2006年03月29日

失敗の技術 その1 大人は失敗がきらい

昨日のまっつんさんのコメントから。
>失敗や後悔を糧にして次に繋げることは大切ですよね。
>失敗?は成功の素とはよく言ったものですね。

今日は「失敗」のお話。
  NLPでは「失敗」という概念はないけれど、
  ここでは「予想と違う結果」という意味で使います。

はっきり言って「失敗の技術」こそが、
学ぶ技術の極意」と言って良い。

畑村洋太郎氏に「失敗学のすすめ」という著作があるが、
Beltaは多くの大人は「失敗の技術」を知らないと思っている。

そう! 「失敗」にも「技術(やり方)」がある。
人が何かを学ぶことを始める時、つまり子供時代に
まずは失敗の技術を知るべき、ではないかと。

そうすると大人になってからも、
「失敗」からたくさんのことを学びとり、
成長を続けることができる。

失敗の技術の詳細は後日に譲るとして、
多くの大人は「失敗」がきらいだ。

例えば、Excelで計算式を学ぶとする。
初心者の内は、当然、エラーが出る。

ここが、成長の分かれ道。

エラーが出たとき、
どこがおかしいのかじっくりと見る人、と
大急ぎで、式を消してエラーなど無かったことにする人、と。

大変言いにくいが、後者は伸びない。

とにかく、
結果をそろえてしまいたい。
間違うことが許せない。

そういう行動は学習とは言えないが、
Beltaの経験では、案外頻繁に目にする。
しかも、分かっていても行動を変えることが難しい。

これにはちゃんと理由がある。

長くなります。続きは明日。ごめんなさい。


人気ブログランキングに参加しています。
ランクが上がるとうれしいものですね。
おかげさまで最近はベストファイブを行ったり来たり。
今日もみなさまに感謝します。
ここをクリックお願いします。励みにしています。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/553377
この記事へのコメント
Beltaさんこんにちは。
今日のお話、良いところで終ってしまって残念でした〜。
私も失敗がきらいな大人の一人ですが、失敗から学べる大人になりたいです。
明日を楽しみにしています!
Posted by とん at 2006年03月29日 14:51
>とんさん
いつもコメントありがとうです。

>良いところで終ってしまって残念でした〜。
ごめんなさい〜。
ちょっと長くなってしまったもので。

続きは明日のお楽しみに。
Posted by Belta at 2006年03月29日 17:43
 僕のコメントからお話ができて うれしい気がします。ありがとうございます。
失敗やミスを考えて行動起こすか否かでは違いますね。
早期に結果を求められると苦労せずに特に進みたいけど、身につくという点からも違いますね。
明日のお話 楽しみにしてます。
Posted by まっつん at 2006年03月29日 23:06
>まっつんさん
いつもコメントありがとうございます。

失敗を成功の素につなげるのは自分次第なんですよね。
怖いのは、失敗をなかったことにすること、なんだろうなって思っています。

大人は失敗をなかったことにしてしまいがち、のような気がします。
Posted by Belta at 2006年03月30日 09:21