2006年04月16日

スーパーマンへの道

ただ今、Beltaは新しいことを学習中。
「またかい?」って?
そう、また。
だって、世界はおもしろいことに
充ち満ちているから。
好奇心は尽きません。

さて、こんなBeltaでも、

新しいことを学び始めるとき、
不安を感じることがあります。

「Beltaにわかるかな?」
「Beltaだけ、できなかったらどうしよう?」

学んだところまでは、ちゃんと理解しているのに、
いつか、わからないことに出会って、
学習が止まってしまうのではないか?と心配になります。

それから、
一緒に学習を始めたのに、ほかの人はどんどん先へ進み、
自分だけおいて行かれるのでは?と。
それはとってもストレスフル。
効果的とはいえません。

そんな時、Beltaはこう考えます。

「ほかの人にできるなら、Beltaにもできる。」

多少不遜に聞こえるかもしれませんが、
真実だと思っています。

スーパーマンにしかできないことは、皆無だと。

だけど、それに要する時間は別。

ほかの人が1時間でできることが、
Beltaには3時間かかるかもしれません。
それは当然のこと。

だから、学習の歩みを人と比べません。
歩幅が違うから。そして、この歩幅は変化するから。

ほかの人との距離を学習の成果ととらえず、
時々、振り返って、来た道の距離を見て
「よくここまで来たね。えらいえらい。」
「さ、また歩こう。もっと遠くへ行けるから。」って。
自分に、そうエールを送ってあげればいいんじゃないかな?
そしたら、また歩く元気がわいてきます。

それがBelta的スーパーマンへの道。


競争はある面、必要だと考えています。
ただ、成果をそれだけでとらえて、
不要に自分を責めること、それを避けたいのです。


人気ブログランキングに参加しています。
ランクが上がるとうれしいものですね。
おかげさまでずっと6位をキープ。
今日もみなさまに感謝します。
ここをクリックお願いします。励みにしています。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/593350