2006年08月05日

前向きシンキングへの脱出法

ちょっと告白。

「いつも前向きだよね」と
言われることが多いBeltaですが、
正直に言うと、
「いつも」では、ありません。

ネガティブな時、多いのです。

最近では、写真の件
実物とあまりにも違う写真を誉められると、
本物のBeltaを否定された気がして。
ちょっぴり悲しくなりました。

だから、写真、封印しちゃおうかな、って。
かなりなネガティブシンキング…。

そんなとき、
こんな質問をBelta自身にしてみます。


「人から見たらイライラするようなBeltaのこと、
 Beltaは好きかい?」

「もし、そんな人が側にいたら、Beltaはうれしいかい?」

そんなBelta、ちっとも好きじゃないし、
側にいてもらっても、ちっともうれしくない!
ですよね?

ならば!
こんな考え、あっさり捨てて、
もっとBeltaがBelta自身を好きになること、考えましょ。

そうして、出てきたのが、
「本物のBeltaを、写真に近づけちゃえばOK」という発想。
Beltaを映した写真だもの、できるはず。うん、頑張る!

気分は、すっきり、前向きに。

日々、こんなことの繰り返し。
それでいいんじゃないのかな、って思っています。

いつも前向きでいられたら、それは素晴らしいことだけど、
時には、心が風邪を引くこともある。

そんなとき、自分に聞いてみる。
「今のBeltaが好きかい?」
「そんな人が側にいたら、うれしいかい?」


人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、教えてください。
ここをクリックお願いします。とっても、楽しみにしています。
感謝

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/749110