2006年04月18日

うしろの正面だぁれ?

実は、数日前から大阪にいます。
昨日は、『ミナミを往く』日比野大輔さんの事務所に
おじゃましました。

日比野さんは、労務と人事のプロフェッショナル。
Beltaにとっては、全く未知の世界に関わっている方、
だと思っていました。

ところが!


さにあらず。

説明してくださる労働に関する法律の制定の歴史や背景、
これがとっても、おもしろい!

日比野さんならでは、の口調と表現ですので、
ここでは詳細は省きますが、(再現できない)
法律の後ろには、ドラマあり、と発見。

やっぱり、人がいて、人が様々な想いや思惑を持って、
人が作ったものなんですね。法律も。

そう思って見ると、
外国語以上に外国語的に思える法律の条文が、
妙に親しく感じてくるから、不思議です。

思わず、そこにあった労働基準法の解釈辞典を
ぱらぱらめくったくらい。


一見、無機質で、冷たそうに見えるものにも、
その背景には人がいます。

パソコンも。
ハードもソフトも、人が作っています。

あれこれ触っていると、
時折、ふっと、人が垣間見えることがあります。

遠いと思っていたものが、身近になる瞬間、です。

他の学習でも同じじゃないかな?
難解に思えるものも、後ろには必ず人あり。

後ろにいる人の気持ちにちょっと想いを巡らすと、
見えてくるものがありそうです。



おまけ。
Beltaは表計算ソフトのExcelと仲良し。
授業で「Excelくんの気持ちになってみて」と
言っゃうのは、こういうことなんです。(本当?)



人気ブログランキングに参加しています。
ポイントが入ると、みなさんとつながっていることがより実感できて、うれしく思うのです。
おかげさまで今日は5位。
今日もみなさまに感謝します。
ここをクリックお願いします。励みにしています。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/597403