2006年09月13日

16時のシンデレラ

「先生、明日で終わりですか?」


うん。
クラスは、9月末まで続くのですが、
Beltaの担当は、今日まで、です。

盛夏を迎える頃から、肌寒さを感じる秋まで。
みなさんと過ごした時間です。

あれだけリアルに迫った試験も、今は夢のよう。
クラスの雰囲気もすっかり和やか。眠いくらいに(笑)。



「先生、寂しい。もっと(授業に)来てよ〜。」

ありがとう。
そうできたら、楽しいでしょうね。

でも、今日の16時、魔法が切れるので。
Beltaは「先生」から「Belta」に戻ります。
16時のシンデレラ。

魔法が終わり、これからは、あなたの友人Belta、です。

ドレスも、ガラスの靴も、馬車もない、
魔法が解けたBeltaは、もうBeltaに見えないかもしれないけれど。

でもね、その分、あなたの近くにいられるのです。

「先生」という魔法は、Beltaを大きく見せるけど、
あなたとの距離も作ります。


あなたの隣で、あなたをいつも応援したいから。
魔法はこれで終わります。

16時。

新しい時間の始まりです。



<Beltaから>
「先生」と呼ばれるようになって久しいのですが、
未だに抵抗を感じます。

でも、その感覚って、大切だと思っています。

いつまでも「Belta」でいたいから。


人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、教えてください。
ここをクリックお願いします。心から、楽しみにしています。
感謝。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/787281