2006年02月07日

夢の種

「得意技を使え」が気になりつつも、
ミナミを往く社労士、日比野大輔氏のブログに触発されて、
「嘘」の話。

誤解を恐れずに言うと、Beltaは次に生まれ変わるときは、
「嘘」をつくことを仕事にしたいと思っている。





もっと正確に言うと、「嘘」で人を幸せにしたい。

「嘘つきは泥棒の始まり」の「嘘」ではない。
ニュアンスは違うが、O・ヘンリーの「最後の一葉」、かな。


信じるものがなくなったとき、
世界中が嘘をついていると感じるとき、
誰かが言ってくれた小さな「嘘」が灯りとなる。

「嘘」は信じた途端、「夢」へと変身する。
嘘は夢の種。
嘘つきは、夢の種をまく人。

来世を待たず、嘘つきになりたいと思っているが、
正直者のBeltaは(ここで笑わないこと!)、まだまだ修行中。



もっとも、何が本当か?何が嘘か?そんなもの誰にもわからない。
受け取り方一つ。
嘘については、いつかまたじっくりと。


人気ブログランキングに参加することにしました。
ここをクリックしてくださいね。励みにしています。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/437941