はっきり言って転学も考えた。
楽しい高校生活どころか、卒業できないかも?

しかし、転学を申し出る勇気はなく、
一人時間割を見つめていた。

その時、ひらめいた!

ごめんなさい。今から仕事に出かけます。
続きは明日。



人気ブログランキングに参加することにしました。
ここをクリックしてくださいね。励みになります。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/414281