2006年07月29日

握手が好き

Beltaは握手が好き。

会ったとき、別れたとき、
さりげなく握手できたら、
映画のようでちょっと素敵。

恥ずかしがり屋のBeltaは、
ためらうことが多くって。

そこで、
去年から
「握手キャンペーン」と銘打って、
いろんな人と握手をすることに。

セミナー後、久し振りに会ったとき、うれしかったとき。
「キャンペーン中」だと言えば、ちょっぴり勇気もわきそうだから。


握手の起源は、「敵意がないこと」を表すことだと聞きました。
手に武器を持っていないことを、見せるためだと。

そうなのかもしれません。
でも、Beltaはちょっと違う考えを持っています。

敵意がないことを証明するより、
もっと積極的な意味があるのでは、と。

「手当」という言葉あるように、
手には、不思議な力があると思うから。

だから、
手と手を合わせて、互いの目を見る、
それだけで、何か通じ合える気がして。
言葉では伝えられない想いが伝わるような。

そのことに気づいた人が、
握手を広めたんじゃないかしら、
なんて、勝手に想像するのは、楽しい時間。


日本では、まだまだ握手は特別な感じ。
もっと自然に、さりげなく、握手できるとうれしいな。



などと話していたら、
友人が別れ際、
「忘れもの」といって、手を差し出してくれました。

Thanks!君。


<Beltaから一言>
とは言いつつ、実はお辞儀も好き。
想いを込めて頭を垂れる、これも良い感じ。
「礼」ですね。




人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、教えてください。
ここをクリックお願いします。とっても、楽しみにしています。
感謝


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/737527