2006年09月08日

試験対策 Beltaにできること

CS検定対策講座を受け持って、
もう何年になるのかな?

残念ながら、不合格率は0%ではありません。

なぜ、「合格率」と言わずに
「不合格率」と言っていると思いますか?

答えは、
Beltaには、合格させることはできないけれど、
不合格は防げる、と考えているから。


しばらく前のあるクラスでのこと。

自学で伸びるタイプの方がいらっしゃいました。
スキルもあり、テキストをお一人でさらうことが、
好きなご様子です。
その分、アドバイスされることは少し苦手な感じです。

だから、大切なことは伝えるけれど、
できるだけご本人の気持ちを尊重することに。

いただく質問に対しても「わかった」と言われたら、
もう少し伝えたいことがあっても、
その場はおさめ、後は見守りながら提供していきました。
多少の危うさを感じながら。

ところが、出題されたのです。
「後で、タイミングを見て」と思っていた箇所が。

 結果は…

Beltaがもっと強気だったら?
本当は嫌な思いをしたくなかったから「尊重」してた?

多少の危うさを感じていたのなら、もう一歩踏み込めば良かったのです。
勇気がなかっただけ。
ごめんなさい。防げた結果です。



受験するみなさんは、本当に一所懸命、学ばれます。
元々持っている力を自分で使って、合格します。

でも、時には、小石につまづいて、
前に進みにくい時があるのです。
一所懸命なだけに、小石が見えにくくて。

その小石を発見するのがBeltaの役目、だと思うのです。


合格を請け負うことはできないけれど、
不合格を防ぐことはできるのです。

観察力と小さな勇気がありさえすれば。



人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、教えてください。
ここをクリックお願いします。とっても、楽しみにしています。
感謝。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/782373