2006年04月05日

モチベーションについて その2 車輪のメンテナンス

昨日からモチベーションのお話です。

ちょっとおさらい。

 車輪になる「外の目的」
 エネルギーになる「利己的な目的」

 Beltaは、この「2つの目的」がモチベーションだと思っています。

 モチベーションという列車で旅に出たら、
 あとは、車輪を手入れしたり、エネルギーを増幅させたり、
 メンテナンスをしていくだけ。

今日は、Beltaの実体験から、メンテナンス方法について。

数年前、Beltaがパソコンの検定試験を受験したときのことです。
当時のBeltaは派遣社員。
初めての(最後の)派遣ライフは、戸惑うこと多し。
期待とは少し違っていた仕事、そして発言することもない朝礼。

もっと、仕事を楽しくするにはどうしたらいいんだろう?

そうだ!思いついたのが、パソコンの資格の取得です。
パソコンの資格を取れば、もっとパソコンの仕事が増えるでしょうし、
次の仕事にも活かせる!(既にSOHO志望でした。)
そう考えたのです。

これが、「外の目的」。車輪です。

次に考えたこと。
パソコンの資格を取ったら、何をしよう?
誰かに、話したいよね。誰に言おう?
えっと、そうだ!朝礼で発表しちゃえば?

今まで聞く一方だった朝礼で、発表したらどんな気分でしょう。
みんな喜んでくれるかな?拍手してくれるかな?くれるよね!
よし!朝礼で発表しちゃう!絶対!

そうです。これが「利己的目的」。動力です。

こうして、Beltaは車輪と動力を手に入れ、
モチベーションという列車に乗ったのでした。


途中、難しいことに出会ったり、挫折感を感じたり
くじけそうになったら、資格を取って
PC講師として働いている姿を想像します。

自分がそうなっている姿を、五感を使って鮮明に感じるのです。

こんな感じです。
ベージュピンクスーツを着て、片手に教材を持って、階段を上がっていく。
教室に入ると、PCの電源をいれて、ふと、窓の外を見ると
桜が咲いていて、「わぁ、もう春なんだな…」とつぶやく。


そうすると、自然と歩調や姿勢が変わり、顔が上を向いてきます。
これが、車輪のメンテナンスになります。

自分がなりたい姿を、より具体的にイメージすればするほど、
車輪は大きく丈夫になります。
そして、速度は加速度がつき、ますます速くなってきます。

しかも!このイメージ、なんと1年後には実現していました。
階段も、窓の外の景色も、今の仕事そのもの。
鮮やかなイメージは、実現するのです。


すみません。今日はこれから出かけます。
明日は、動力のメンテナンスについて。
これもBeltaの経験から。


人気ブログランキングに参加しています。
ランクが上がるとうれしいものですね。
おかげさまで最近は時々ベストファイブに入っています。
今日もみなさまに感謝します。
ここをクリックお願いします。励みにしています。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/572132