2006年06月29日

今を…

学生時代の恩師が
既に鬼籍の人だと知りました。
やはり別の恩師の著作で。

読みながら、
気持ちは一気に学生時代に戻っていきます。

決してほめられた学生ではなかったBelta。
#というより、完璧に問題児。

先生方は、心底、心配されていました。
当時のBeltaには、よくわからなかったけれど。


時は流れ、
あの問題児は、あちこちぶつかりながらも、
今も生きています。

何を間違ったか、
人に何かを伝える仕事をしています。

びっくりなさるでしょうか、
喜んでくださるでしょうか、
それとも、、、

不安や疑問だらけで、
エネルギーを持て余していたあのころ。

同じ時をやり直すことは、できないけれど、
今をBeltaは生きています。



北恭昭先生のご冥福を、
心からお祈りいたします。



人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、実感できてうれしいのです。
ここをクリックお願いします。とっても、楽しみにしています。
感謝。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/707571