2006年06月23日

不完全主義

案外、
  ストレスに弱い。
そして、
  へこみやすい。
加えて、
  気が小さい。

以上、Beltaです。

本当のBeltaは、
しょっちゅうドキドキしている心配性。

意外?それとも納得?
Beltaは納得(笑)。

意外と思った人へ、ちょっとお知らせ。
実は、ちょこっと秘訣あり。

それは、すこーしだけ(たくさんかも?)
自分を甘やかすこと。

何かコトがある場合、
その前後に、楽しいことを配置する、
信頼している誰かに会う、
などなど、あれこれと。

不安の風が吹き抜ける隙間が埋まり、
また一歩踏み出せる気がするから。


Beltaは、一人で何もかも受け止められるほど、強くない。
残念ながら、隙間だらけ。
でも、それを知っているだけで良いんじゃないかな、って。
弱いBeltaでOKだと。

「弱さ」を知っているから、「弱さ」を埋められる。

一人で埋められない隙間は、
形にあったものを探して塞げばいいんだもん。

大人なんだから、ちゃんとしなくちゃと風にふるえるより、
隙間を見つけて、楽しく塞ぐ。


人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、実感できてうれしいのです。
ここをクリックお願いします。とっても、楽しみにしています。
感謝。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/700229
この記事へのコメント
その隙間が良いんですよね。
それが、あるから人が助けてくれたり、
人の魅力になったり、あまりに隙間の量が多すぎて、逆効果になってしまって、人に怒られてばかりの日比野でした。

Beltaさんの場合は、間違いなくそこが魅力の一つですよね。
だから、すばらしい人たちが、Beltaさんの周りに集まってくるんですね。
Posted by 『ミナミを往く』日比野大輔 at 2006年06月23日 10:25
コメントありがとうございます。

Beltaの「隙間」を、そんな風に見てくださってたんですね。
ありがとうございます。

日比野さんの隙間は、形がユニーク。
とっても魅力的だと思っています。
Posted by Belta at 2006年06月24日 23:59