2006年08月20日

素人のように

ひさーしぶりにパソコンのお話。

表計算ソフトExcelに「REPT関数」という関数がある。
これは、文字や記号を指定した回数だけ繰り返して、
セルに表示するという関数だ。

平たく言えば、REPT関数を使うと、
とても簡単に棒グラフができる。

もっと言うと、ガントチャートとよばれる
工程管理などに使われる帯状のグラフまで作れる。

昨日、友人が、
あるサイトでこの使い方が紹介され、
大人気だと教えてくれた。

もし、Beltaも知っているのなら、
ブログやHPで紹介した方が良いというアドバイスも。


驚いた。

そんな簡単なことが、話題になるなんて。

Beltaはもう、何年も前に自分で考え、
当たり前に使っている。
#因みに他の機能を合わせることで、色を変えることも可能。

だから、自称ExcelエキスパートのBeltaとしては、
今さらご大層に紹介する方が、
素人っぽい気がして、気が進まない。

そんなBeltaに友人は、
「Beltaには当たり前でも、
 他の人は、知らないことなんだよ。」と。

確かにそうだと思う。

ExcelVBAというプログラミング言語を広めた
大村あつしという人がいる。
この人は、どの本でも徹底して基礎を書いた。

ご本人にとっては、
当たり前過ぎて空気のようなことを、
何度も繰り返して説いた。

結果、今やExcelVBAの第一人者と呼ばれ、
多くの人がその著書を使い、恩恵を受けている。


スキルを積んで専門家になった途端、
現場が見えなくなる。

いつの間にか、
視点を自分に置いているBeltaになっていた。
反省。


この本もおススメ。
<素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術



人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、教えてください。
ここをクリックお願いします。とっても、楽しみにしています。
感謝

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/764631