2006年08月10日

もっと伸びやかに

NLPの宿題ほぼ終了!

 学ぶことの意味
 人が学ぶプロセス

というテーマを、自由な表現方法で。
だったら、Beltaらしく、と
ほとんど絵で仕上げた。
#文章で書けなかっただけ。

「絵」と言っても、
ほとんどマンガのようなイラストだけど。

それでも、
久し振りにまとまった時間絵を描いたせいか、
今、無性に絵が描きたい。

Beltaは、人は誰でも絵を描くことが好き、
だと思っている。(思い込んでる)

だから、
絵は描きたいけれど、下手だから描きたくない。」
という友人の言葉には、胸が痛む。

絵や音楽って、
人生を豊かに彩るものなのに、
それがコンプレックスになるなんて。。。


以前にも書いたけど、
 絵を観るとか、描くとか、
 音楽を聴くとか、奏でるとか、
 歩くとか、立つとか、
 話すとか、聞くとか、
 「きれい」を感じる感性、とか。
そういったものは、人間の基本だとBeltaは考えている。

学校で「主要教科」と呼ばれるものを学ぶより前に、
必要なものだと。


全員が優秀な絵描きになれ、と言う意味でなく、
まずは、「構え」や「拒否反応」がなくなるだけでも、
いいんじゃないかな。

それだけでも、
人生から受け取るものが違ってくると思うから。


もっと自然に、もっと伸びやかに。

アルタミラやラスコーの壁画を描いた人達のように。



<Beltaから一言>
学校教育の中で、
「芸術科目」の地位はあまり高くない。
おかしいと思う。



人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、教えてください。
ここをクリックお願いします。とっても、楽しみにしています。
感謝


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/754259
この記事へのコメント
絵を描くことを教える事もありますが、一番大事なのは自信を持たせることですね。
もう、褒めまくります♪そして先生より上手に描いて帰っていただいてます(笑)

絵を描くのが苦手と言う人は、実は評価されるのが嫌な人じゃないでしょうか?
自分に自信がない上に、評価基準を自分で設定して自分に×をつけてしまいがち。
ものや形がみんなと同じ通りに描けないと×。
芸術は個性を発揮する場、それがわかればいいのだけれどね。

Posted by tomory at 2006年08月10日 13:07
>tomoryさん
コメントありがとうございます。

絵も教えていらっしゃるんですね。素敵!

>絵を描くのが苦手と言う人は、
>実は評価されるのが嫌な人じゃないでしょうか?
そうだと思います。
評価は、ある面、必要なものだと思いますが、
モデルに似ているとか、実物通り描けているとか、
そういったものが評価になるのはどうかなって、
思います。

どれだけ無茶苦茶ができたか、
なんて評価があると面白そう。
Posted by Belta at 2006年08月10日 22:30