2006年05月07日

恋愛論

静かな休日。
こんなときは、
ブログテーマ以外の話題を楽しませて。

東京から帰るJRの中。
友人の松田さん(オフィスコンパス)と、
新神戸までの楽しい時間。

話題は多岐。
NLPやら、コーチングやら、ビジネスやら、
そして、、、、
男性と女性のすれ違い、について話が及ぶ。

松田さんが聞いた話によると、
諸先輩の女性達は、
「女性の愛は、男性よりずっと大きい。
 男性は、女性の愛の大きさが分からない。」
そう考えてるそうだ。

そうなのかな。
Beltaが知る限りでは、男性だって愛は大きい。
世界の中心で愛を叫んだり、するくらい。

だから、Beltaはこう考える。

女性と男性、愛の方向が違うと。

女性は「時」。水平方向に愛は広がる。
極端に言えば、1年365日、24時間、想い続けている。

男性は「深」。垂直方向に愛は深まる。
極端に言えば、時間の、とある1点で、深く、想う。
それ以外の時は、恋人を忘れていられる。


水平方向の愛と垂直方向の愛。
交わるのは、ほんの小さな点。
すれ違うのも無理はない。

そう、女性と男性、
ベクトルの向きが違うだけ。。。
だけど、大きさは同じ。どっちも大きい。


なーんて話をしていたら、
松田さん曰く
「今までの謎が解けた!
 目からうろこが30枚、落ちた〜!」って。
ほんと?


人気ブログランキングに参加しています。
連休中も読んでくださってありがとうございます。
みなさまに支えられていることを強く感じます。
今日もみなさまに感謝、です。
ここをクリックお願いします。励みにしています。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/630867
この記事へのコメント
こんにちは!今日の恋愛論の話。納得です。もう一つ 付け加えると 女性は一つの恋が終わると スパッと切り替えることができるけど、男はいつまでも どこかでひきづっている(想っている)気がしますね。女々しいですよね。
Posted by まっつん at 2006年05月07日 21:00
>まっつんさん

コメントありがとうございます。
>今日の恋愛論の話。納得です。
よかった。女性側からの一方的な感覚かな?と
心配していましたから。
男性の同意をいただいて、安心しました。

>女性は一つの恋が終わると 
>スパッと切り替えることができるけど、
>男はいつまでも どこかでひきづっている
>(想っている)気がしますね。

女性は、「時」ですから。
時間と同じで、前に進むんです。
後ろには、あまり戻れない。
男々しい(笑)

男性は、深く、くさびのように心に入っていますから、
痛むんです。

と言うものの、
女性だって、ちゃんと想っていますよ。
幸せになって欲しかった人のこと。


Posted by Belta at 2006年05月08日 10:20